挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
力の行方 ルーフェイア・シリーズ08 作者:こっこ

Chapter:01 依頼

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/65

Episode:01 依頼

◇Rufeir
「おい、ルーフェイア。さっきタシュア先輩たちがお前のこと、探してたぜ?」
 授業が終わって教材を片付けていると、そうイマドから声をかけられた。
「あたしを……先輩が?」
 ちょっとありえない話に、少し怖いような感覚を覚える。

「ほんとに……?」
「こんなことでウソついたって、しゃぁねぇだろ。つか伝言忘れた時の方が、怖いっての」
 それは確かにそうだ。
 けれどあたしが先輩を探しに行くならともかく、その反対があるなんて。

「食堂で待ってるってたから、早く行ったほうがいいぜ?」
「……そうだね。そうする」
 急いで机の上を片付けて、あたしは立ちあがった。教材がけっこう重い。

「ルーフェイア、それ置いていきな。あたしが部屋に届けとくから」
 見かねたんだろう、シーモアがそう言ってくれた。
「ありがと。えっと、じゃぁ頼んでいい?」
「構わないさ。さ、早くいきな」
 シーモアの好意に甘えて、手ぶらで教室を出る。

 いつもと同じ光景。
 中央部のホールへ続く渡り廊下を、他の生徒とすれ違いながら渡る。中には話しかけてくる生徒もいた。

「やぁ、ルーフェイア。どこ行くんだい?」
「食堂までです」
 誰だろう? 上級生なのは間違いないけど、名前まで分からない。
 タシュア先輩なら全生徒を覚えているから、きっとわかるんだろうけど……。

「じゃぁさ、俺も一緒に行くからなにか食べないか?」
「ありがとうございます。でも今、タシュア先輩に……呼ばれてて」
 とたんにその先輩の顔が引き攣った。

「た、タシュアってあの、タシュアかい……?!」
「えっと……タシュアって先輩、そんなにたくさん……いるんですか?」
 あたしにはあのタシュア先輩以外、心当たりはない。
 どうやらこの先輩もそうらしかった。

「悪いことは言わないから、止めた方がいいんじゃないか、行くの。いったい何をされることか……」
「でも、あの、タシュア先輩……いい人ですよ?」
 この一言で、今度は先輩が石化した。口をぱくぱくさせたまま、何も言えなくなる。

――どうしてだろう?

 あたしがこう言うと、ほとんどの人が石化する。
 ともかくこれ以上タシュア先輩を待たせて怒られるのも嫌なので、おいとますることにした。
「あの、名前は存じませんが先輩、失礼……しますね?」
「あ、ああ……」




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ