挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
力の行方 ルーフェイア・シリーズ08 作者:こっこ

Chapter:06 反撃

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

53/65

Episode:53

「たいしたもんだな」
「え? 普通、かと……」
 警護のためにいるのだから、いつでも戦えるようにしておかなかったら、意味がないんじゃないだろうか?
 やっぱりこういう由緒ある人は、平和で感覚がずれてるらしい。

「そうだ。殿下、これをどうぞ」
 予備に、くらいの気持ちで持ちこんでいた格闘用のグローブを、殿下に渡す。どうせあたしは小太刀があるから、格闘技は蹴り技主体で、拳は殆ど使わない。
 そして気が付いた。
 脱いだドレスを丁寧にたたむ。

「殿下、すみません。せっかく……用意して、いただいたのに」
 自分のならこの辺へ置いていくところだけれど、借り物じゃそうはいかない。
「構わん。文句ならあとで、この連中に言うことにする」
 言うひま、あるだろうか?

「すみません。あの、とりあえず殿下が、持っていてくださいませんか? あとできちんと……洗って、お返ししますから」
 たたんだうえで、キットに入れておいた細い糸でしばったドレスを、殿下に手渡す。
「気にするな。今度はもう少し、マシなものを用意してやる」
 それは……ちょっと違うような?

「それで、どうやって出るんだ? 鍵がかかっているだろう?」
「だいじょうぶです」

 そう言ってまず、あたしは窓の外に低位の雷系魔法を立て続けに放った。これを見れば先輩たち、あたしたちがどのあたりに監禁されているか、分かるはずだ。
 それからドアに張りついて、廊下の様子をうかがってみる。
 人の気配はなかった。さすが素人、あっさり陽動にひっかかったらしい。

「殿下、下がってていただけますか?」
 重厚な作りの木製のドア。
 普段だったら簡単に魔法で破壊するところだけれど、今は殿下を巻き込めないから、その方法はムリだ。

――とすると。
 ドアの前で呼吸を整えて集中する。憑依させっぱなしの精霊に意識を向けて、その力を呼び出していく。
 限界まで集中して狙いを定めて……。

「哈っ!」
 一点めがけて蹴りを入れると、思惑通り中央部が割れた。あとは2、3回蹴飛ばしただけで、脱出口が出来あがる。

――これで本当に、閉じ込めた気でいるんだもの。
 いつでも出ていけるの、気が付かなかったんだろうか?

 周囲の気配に気を配りながら、あたしが先に出る。
 幸い辺りには、廊下を曲がった先も含めて、気配はなかった。

「殿下、どうぞ。今なら大丈夫です」
「あ、ああ……」
 なんだか呆然としている殿下を、部屋の外へと促す。いつまでもこの部屋に留まっていたら、よけいに危ない。

「で、どっちへ行くんだ?」
「どこにも行きません」
 そう言いながら、あたしは隣の部屋のドアを開けた。

 勝手知ったる場所ならともかく、これだけ広い他人の家をウロウロしたら、迷うのがオチだ。何より救出に来るはずの先輩たちと、行き違ってしまうだろう。
 だから隣あたりの部屋に潜んでいるのが、この場合は妥当だ。他に手段がないならまだともかく、殿下を危険にさらすわけにはいかない。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ