挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。
この連載小説は未完結のまま約1年以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性が極めて高いです。予めご了承下さい。

小さなハルバード

作者:ろっとん
 若き王ロルフが率いるグロス王国軍はテンシュテット王国との最終決戦を挑むために王都リブレー目前まで迫っていた。全ては己の正義と復讐のため。
 そして武によって覇道を歩む野望を秘めて、ロルフは歩き続ける。敵を全て切り伏せ、薙ぎ倒し、食らいつくす。その彼の前に、一人の少女が現れる。奴隷の少女はロルフに一つの交渉を持ちかけた。そうして、ロルフは剣と血以外の道と交わる事になる。
第一章
落陽の王都1
2016/02/07 06:32
落陽の王都2
2016/02/07 06:33
落陽の王都3
2016/02/07 14:50
落陽の王都4
2016/02/21 04:08
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ