挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
力の行方 ルーフェイア・シリーズ08 作者:こっこ

Chapter:01 依頼

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/65

Episode:03

「呼んだのは、私ではありませんよ」
「え??」

 イマド、確かに「タシュア先輩が」って言ってたのに。
 でも怒られないところを見ると、タシュア先輩が全く無関係というわけでもないらしい。
 首をかしげるあたしに、シルファ先輩が言葉をかけた。

「いや……呼んだのは私なんだが」
「えっ! あたし……タシュア先輩が、って」
「ですから、私は呼んでいませんよ」

 イマドったら……。
 きっと彼のことだから、シルファ先輩から話を聞きながら、タシュア先輩だけ頭に残ったんだろう。
 けどさいしょからシルファ先輩だとわかってれば、あたしこんなに、どきどきしなくて済んだのに。

「えっと、じゃぁ、ほんとに……タシュア先輩じゃ、ないんですね?」
「ああ。私が呼んだ」
「やれやれ……また何か言われるとでも思ったのですか」

 タシュア先輩の視線が冷たいけれど、とりあえずほっとした。シルファ先輩なら優しいし、ことあるごとに怒られなくて済む。

「それで、話ってなんですか?」
「仕事の依頼だ」
「?」
 また混乱する。

 シルファ先輩と違って、あたしは傭兵隊の受験資格さえ、満たしていない。だからあたしに、任務が回ってくるはずもなかった。
 だいいち一般生のあたしが一緒に行ったりしたら、むしろ減点対象になるんじゃないだろうか?

 話が飲み込めないあたしに困ったのか、シルファ先輩は助けを求めるみたいにタシュア先輩の方を見たけど、知らん顔をされた。
――意外とシルファ先輩にも、厳しいんだ。
 自分のことは自分で、ってとこなんだろうか。

「すまない、言葉が足りなかったな……」
「足りない、というレベルではないでしょう」

 申し訳ないけど、こればかりはタシュア先輩に同意したくなる。「説明は簡潔に」とはよく言われるけど、簡潔すぎるのも問題だ。
 何よりシルファ先輩への依頼が、どうしてあたしと関係あるんだろう?

「その、なんだ、今回の任務で子供が必要なんだ」
「子供……確かにあたし、小さいですけど……」
 なんか面と向かって言われると、ひどい言葉のような気がする。
 でも、否定できないところが……。


Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ