挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ワード1ページ小説

1夜だけの恋心

作者:神月 里央
時間は8時を過ぎて、外はもう暗くなっている中。私は布団にうずくまりながら今日の出来事を思い出していた。
「なあ、奈美。聞いてくれよ!」
私の名前を呼びながら、見慣れた男子生徒がこっちに向かって走ってくる。
「なによ、枇々木」
私が枇々木と呼んだ男子生徒が、走りながら近づいて来て机に両手を置いて話し始める。
「お前と出会って早10年。いろんな事があった」
「まあ、小学校の時からだしね」
私が興味がないように髪をいじりながら彼の話を聞く。
「そうだ。その中で一番の事件が起きたんだ!」
「へ~。で?枇々木が留年するとか?」
「なに不吉なこと言ってんだよ。違うって!」
「も~じゃあ何よ?」
「彼女が出来た」
聞き間違ったのだろうか、枇々木はそんな冗談言うやつじゃないんだけどな~
「ん?…もう一回言って?」
「彼女が出来た」
「はぁーーー!」
私は席から立ち上がってリアクションをする。
「彼女が出来た」
「いや、反応してんじゃん!誰!?」
「隣のクラスの吉田さん」
「あの吉田さん!?すごいじゃん!おめでとう」
「おう、それじゃ今日は吉田さんと帰るから」
「う、うん。あ、ちゃんと家まで送るんだぞ」
「わかってるって」
そう言って手を振りながら、枇々木が教室を出て行った。
そこでまで思い出すと、私は頬に温かいものを感じて我に返る。
触れるとそれは不思議と指先が濡れていて、ふっとこれからの事を考えてしまう。
もう、枇々木と泊まりでゲームすることも、二人で買い物にも行けないんだ。それでこれからは、枇々木の横には吉田さんが居て、デートしたりしていっぱい思いで作るんだろうな。
そう思うとさっきよりも水が多くなり枕に零れ落ちる。
なんで?なんで私泣いてるの?おめでたい事じゃん!友達としてお祝いしないとじゃん。なんでよ…なんでこんなに涙が出るの?
そうしているうちに私は一つの答えにたどり着いた。
そっか、私。枇々木の事が好きだったんだ。でも、この恋はもう叶わないんだ。
そう言い聞かせて私は深い眠りについた。
こうして私の初恋は告白をすることもなく終わった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ