挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
徒然怪奇譚 作者:どくだみ(暫く活動休止中)

四夜:角部屋の女霊

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/30

心霊ミーティング(1)

 幽霊を説得出来るかと訊かれれば、どうにも微妙な所だと返すしかない。可能な場合と不可能な場合とがあって、どちらになるか幽霊次第だ。
 勿論彼らも元々は同じ人間だったのだから、こちらの言葉は差し障りなく伝わる。だがだからと言って、話し合いで万事上手くいくと決め付けるのは気が早い。
 幽霊というのは、現世に未練を残してしまっているために成仏出来ない死者の魂だ。彼らが留まっている場所、しようとしている事、全てに理由がある。向こうの都合も考えずどこかへ行けと闇雲に訴えた所で、暖簾に腕押しもいいところだろう。
 だから幽霊との会話は、まず相手の話に耳を傾けることから始まる。
 七瀬が幽霊を見るようになってからそろそろ十年くらいが経過するが、幽霊と話すのは此度が初めてではない。小学生の頃には、息子が墓参りに来ないと嘆く故人の霊から愚痴を聞かされるなんてこともあった。他には、挨拶をした相手が実は幽霊で逆に驚かれたりと、話す内容には困らない。

 ―――そういえば。

 廃墟の幽霊に出会ったのも確か、今日みたいな酷暑の日だった。
 九鳥大学の裏手、林に周りを囲まれてひっそりと佇む廃屋。そこへ迷い込んでしまったらしい高校生たちを救出するべく、渚と一緒に進入した一夏の思い出。その途中で遭遇した女性の幽霊は、意味深な発言を二人に残していった。

 “呪われているのです。”
 “これから先、少女にはお気をつけて。”

 現在に至るまで、その真意は不明なままだ。

「大丈夫ですか」

 渚の声で我に返った。

「え、あぁ、うん。何でもないよ。ちょっと考え事をしてただけ」
「それなら良かったです。……どこか、気分が悪そうに見えたので」

 そう言った渚に、七瀬は慌てて首を振った。

 ――まったく、僕が気を使わせてどうするんだ。

「心配してくれてありがとう。でも、今の所は大丈夫」

 緊張が無い、と言ったらそれは嘘になるだろう。だがそれを表に出すかはまた別の話になる。
 たしかに一般的な男として七瀬はいまいち頼り甲斐に欠けるかもしれないが――そうあろうとする矜持くらいは、持ち合わせてもいい筈だ。
 まして。

「……」

 隣を歩く渚に目を向けてみれば、彼女はいつも通り落ち着いているのだから。自分もしっかりしないといけない。一応、この中では自分が唯一の男だという自覚はあるつもりだ。
 小説の主人公みたいなヒーローを気取るつもりは無いし、そもそも幽霊が見えるだけの自分にそんなことは出来やしない。それでも万一何か不測の事態が起きた時には、渚と南部長を逃がす役割くらい果たさないといけない。
 そんなことを考えていると、渚が何か気になっているような様子で、横から七瀬の肩をつついて来た。

「先輩。何か変な事考えてないですか」
「え。……変な事って?」
「もし幽霊が襲いかかってきたらどうしようか……とかです。まさか、私たちを優先して逃がそうなんて、考えてないですよね」
「――」
「逃げるときは、絶対に三人一緒ですよ」

 迷うことなく渚はそう言い切る。七瀬の中で、フッと何かがほどける音がした。一人で色々と考え込んでいた自分が何だか馬鹿らしくなってきて、気づけば口元に苦笑が浮かんでいた。
 たしかにそうだ。逃げろと言ったところで、彼女は誰かを置いて逃げるような人じゃないのは、一年前のあの日から何となく分かっていたことなのに。
 そしてその強さが、七瀬には有難かった。おかげで幾分か気が楽になる。
 情けない話だと、笑われるかもしれないけど。

「――何だか、全部見通されてるみたいな気持ち」
「はい。何故なら私は“柊”ですからね」

 渚が応えた。そんな二人の光景を、南部長が穏やかに見守っていた。

 ※

 暫く歩いたのち、三人は部長のアパートへ到着した。刺すような日差しは弱まる所を知らず、汗でシャツが張り付いて気持ち悪い。そして目の前にそびえる薄灰色の建物は、前来たときよりも一回り巨大に見えて、今にも覆いかぶさってきそうだった。
 部長の部屋がある二階までは階段で上がった。扉の前に並んで立ち、一旦深呼吸を挟む。
 渚がそっと瞼を降ろすと、扉に手を当てた。肌と金属とが接する瞬間、わずかに彼女の肩が震えたが、当てた掌は離さずにそのまま上へ下へと這わせていく。

「何か感じる?」
「……はい。うっすらとですが、この向こう側に何かいるみたいです。先輩も触ってみてください」
「……ホントだ。にしても、この扉やけに冷たいね」

 鋼鉄の扉が冷えきっていた。冬ならまだしも真夏にはあるまじき、氷水につけておいたかのような冷たさだ。
 一般的に、金属は熱しやすく冷めやすいとされる。加えて方角の関係上、夕暮れまでここには直射日光がさしこまない。だがこれは。
 渚の肩越しに部長が手を差し出したが、すぐに引っ込めて怪訝な表情を浮かべた。

「どうやったらこんなに冷えるんだ。今は夏だぞ」
「……冷房を点けたままだった、とか」
「それは無いな。確かに私は寝る前にクーラーを点けたが、朝方には切れるようにタイマーをセットしておいたんだ。……そもそも、冷房だけでここまで冷えてたまるか」
「ですよね。この扉は芯まで冷えているみたいですし」
「じゃあ、どうしてこうなってるんだ?」
「……分かりません。幽霊が関わる事なので、としか」

 曖昧に答えるしかなかった。怪奇現象には時として理屈が当てはまらないということを、改めて思い知らされる。

「部長、鍵は持ってますか」
「ああ。ここにある」
「開けてください」
「任せろ」

 部長がポケットから鍵を取り出して鍵穴に差し込んだ。一捻り。小気味の良い音と共に解錠される。一歩進み出てから、七瀬はドアノブに手をかけた。
 この扉を開けた先に何がいるのか。透視能力者なら分かるだろうが、勿論七瀬にそんな力は無い。出来るのは、ただ腹を括ることだけだ。
 心霊現象は複雑怪奇。何が起きてもおかしくない。
 例えば、もしも幽霊が、扉のすぐ向こう側で待ち受けていたりしたら。

「開けますね。渚ちゃんと部長は、僕の後ろに―――」

 下がっていてください。
 そう言いかけた七瀬の右手に、二人分の温かみが重なる。ほっそりとした渚の右手がまず添えられて、その上から部長の左手が優しく包み込むように被さった。
 驚いて左右に目を向ければ、二人とも言葉を発さぬまま、静かに頷いてきた。視線の中に自分への信頼を感じて、胸の奥が少しだけ温かくなる。

「せーので、いきましょう」
「ああ」
「はい」

 七瀬の合図に合わせてドアノブを捻った。手前に引き寄せて扉を開くと、その中から冷風が吹き出してきて思わず目を細めた。外から見た室内はカーテンが閉まっているからか妙に薄暗く、迂闊に足を踏み入れ難い雰囲気だった。

「何かいるのか?」と部長が訊いて来た。
「ここから見た限りだと幽霊の姿はありません。ただ……この部屋のどこかにいるのは、間違いないと思います」

 奥の方から気配を感じるのだ。いきなり姿を現してこないあたり、向こうも様子を窺っているのだろう。
 三人はおそるおそる玄関に足を踏み入れた。完全に扉が閉まる前、七瀬は自分の靴を片方、隙間に噛ませた。扉が開かなくなって閉じ込められる――なんてことを避けるためだ。
 七瀬がこうして部長の部屋に入るのは、闇鍋の時以来になる。とは言ってもまだ、たいした月日は経過していない。部屋の内装はおしなべて洋風で、リビングにはテレビとテーブル、そして文芸部らしく本棚、その他諸々の家具がある。
 軽く辺りを見回したが、やはり視界に幽霊らしき姿は映らなかった。

「渚ちゃん、何か感じる?」
「何となくですが。ただ、此処にはいないようです。きっとあの向こうに」

 渚が指差した方向は、七瀬が最も強く気配を感じている方向でもあった。寝室へと繋がるその扉は、部長から聞いた話だと、今は開け放たれているはずだったが。実際にはさも当然のように閉ざされている。木の板一枚を隔てた向こう側にいる何者かの霊気が、床と扉の隙間から、こちら側へと漏れ出ているようだった。

「……そうだね。間違い無いみたい」

 リビングに感じる気配はきっと残り香のようなものだろう。本体がいるのは寝室だ。
 そこまで考えた所で、此処に入ってからというもの部長が一言も声を出していないことに七瀬は気づいた。
 単なる思い過ごしかもしれないが。もしこの部屋に帰ってきたせいで気分が悪くなったりしているのなら、一旦外に出た方がいいだろう。不調な状態で幽霊と向き合うのはあまり好ましくない。

「部長。今、体調とか大丈夫で――」

 部長の方に振り向こうとして、一瞬だけ扉から目を離した。
 その時だった。

「――っ!」

 背中をチリッとしたものが駆け抜けて、七瀬の身体を固まらせる。嫌な予感がして視線を戻してみれば、先ほどまで確かに閉まっていた筈の扉がわずかに開いていた。音も立てることなく、あの僅かな間に。
 丁度竹一本くらいの空間から、寝室の中が垣間見える。白い壁紙と有りもしない風に揺らぐカーテン、そして刹那、黒い何かが横切っていく。やがて扉は、そこから一人手にゆっくりと開き始めた。

 ―――来る。

 頭の中で赤いランプが点滅を始める。備えよ、身構えよと、第六感が警告を発していた。

「おい、あれは――」
「部長は僕の後ろに。何があるか分かりませんから」

 部長は既に一度幽霊に襲われている。その目的が何にせよ、幽霊が再び部長の姿を捉えた時どうなるかは凡そ想像がつく。扉の方から部長を隠すような位置に、七瀬は移動した。
 鬼が出るか蛇が出るか。まあ、いずれにせよ出てくるのは幽霊だろう。

「先輩」
「渚ちゃんも、僕の後ろにいて」
「先輩それは…………いえ、分かりました」

 頷いてから二人の所に寄って来た渚は、片方の手を部長と繋いだ。そしてもう一方の手で七瀬の服の裾を掴んだ。

 扉が完全に開ききるよりも早く、それは姿を現した。
 薄汚れた服を着ている女性の幽霊。寝室からリビングへ、滑るように移動してきた。力なく垂れ下がる両腕は指の先まで、枯れ木のように細くてくすんだ色合いだ。胸まで伸びきった前髪のせいでその顔は窺えない。だがそれでも、髪の毛越しに幽霊がこちらを見ていることは分かった。

「……部長、あれが見えていますか」
「ああ。でも、見えない方が幸せだったかもしれんな」

 身体を舐め回してくるような視線は、闇鍋の日に感じたのとまったく同じで。こちらを観察するような、あるいは愛撫するような、粘着質の眼差しだ。臆してしまえば相手のペースに呑まれると意識していても、無意識に拒否反応を覚えて、身体が竦んでしまう。

「うぅ……」

 必死に呻き声を噛み殺しながら、七瀬も幽霊から視線は離さずにいた。相手に隙を見せてはいけない、そんな気がして。
 すると幽霊は、歩幅三つ分程の距離を置いて動きを止めた。このまま襲いかかってくるのではと覚悟をしていただけに、これは少しだけ予想外だった。
 数十秒にも数分にも感じれる対峙の後、幽霊は唐突に、痩せこけた腕を頭の高さに掲げた。その様はどこか、タクシーを呼び止める時の動作に似ていた。

 ――これは、どういう事なんだろう。

 “彼女”なりのメッセージだろうか。だとしたら幽霊は、こちらに何かを伝えたがっていることになる。言葉を話してくれたら簡単に理解できるのだが、相手は一向に口を開く様子が無く、同じポーズを保ったまま静止している。
 それなら。
 七瀬は思い切って一歩踏み出してみた。幽霊に反応は無い。さらにもう一歩前に進んだ所で、渚に服の裾を引かれた。

「……先輩。何をするつもりですか」
「渚ちゃん」
「危ない真似は、止めてください」
「……大丈夫。多分、悪いことにはならないから」

 再び幽霊に意識を向ける。近付いた七瀬に対して、幽霊は少しだけ自身の顔を持ち上げた。その前髪の向こう側に、七瀬は黒く染まった二つの瞳を見た。闇夜を切り取って湛えたような、深い、深い無念の色。だが、七瀬と幽霊の視線が一瞬だけ交錯した瞬間、その奥に、別の感情が浮かび上がって来たような気がした。
 ――これは、もしかしたら。
 万一にも相手を刺激したりしないよう、ゆっくりとした動作で七瀬は片手を持ち上げた。そのまま、幽霊が掲げている掌に慎重を期して近づけていく。その指先が幽霊に触れたと思った直後、いきなり、無数の静止画が怒涛を打って頭の中に流れ込んできた。
 どこか、大学の構内らしき場所の風景。仲睦まじそうな男女の姿。ひびの入った携帯の画面。遠ざかる誰かの背中。そして、先が輪っか状になったロープ。
 その量に七瀬が呑み込まれかけた時、何かが爆ぜる音と共に、幽霊と繋がっていた指先に痛みが走った。そこで情報の洪水は途切れた。

「……っ」

 後ろによろけた七瀬の身体を、渚と部長が支える。

「大丈夫ですか」
「……うん。大丈夫、ちょっと痛かっただけ。それよりも、今ので少しだけ“彼女”のことについて分かったよ」
「分かった……というと」
「向こうから、“教えてくれた”って言えばいいのかな」

 さっきの画像は七瀬の意図と関係なく見えたものだから、そう表現するのが正しいだろう。

「もしかしたら、何か伝えたいことがあるのかも」

 当初は幽霊を文字通り説き伏せて、穏便に部長の部屋から出て行ってもらうつもりだった。だが今、状況が少しだけ変わってきている。
 幽霊が伝えたいこと――あるいは、彼女の未練と言い換えてもいい。それをどうにかすることが出来れば、幽霊は自ずと成仏してくれるだろう。彼女自身にとっても幸せな結末だ。
 そしてなにより。追い出して後は知らぬ存ぜぬでは、どうにも後味が悪い。
 理想ばかり追いかけても駄目なことはよく分かっているのだが、出来ることなら、全員が幸せになれるような道を選びたかった。

「……ねえ、幽霊さん」

 ――落ち着いて。

 自分自身にそう言い聞かせる。まるで綱渡りをしているような気分だ。

「何か伝えたいことがあれば、僕たちに聞かせてくれない? 力になれるかもしれないから」

 七瀬の言葉に、幽霊は確かな反応を見せた。下から覗きこむようにしてこちらを凝視してくる。先ほどまで黒かったその瞳には、別の色が戻り始めていた。それが何を意味しているのかは分からない。七瀬はそれを、理性だと解釈することにした。
 首肯という形で応えが返ってきたのは、数秒が過ぎた後のことだった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

回復術士のやり直し~即死魔法とスキルコピーの超越ヒール~

※ヤングエースアップ様にてコミカライズがスタート。無料で掲載されています ――世界そのものを回復《ヒール》してやり直す。 回復術士は一人では戦えない。そんな常識//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全116部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2018/01/14 18:23
名前のない怪物

2017年7月7日。第五回ネット小説大賞にてメディア賞を受賞いたしました。書籍化及びメディアミックスが決定いたしました。皆様の応援に心から感謝を! 今後も精進し//

  • ホラー〔文芸〕
  • 連載(全207部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/12/24 07:46
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全133部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2018/01/17 09:12
異世界居酒屋「のぶ」

古都の路地裏に一風変わった店がある。 居酒屋「のぶ」 これは、一軒の居酒屋を巡る、小さな物語である。

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全175部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2018/01/09 23:00
音使いは死と踊る

ある日突然、無能力だった少年は諦めていた能力を発現させた。能力の名前は”音支配(ドミナント)”。 少年は世界で初めて音を司る能力を発現させたのだ。 しかし、その//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全137部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/12/25 00:34
魔王様、リトライ!

 2017/10/30 二巻が発売されました!  コミカライズも公開中。  どこにでもいる社会人、大野晶は自身が運営するゲーム内の「魔王」と呼ばれるキャラにロ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全179部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/11/05 15:00
神統記(テオゴニア)

【主婦と生活社「PASH!ブックス」さまにて、書籍化する事になりました】 人族はたびかさなる他種族の侵入に苦しめられていた。 痩せた土地を奪い合い、殺し合いを//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全60部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 03:36
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全861部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2018/01/16 10:00
渡リ烏のオカルト日誌

「私、メリーさん。今、貴方の隣にいるの」 大学入試で都会へ出てきた男子高校生、滝沢辰は、そこで自らを都市伝説の一角だと名乗る、風変わりながら美しい、女学生に出//

  • ホラー〔文芸〕
  • 連載(全106部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/12/27 17:07
山内くんの呪禁の夏。

『きみ、なんで火がお口から出てるの?』『……へーぇ。オレの火がみえるんだ』幼い日、墓石の陰から現れた妖しい子に、山内くんは命を救われた。小学校六年生になった山内//

  • ホラー〔文芸〕
  • 完結済(全32部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2014/11/24 17:14
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00

 ここと言うには遠くて、あちらと呼ぶには近い。そんな日常の傍らにある、触れるか触れないかの竒しい話。僕が、私が、俺が、あたしが語る不思議で奇妙で素敵な話。話数自//

  • ホラー〔文芸〕
  • 連載(全663部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2018/01/13 18:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
俺だけ帰れるクラス転移

ある日、クラスメイト達と共に異世界に召喚された羽橋幸成。深い森の中にあった石碑に書かれていた彼の能力は物を移動させる『転移』。彼と同じく様々な能力に目覚めたクラ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全233部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2016/05/25 10:00
生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい

エンダルジア王国は、「魔の森」のスタンピードによって滅びた。 錬金術師のマリエラは、『仮死の魔法陣』のおかげで難を逃れるが、ちょっとしたうっかりから、目覚めたの//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全171部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2018/01/13 20:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全257部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 00:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全400部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2018/01/16 22:30
望まぬ不死の冒険者

辺境で万年銅級冒険者をしていた主人公、レント。彼は運悪く、迷宮の奥で強大な魔物に出会い、敗北し、そして気づくと骨人《スケルトン》になっていた。このままで街にすら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全394部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/12/25 18:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全135部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2018/01/02 01:32
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全388部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 12:00
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全403部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2018/01/14 11:00
異世界料理道

 津留見明日太(つるみあすた)は17歳の高校2年生。父親の経営する大衆食堂『つるみ屋』で働く見習い料理人だった。ある日、『つるみ屋』は火災に見舞われ、父親の魂と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全554部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2018/01/13 17:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )

◆カドカワBOOKSより、書籍版12巻、コミカライズ版6巻発売中! アニメ放送は2018年1月11日より放映開始です。【【【アニメ版の感想は活動報告の方にお願い//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全562部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2018/01/14 20:42
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全534部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 22:46
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1616部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 18:00
不死の配送人

寝て起きたら世界が終わっていた、というお話。  ※後日談が追加される場合があります。

  • パニック〔SF〕
  • 完結済(全60部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/08/13 14:09
ゴブリンの王国

醜悪なる姿はゴブリンと呼ばれ、人に狩られるだけの存在だった種族がいた。しかし、ただ一人の王の存在によって彼らは生まれ変わる。 魔物を率いて神々への反旗を翻した王//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全371部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2016/01/22 12:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全126部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/12/24 06:11
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全356部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 13:59
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全131部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 20:00
外れスキル【地図化】を手にした俺は、最強パーティーと共にダンジョンに挑む

 【地図化(マッピング)】——。    15歳になったノートが贈与の儀で与えられたのは【世界地図(ワールドマップ)】や【地図(エリアマップ)】の下位互換とされて//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全47部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 15:18
↑ページトップへ