挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

掌編小説集9 (401話~最新話)

脱獄

作者:蹴沢缶九郎
高く分厚い灰色のコンクリート塀が刑務所を取り囲んでいる。
長く服役している囚人からすれば、何の変化もない見慣れた灰色のコンクリート塀など味気もない。また、刑務所にやってきたばかりの囚人でも、三日と見れば直ぐに飽きるだろう。

ある日、昼の休憩時間にコンクリート塀の上部から、囚人服やカーテンを結び合わせた簡単な布をつたい、一人の囚人が降りてきた。その囚人に、中庭にいた囚人が尋ねた。

「せっかく脱獄に成功したものを、何故また戻ってきたんだ?」

降りてきた囚人は頭を掻きながら答えた。

「俺も塀に登るまではわからなかったのだが、ここは無数の刑務所が密集しているらしく、俺は隣の刑務所の塀を越えてきたんだ」

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ