挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
紳士は異世界でメイドハーレムの夢をみる 作者:むらのとみのり

第一章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

41/281

牛乳

 ちょっとした冒険旅行を終えて、いつもの日常が戻ってきた。

 今日はエレンと紅を伴って、薬の出前にでている。
 街はすっかり秋めいて、俺も家を出る時に、アンに一枚余計に服を着せられた。
 あんまり過保護なのもいかがなものかと思うんだけど、どうなんですかね。

「旦那は手がかかるからねえ」

 とエレンはいうが、そんなことはないだろうと思うんだけどな。
 こっちに来てからは自信がないけど。

 自信がないといえば、俺はまたちょっとだけ剣の鍛錬に力を入れている。
 せめて、みんなの足を引っ張らないぐらいになりたいからな。
 なかなか続かないんだけどね。
 もちろん、素振りだけはずっと欠かしていないが、その先がどうにも。

 そもそも、セスには型をひとつしか教わっていない。
 素振り以外でやることといえば、その型と、道場での打ち合いぐらいのものだ。
 こんなので強くなれるんだろうか。

「今のご主人様が技を学べば、かえって弱くなるでしょう。今はただ、精進してください」

 とセスが言うので、素直に従うことにする。
 素人の思いつきほど有害なものはないからな。
 そう、頭ではわかっていてもやはり不安にはなる。

 フルンはいつの間にか、剣さばきが随分と巧みになっていた。
 小さな体でくるくると踊るように大剣を振り回す姿は、カンフー映画のようだ。
 同じ師匠について練習しているとは思えん。

 あれを真似しようと思っても、俺には無理なわけで。
 できることをやるしか、ないんだよなあ。



 黄色く色づいた街路樹はところかまわず落ち葉をまき散らし、踏み潰された銀杏っぽい実がなんとも言えない匂いを漂わせている。
 その景色にみとれていると、勢い良く走ってきた荷車に弾き飛ばされそうになる。
 活気があるというか、せわしないというか。
 俺がのんびりし過ぎなだけか。

 それにしても、今日はやけに人が多いな。

「祭りが近いからね。来週にかけて、もっと賑やかになるよ」

 へえ、祭りか。
 秋だと収穫祭とかかな?

「麦の収穫はとっくに終わったよ。そろそろ秋麦を蒔くんじゃないかな? お米はまだだけど」

 一応、お米もあるんだよな。
 前に一度炊いてみたが、風味がきつくて口に合わなかった。
 そういえばカレーになら合うかもしれないな。
 今度ペイルーンを連れて、スパイスを探してみないと。

「旦那は女とごはんの事しか考えてないんじゃないかと思う時があるよ」

 あながち、間違ってないかもしれん。

 それにしても、祭かあ。
 で、何の祭だったっけ?

「感謝祭だよ。女神ネアルが地上に降りて初めて乳をしぼった日を祝うんだ」

 乳って牛の?

「まさか、女神様のにきまってるじゃん。女神自らがその乳をしぼりて地に垂らすと、たちまち100万のホロアが生まれた……ってね。旦那も前に聖書読んでなかった?」

 読んだけど、そんなフレーズは記憶に無いな。
 そうか、女神様は母乳が出るのか。

「ホロアも女神にならって出るはずだけどねえ。僕達みたいに小さいとダメだけど、デュースとかは出てもおかしくないんだけど……」

 毎日しゃぶってるけど出ないぞ?
 すでに枯れてるとか……あ、今のナシ。

「聞かなかったことにしておくよ」

 はい。

「ま、個人差があるのかな。オルエンとかのほうが張りがあって出そうだよね」

 そうかもしれん。
 よし、帰ったら早速ためそう。



 それにしてもちょっと暑い。
 やっぱり服が一枚多かったんじゃないだろうか。
 喉が渇いてきたぞ。
 こういう時は自販機が恋しいぜ。
 どれ、屋台でお茶かエールでも。

「おっ、珍しいな、ミルク売りだよ。旦那も飲んでみる?」

 珍しいって、うちで飲んでるのと違うのか?

「あれは牧場の牛でしょ。こっちは牛娘のしぼりたてだよ」

 牛娘?
 みると、屋台のお立ち台で、大きな乳を4つもさらけだした、むっちりした可愛い娘が、せっせと目の前のオケに手で母乳を絞り出していた。

「なんだありゃ」

 思わず声に出る。

「見ての通りのミルク売りだよ。ちょっとまっててよ」

 とエレンは小走りに駆け寄り、小さなジョッキに2つ買ってくる。
 ちょっと生ぬるいが味は濃厚で、ほんのり甘い。

「いけるね、どうだい、旦那」

 ああ、うまいな。
 というか、いいのかあれは。

「旦那も好きだねえ」

 そうかもしれない。

「他所の国じゃ、たまに牛娘を飼ってる家もあるみたいだけど、この辺じゃ見ないね。牛娘も獣族だからね」

 あれが飼えるのか。
 いいなあ。
 おっぱいが4つもあったら、2倍お得じゃん。

「旦那はわかりやすねえ。そういうところは好きだよ」

 照れるな。

「褒めたわけじゃないけどね」

 違うのかよ。

「祭だと牛娘が売りに出るかもしれないね」

 そうかあ、ちょっと欲しいな。
 あくまでちょっとだけ。



 その後、出前の間中、4つのおっぱいが頭から離れなかったわけだが、帰宅後、それとなくアンに聞いてみると、

「牛娘ですか。あれはモゥズ族といいますが古代種の一種で、私達ホロアと同様に一人の主人に仕えます。良い乳を出すためには子供の頃からしっかり可愛がって育てなければなりませんが、大丈夫ですか?」

 ペットでも飼うみたいな感じだな。
 なにか特別大変だったりするのだろうか。

「いえ、普段私達にしていただいているように、可愛がっていただければ、それで十分だとは思いますが……」

 だったら、いけるんじゃないかなあ。
 冒険はともかく、そっちの方はわりとイケてるんじゃないかと思うんだよ、俺。

「そういえばモゥズはグッグやプリモァよりも相性の影響が大きいとか聞きました。相性を見て、売る相手を決めるそうです」

 ホロアと一緒か。
 そういえばフルンたちは相性とかは関係無かったのかな?

「それはもちろんありますよ。フルンも最初からなついていたでしょう。アフリエールは一目惚れ状態でしたし」

 そうだった気もする。

「なんにせよ、ご主人様がお望みでしたら、構わないとおもいます。そこまで高くもないはずですし。ですが……」

 ですが?

「祭りの時には、奴隷市も立つので、まずは奴隷を一人育てることで、紳士としての心構えを磨いていただきたいと思うのですが」

 心構えってなんだろう。

「ご主人様は大変思いやりのある優しいお方ですが、優しいだけでは、ただのヒモです。それでは我々もそのお心に甘えてしまうばかり。名を挙げていただくためにも、しっかりと紳士としての心構えを身につけていただきたいのです」

 ただのヒモって、身もふたもないな。
 いやまあ、そんな気はしてたんだけど、あえて考えないようにしてたのに。

 そもそも、紳士ってどんなのが理想なんだ?
 こっちに来てから、自分以外の紳士に一度もお目にかかったことがないのでわからん。
 貴族とは違うのか?

「紳士とは神の末裔ともいわれる、偉大な種族です。その高貴さ、威厳はおよそ人の並びうるところではありません」

 え、そんなになの?
 だったら、アンが気負いすぎてるようにみえるのも、仕方がないのか。

「ですから、ご主人様にもそれにふさわしい威厳を身につけていただきたい。そのためには、奴隷を育てるのが一番と、昔から決まっているのです」

 決まってるのか、そりゃしょうがないな。

 奴隷かあ。
 奴隷調教育成物かあ。
 威厳とは程遠い気がするんだけど、気のせいかな?

「では、牛娘と奴隷の両方が買えるぐらいには、お金を用意しておきます。楽しみにしててくださいね」

 はい。

 しかし、偉大だの高貴だのと言われても、俺はただのおっさんだからなあ。
 アンの期待には応えてやりたいが……。

 そうだ、大事なことを忘れるところだった。
 デュース、オルエン、こっちに来なさい。

 二人をさがすが見あたらない。

「二人共、今、買い物に出てもらってますけど?」

 うぐぐ、そうか。

「御用でしたら、私どもが……」

 いや、あの二人にちょっとね。

「そうですか。ところでご主人様」

 なんだ?

「お顔がだらけていますよ。せめて明るいうちぐらいは、もう少し引き締めていただかないと」

 はい、すんません。

「で、どんな御用だったのですか?」

 いや、その、とくにこれと言ってべつに……。

「そうですか。私はそろそろ、夕飯の支度にかかりますので、店番の方をおねがいしますね」

 はい、了解です。

「夕飯はミルクのシチューにしましょうか。しぼりたてじゃありませんけど」

 はい、大変結構で……ってバレてるじゃん!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ