挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

自分の性格が悪いと思うあなたへ

作者:深白
性格悪いんだと悲しむあなたの性格は悪くないし、心の中でどんなことを思ってようとこちら側には伝わらないのだからあなたの性格は悪くないのです。
心の中でこんなことを思ってしまったとか、考えて自己嫌悪する必要はなくて。思ったことっていうのはそう簡単に伝わったり本当になったりしないんだよ。

もし言わなくても良いような本音を言ってしまって、嫌われたかもしれないと考えてしまうことがあっても、大丈夫。それが本音なのだから、包み隠すべきだったものがちょっと出てしまったくらいで何も変わらないもの。ありのままを愛してもらいたいと思うことは、本音を出す勇気を持つこと。生まれた時から持っていなかったものや欠けているものが少しこぼれてしまってもまるごと許容するような人がこれから現れないとは限らないのだからね。悪いという人がいるなら良いという人もいるはず。

というか、機嫌がいいとき悪いとき、調子のいいとき悪いとき、などなどあるのだから、性格が良い悪いの二者択一はできないのではないの。

とか言って自分を落ち着けるの。振り返りはしても反省はしない。生まれ変わりたいなんてもう思わなくてもいい。
誰だってすぐには性格を変えることなんて出来ないのだから今のまま歩いていくしかないよね。否定なんて他人がいくらでもしてくれるんだから自分が自分を否定し続けるなんてちょっと無駄な気がするから。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ