挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
えっ?故国が滅亡!?では恋仲の護衛士と逃げさせていただきます! 作者:馬場輓馬ん

第一章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/6

5話 出立

 納屋の軒先は寝心地が悪かった。ワマウは身を起こし、こわばった背中を伸ばした。昨夜は日が昇るまで歩き続け、無事に山道を抜けることができた。イファーラの街に程近い小さな村で休息をとったのだが、目をつぶるとどっと疲れが押し寄せ、気が付いたら日も暮れようとしていた。外で寝るのは、曇っているせいもありとても寒かった。ワマウは白い息を吐いて辺りを見回した。
 目の前に見える景色は幻のようだった。手のひらで地面を撫でるとさらさらとした細かい砂が指の間をすべった。空は白い雲におおわれ、村の家の影をより黒く見せていた。
 デンは既に起きていたらしく、ワマウが目を覚ましたのを見てすぐに出立の準備を始めた。
「今日はこのままイファーラまで歩きます。短い時間とはいえ、お疲れでしょうから無理をなさらないでくださいね。言ってくださればおぶるくらいなら致します」
「ありがとう」
「それと、心苦しいのですがひとつお許しいただかなければいけないことがあります」
 上掛けを畳みながらデンが言った。
「御身がカンザの王女であることは敵にはもちろん、誰にも知られるわけにはまいりません。無礼とはわかっておりますが……」
 言いにくそうにどもるデンにワマウはうなずいた。
「つまり、私は王女としてではなくそのあたりにいる町娘として振舞ってほしいし、あなたも私にそう接するというわけね。構いません。私もそうあれるように尽力します」
「はっ、ご理解いただき感謝いたします」
 ワマウは街に下りたことはないが、だからといってデンの申し出を断れるような立場にいないことは分かっていた。
「さあ、行くか」
 持ち物はほとんどない。歩き出したデンのすぐ後ろをワマウは歩いていく。十七年住み慣れた王城からどんどん遠ざかっていく実感は、まだ無かった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ