挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
紳士は異世界でメイドハーレムの夢をみる 作者:むらのとみのり

第四章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

203/281

登場人物一覧

第四章完結時点での主な登場人物一覧です。

■主人公
黒澤久隆くろさわひさたか:異世界に飛ばされた紳士。あだ名のクリュウ、偽名のサワクロで呼ばれることが多い。

■妻
フューエル:妻

■従者
アン:メイド族の巫女、メイド長
ペイルーン:メイド族の錬金術士、考古学者
セス:メイド族の侍、気陰流剣士
デュース:ネイキッドホロアの魔導師、雷炎の魔女
エレン:スクミズ族の盗賊、赤猫
フルン:グッグ族の犬耳剣士
アフリエール:プリモァ族のハーフ、土木ギルドの長の孫
オルエン:メイド族の騎士、元赤竜騎士団
紅:自動人形、女神エムネアルの生まれ変わり
エク・ナアスス:姫奴隷
リプル:モゥズ族の牛娘
レーン:メイド族の僧侶、アンの妹分、冒険組のリーダー役
ウクレ:遊牧民の奴隷少女
エンテル:プリモァ族の学者、考古学教授
プール:魔王の娘
モアノア:ミモア族の料理人
メイフル:スクミズ族の商人
撫子:馬人
コルス:メイド族の忍者、気陰流剣士
レルル:ブルマ族の騎士、元赤竜騎士団
カプル:メイド族の大工、匣を作る
オーレ:魔界育ちのホロア
クロ:四足のガーディアン
メルビエ:オムル族の巨人
燕:自動人形、女神エクネアルの生まれ変わり
エーメス:メイド族の騎士、元白象騎士団
ハーエル:メイド族の僧侶
シャミ:メイド族の大工、錬金術士
エット:ポロ族の猿娘
イミア:チェスチャンピオン、陸運商人の孫、サウの従姉
サウ:新進気鋭のデザイナー、陸運商人の孫、イミアの従妹
パンテー:モゥズ族の牛娘、ピューパーの育ての母
ピューパー:モゥズ族の牛娘、パンテーの義理の娘
ミラー:家政婦向けロボット。0号から255号までいる
クメトス:元白象騎士団二号隊隊長。ホロアとして生まれ変わる
ネール:船幽霊のネイキッドホロア
クント:未成熟のホロア、炎のような姿をしている
クロックロン:クロの同系ガーディアン
テナ:レッデ族のベテラン女中

■シルクロード商店街
エブンツ:果物屋
エイーラ:エプンツの妹、新婚
モーラ:仕立屋、未亡人
オングラー:神霊術師、初老の元冒険者、お札屋
エヌ:僧侶メイド、オングラーの従者
ルチア:喫茶店の店主
ハブオブ:サンドウィッチ屋の店主
ネトック:本屋、異世界人

■騎士
メリエシウム:白象騎士団団長
エンディミュウム:赤竜騎士団長
ローン:赤竜騎士団参謀
ポーン:赤竜騎士団副長
バダム:赤竜騎士団の指南役
モアーナ:レルルの同期の騎士、赤竜第八小隊
ハウオウル:レルルの同期の騎士、赤竜11小隊隊長、赤マスク
ギロッツォ:赤竜11小隊副隊長

■友人・知人
シルビー:貴族の娘、気陰流剣士、フルンの友人
エンシューム:キッツ家の姫君
コンツ:エンシュームの部下
パエ・タエ:エンシュームの部下
エマヌイール:フューエルの親戚
ボルボル:人形マニアの貴族、エンディミュウムの親戚
アンチム:人形マニアの貴族、フューエルの親戚
カリスミュウル:王族にして紳士
アンブラール:ビキニアーマーの剣士、カリスミュールの従者
エームシャーラ:アームターム国の姫、フューエルのライバル
オルビエ:巨人、メルビエの姉
トルボン:巨人、メルビエの父、腕が長い、ロングマン
ヘルメ:春のさえずり団リーダー、ボーカル、モッタ族
サーシア:春のさえずり団ベース、アカ族
オーイット:春のさえずり団ブラス、ルドラ族
ペルンジャ:春のさえずり団リズム、ルジャ族
エッシャルバン:演出家
シャロアン:エッシャルバンの従者
タモル:猟師、網元
アースル:タモルの末娘
ホム:漁師
アム:ホムの娘、赤子
ヘンボス:アルサのアウル神殿貫主
ヘンズ曹長:警吏
サリュウロ:冒険者ギルドの課長
スィーダ:クメトスの弟子
レオルド:エツレヤアンの土木ギルドの長
レオルドの妻:レオルドの妻
ボーア:イミアの祖父
シロプス:エームシャーラのお目付け役、騎士、レッデ族
シャオラ:べレース工房の人形師、プリモァ族、パペッティ
リックル:シャオラの助手を務める人形
ハンプス:双子の満月亭の給仕
リリエラ:小麦の仲買人
エメオ:パン屋の従業員
チュリエッテ:ウェリオッタ・パン工房の娘

判子はんこ:隣に住んでいた少女
謎の声:夢の中で語りかける声
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ