挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
力の行方 ルーフェイア・シリーズ08 作者:こっこ

Chapter:02 任務

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

16/65

Episode:16

「あ、あたしも〜」
 なにが「あたしも」かは分からないけれど、ミルもバッグから武器を引っ張り出した。

「それ、ふつうの小銃じゃない……よね?」
「あれ、ルーフェ知らない? これね、かなりの数連射できるヤツなんだ。試作品、ちょっともらってきちゃった〜。
 あ、でもね、いつもの小銃も持ってるよ♪」
「………」

 ミルって……本当にわからない。
 なんだか頭痛を覚えながら、あたし今度は後ろへ振り向いた。

「ナティエスは?」
「あたしは、砥いどいたもの。でもいちおう、見といたほうがいいかな?」

 彼女も武器を取り出した。あまり見かけない、諸刃の手のひらサイズの刃物だ。
 たしかあたしの太刀と同じで、東方でよく使われてたもので、苦無って言ったと思う。こういった隠密行動にはシーモアの武器と並んで、かなり有効だろう。

「ほんとは毒塗っとくんだけど、まだいいだろうし」
 ナティエスも見かけによらず凄いところがある。そういえば、彼女これで、スリの名人だとも聞いたし……。
 もしかして芸が無いの、あたしだけなんだろうか?

――ちょっと、ショックかも。
 なんとなく落ちこんでいると、エレニア先輩があたしたちに声をかけた。

「はいはい。じゃぁみんなここで武器の手入れをして、そのあと食事にしましょうね。
――先輩、これでよろしいですか?」
「ああ、すまない」
 リーダーのシルファ先輩が短く答えて、夕方の行動が決まる。

「あ、じゃぁさ、みんなで食べにいこ? あたしね、いいお店知ってるから〜♪」
「……ねぇミル、もしかしてあたしお金、あてに……してる?」
 ミルのはしゃぎぶりにイヤなものを感じて、問いただしてみる。

「そりゃもちろん。だってルーフェイア、お金持ちじゃない♪ あたしたちが高級レストランでちょっと食べたって、どうってことないでしょ〜」
「それは……そう、だけど……」
 けど、なんか毎回おごらされてる気がする。

「はいじゃぁきまり〜♪ さ、どっこにしようかな〜♪♪」
 当然だけど、ナティエスもシーモアも止めてくれない。それどころか彼女たち、一緒になって地図を見てる。

「エレニア先輩、止めてください!」
「あら、いいじゃない。どうせ学院からも経費が出るんだし。それに自由に外へ出られるの、きっと今日だけよ?」
「そういう問題じゃ……」

 確かに警護が始まれば、自由な時間なんて殆どなくなるけど、だからって……。
 それにいくら経費が出ると言ったって、そんな高いところで食べたら全額はムリだ。そのとき誰が差額を払うのか、あんまり考えたくなかった。

「――シルファ先輩!」
 最後の頼みの綱で、黒髪の先輩の方へ振り返る。
「私は、食べられればあとは、気にしないが」
「先輩……」

 結局その日は、許可がでたこともあって、町の下見と称してみんなで外へ食べに出た。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ