挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
力の行方 ルーフェイア・シリーズ08 作者:こっこ

Chapter:06 反撃

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

59/65

Episode:59

「彼らが全員無事に戻るまでは、僕はここにいますから」
 あ? 全員ってなんだいそれ?
 どうも調子狂うね。
 だけど今は、のんびりしてられる状況じゃない。エレニア先輩が、殿下に促す。

「殿下……お心遣いはありがたいのですが、ここはファレル卿の仰る通り、先にお戻りください。その方が安全です」
「だが……」

 まだ渋るとか、いったいどうなってんだか。
 だいいちこっちが「戻れ」って説得するなんて、奇妙としか言いようがないじゃないか。

「殿下、私たちは全員、訓練を受けています。それもかなり高度なのを。ですから、ご心配なさらずに」
「………」
 やっぱルーフェイア、殿下になんだか言ったらしい。で、殿下の方もお気に入りの美少女に言われたから、考え改めたんだろう。

――単純。
 けどここまで変わるとか、いったいなんて言ったんだろね? まぁあとで落ちついたら聞いてみるかな。
 ともかくこんなとこに長居してたら、ロクなことにはならないはずだ。スラムにいた時もそうだったけど、ヤバいとこからはさっさとズラかるに限る。

「ともかく行きましょう。長居は禁物です」
 エレニア先輩も同じことを言って、暗がりの中、建物から急いで離れる。
 中じゃ、何か騒動が始まったっぽかった。なんか聞こえた銃声は、ミルだろう。
 ただ、次は予想外だった。あたしらが見てる前で、建物が崩れ出す。

「ちょっと待ちなよっ!」
 思わずそう突っ込んだけど、それで崩れるのが止まるワケがない。ただ、2人ばっかし、人影が飛び出してきたのはわかった。
 舞い上がる土煙を透かして、誰だか必死に見極める。

「ナティエス、ミルっ!!」
 いつも一緒にいるんだ、すぐにわかる。
 ざっと辺りを確かめたけど、敵はいなそうだったから、そっちへと走った。

「大丈夫かい?!」
「うん。ルーフェイアの魔法でね、なんでもなかった……あれ? よく考えたらシーモアも殿下も、なんでまだここにいるの?」

 いや、こっちもさっさと帰る予定だったんだけどね。
 んであたしが説明しようとしたんだけどさ、殿下の方が早かった。

「お前たちを残して逃げるのは、卑怯だと思っただけだ」
「殿下……熱、ありません?」
 ナティエス、ナイスなリアクション。殿下の額に手をあてて、熱計ってるよ。

「あなたたち、それどころじゃないでしょう……」
「え? あっ!!」
 どうも殿下の妙なペースに巻き込まれて、大事なことを忘れてた。

――シルファ先輩と、ルーフェイア。
 無事だとは思うけどさ……。
 だからあたしは、聞いてなかった。殿下とミルの会話を。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ