挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

バースデーサプライズ

作者:氷鬼姫

 「木原先輩!長い間、お世話になりました……。新しい職場でも、頑張ってください!」

 「ありがとう。心雪みゆきさんもお元気で……」


 ――ずっと片想いだった先輩が転職して、想いを打ち明けられないまま別れることになってから、数週間。

 今日は、私の27回目の誕生日である。

 仕事をしながら誕生日を過ごすことにもなれたもので、ここ数年、誕生日祝いをしていない。

 今日も特に予定はなく、ただ黙々とパソコン業務をして、今まさに定時を迎えようとしている。

 「まぁ、独り身では誕生日なんて祝っても虚しいだけだしねー。
  ……よし、今日の業務は終わりっと。」

 できあがったデータを上書き保存して、パソコンをシャットダウンする。

 「お疲れさまでした。」

 「お疲れー」

 「お疲れさまー。」

 「お疲れ様です。お先に失礼します。」

 いつものように挨拶を交わしてから、片付けが終わるとともに席を立ち、帰路につく――。


 「ん?」

 会社の入口を出ると、いつもは見かけない車が止まっていることに気づいた。けれど、自分には関係ないだろうと素通りする――

 「心雪みゆきさん!!」

 と、突然、聞き覚えのある声に呼び止められた。

 「……え?」

 私は思わず足を止め、声のする方へ振り向いた。

 「心雪みゆきさん、ひ、久しぶり!」

 「あ……え……えぇっ!?」

 思わず、変な声が出る。

 そう、振り向いた先には、スーツ姿の木原先輩がいた。

 「あ、お、お久しぶりです!!ど、どうしたんですか!?」

 数週間前に諦めかけた気持ちが蘇る――。そして、落ち着け、私!

 先輩はまるで照れを隠すように優しく微笑み、深呼吸をする。

 しかし、緊張は隠し切れなかったのか、少し震えた声で一気に告げた。

 「み、心雪みゆきさん!お誕生日おめでとうございます!
  す、好きです!付き合ってくださいっ!!」

 「……っ!」


 バラの花束を掲げて深く頭を下げている彼を眺めたまま、私は固まってしまった。

 思考回路が追い付かない。

 心臓はバクバクなって、心臓発作を起こしそうだ。

 長い間、片想いしていたのは私の方だったはず……。

 これは、夢ではないだろうか?

 実はまだ仕事中で、疲れのあまり、居眠りしてしまったのではないだろうか?

 どれが現実?これは、夢?妄想?

 混乱する脳内が、たった数秒を、永遠とも思える時間に錯覚させる。


 そして、これ以上待たせてはいけないと我に返った瞬間、動揺がバレバレの裏返った声で返事をする。

 「あ、あぁ、あ、あの、わ、わ、私の方こそ、ず、ずっと前から、好きでしたっっ!こ、こちらこそ、よ、よよ、よろしくお願いしますっ!」


 少し経った後、彼はほっとしたのか、深い息を吐いた後、ゆっくり顔を上げて、ニコリと微笑んだ。

 「あぁ、良かった。本当、良かった……。」


 「あ、あ、あの、どうして、私を?」


 未だドキドキが収まらず、質問になっていない質問を投げる。

 先輩は既に落ち着いており、ゆっくり話してくれた。

 「……心雪みゆきさんは意識していないかもしれないけど、一緒に働いていた時、僕のミスを直してくれたり、フォローしてくれたりしてただろ?
 最初は、仕事だから、サポートし合うのは当たり前くらいに思っていたんだけど……、他の人と比べて、どうして、こんなにも僕に尽くしてくれてるんだろうと思い始めてさ。
 それからだよ。いつの間にか目で追うようになって、気が付くと、どんどん好きになっていった――。
 でも、ずっと同じ職場で働いていても、またサポートしてもらうばかりでお互いのために良くないし、もっと良い給料の職場に転職して、心雪みゆきさんを支えられるくらい稼げる、強い男になりたいと思うようになったんだ。」

 「木原先輩……」

 彼の気持ちを聞くうちに、徐々に視界がぼやけ、頬を涙が伝う――。

 もちろん、悲しいわけではない。

 彼は続ける――。

 「もし、心雪みゆきさんが良ければ、これからのお付き合い、結婚前提でしてもらえないでしょうか!」

 「は、はいっ!」




―――――――――――――――――――――――――――――――――――



 「……っていうことがあって、私たちは結婚したのよ。一生忘れられないバースデーサプライズだったわ。」

 「わぁ!ぱぱ、ロマンチストだね!」

 「でしょー?うふふ」

 「こ、こら、心雪みゆき、恥ずかしいから、内緒にしてくれと頼んだだろ!」

 「あらー?そうだったかしら?ふふっ。」

 「いいなぁー。ボクもぱぱのようにすれば、大好きな優愛ゆめちゃんと結婚できるかなぁ?」

 「うふふ、そうねぇ。大きくなったら、きっと心太しんたも、ぱぱみたいにかっこよくなると思うから、試してみれば、うまくいくかもよ~。」

 「ほんと?やってみる!」

 「ちょっ!?やめてくれ!!俺の黒歴史を掘り返すな!あ~恥ずかしいっ!」

 「いいじゃないですか。私は心底、嬉しかったんですから。」

 ぱぱ、木原先輩は黒歴史だというけれど、私にとって、かけがえのない一生の思い出。だって、ずっと片想いだった大好きな人と結婚できるなんて、なかなかできないことだから。

 これからも、この幸せが一生、続きますよーに――――。

 
お久しぶりです。
一応、生きてます(笑)
これからも、マイペースに少しずつ、書きたいものを書いていきます。
連載作品の続きを待ってくださった方々、申し訳ありませんが、ご容赦ください。
それでは、おやすみなさい。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ