挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

あたしとひぐっちゃん

作者:ちゅん
あたしのおじさん、ひぐっちゃんはあやしい。もうじゅうぶん大人なのに、髪は麦わらみたいな色で長く、夏でも長いコートを着て、夜でもサングラスをしている。仕事なんて全然してないのに、自分のこと探偵だっていってえばる。あたしの死んだおとうさんのおにいさんで、おかあさんのことが好きみたい。でも、おかあさんには多摩川さんって恋人がいる。授業参観のあった日、担任の氷室先生が大変なことになった。別れて住む娘のゆきちゃんを連れてどこかへ消えちゃったんだ。偶然その場にいたあたしとひぐっちゃんは、氷室先生の元奥さんに頼まれて、二人を探しに乗り出した。
■雨の日のこと
2018/01/14 14:40
■家出少女
2018/01/14 14:42
〇うどんのち公園
2018/01/14 15:15
〇嵐の授業参観
2018/01/14 15:20
〇イタリアンレストランで
2018/01/14 15:22
■不満足な依頼人
2018/01/14 15:25
〇かまぼことカレーうどん
2018/01/14 15:28
〇調査開始
2018/01/14 15:29
■海辺の語らい
2018/01/14 15:33
■報酬の支払い
2018/01/14 15:36
〇病院のひぐっちゃん
2018/01/14 15:37
■診察室にて
2018/01/14 15:39
〇指輪のち回転ずし
2018/01/14 15:41
■駅で見た幻
2018/01/14 15:43
〇きらきらの夜
2018/01/14 15:44
〇ひぐっちゃんは弱っている。
2018/01/14 15:47
〇お見舞い
2018/01/14 15:48
■おとうさんの約束
2018/01/14 15:49
■すてきな入院生活
2018/01/14 15:50
〇暗い夕やけ
2018/01/14 15:52
■つまようじの杖
2018/01/14 15:54
〇さあ、出かけよう。
2018/01/14 15:55
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ