挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
力の行方 ルーフェイア・シリーズ08 作者:こっこ

Chapter:01 依頼

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/65

Episode:09

「あ、そしたらとりあえず、ここまで来ていただいたら……どうでしょう? シーモアたちに知らせるついでに、探してきます」
 あたしがこう言うと先輩、少し困ったような表情になった。となりのタシュア先輩を気にしているみたいだ。

 けど銀髪の先輩は、黙ったままだった。シルファ先輩がどうするか、面白がっているらしい。
 しばらくして、やっとシルファ先輩が言った。

「そうしたら……頼んでもいいか? 細かいことは全部、私から説明するから」
「はい!」
 いつも面倒をみてもらってばかりだから、先輩の役に立てるなんてすごく嬉しい。

 このまま寮でロア先輩探して、そのあとみんなを集めればすぐだろう。それからもう一度詳細を詰めれば、けっこう早いうちに出発になりそうだ。
 そんなことを考えながら、あたしはみんなを探しに出た。

 ロア先輩はすぐに見つかった。今朝言っていたとおり、部屋で魔視鏡の改造をしていたのだ。
「あ、ルーフェ、ちょうどいいとこに。ちょっとそっちの石、取ってもらえる?」
「これですか? いったい何に……?」
「うん、ちょっと交信速度、上げられないかなってね」

 下がらないといいけど……。

 魔視鏡は、魔法の呪文の要領で行動パターンを幾つも書き込んだ石を、何種類も組み合わせて動かす。とうぜん石と書き込まれた手順が多ければ多いほど、出来ることは多くなる。
 ただいろいろと石によって特徴があるし、手順も組み合わせを間違えると逆効果だ。だから、上げるつもりが下がった、なんてことも多かった。
 そんなことを思いながら見ている間に、ロア先輩、手際よく組み上げてフタを閉める。

「さ、これで上手く行けば、やりやすくなるはず」
「そうですね。――って、いけない」
 うっかり大事なことを、忘れるところだった。

「ロア先輩、エレニア先輩……どこにいるか、知りませんか?」
「エレニア? 今日は診療所の手伝いって言ってたけど……どうかしたの?」
 不思議そうなロア先輩に、簡単に事情を説明する。

「なるほどね。でもルーフェなら大丈夫だよ。
 じゃぁこっちも一段落したし、一緒に捜しに行ってあげようか?」
「あ、はい、助かります」
 ほんと、ロア先輩は頼りになる。
 2人で急いで部屋を出た。

「準備とか大丈夫? いろいろあるって、エレニアがよく言ってるけど」
「いちおう……慣れてますから」
 太刀一つで戦場、なんていうことまであった。それに比べれば、準備をできるだけマシだ。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ