挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

言葉にして伝えないと伝わらない! 『好きだ。』

作者:七瀬
僕は幼なじみの美結の事がずっと好きだ。
今も変わらず、ずっとずっとこれからも好きだ。
だってもう10年以上も同じ女の子の事を好きでいるんだから。

子供の頃からずっと傍にいるから美結は...? 僕の事
男として見ていないと言うか......?

普通に何でも話せる“親友”だと思っている。
そんな時、美結が僕に生まれて初めて 『恋愛の相談』 をしてきた。
僕は動揺しながら美結に悟られないように話を聞いた。

『どうした? なんか僕に話したい事でもあるんじゃないのか?』
『うう.うん。実はね? 笑わないで聞いてよ! 私さ~ 好きな人でき
たんだ!』
『そそ.そうなんだ? どんな奴なの?』
『クラスの女の子の男友達で、たまたま会うことになってね?』
『うん』
『物凄い爽やかで、身長も高くてイケメンだったんだよねぇ~』
『うん』
『まぁ~それだけじゃなくて優しくて私の事さ、ちゃんと女扱いして
くれて! なんかキュンとなったんだよねぇ~』
『うん』
『あのさ~先から【うん】しか言ってないんだけど......?』
『うん』
『ほら~また! うんって言った!』
『だって! 見た事ない奴だし自分の目で見ないと、どんな奴なのか
わかんないよ!』
『そっか! わかった。今度、会わせるよ~』
『えぇ!? それはいいよ!』
『なんで...!? 今見ないとわかんないって言ったじゃん!』
『写真でいいよ』
『わかった。今度一緒に撮ってもらって持ってくるねぇ~!』
『なんで? 美結とコイツが一緒に撮るんだよ~!』
『じゃ~どうしたらいいの?』
『その女友達に言って、コイツの写真送ってもらえば?』
『あぁ! そっか! わかったよ。』
『うん』



それから3日後......。
美結がコイツの写真を携帯で見せてくれた。

『えぇ!? 知ってるよ! コイツの事...。』
『どんな人なの?』
『ああ.あぁ~ いいヤツだよ。』
『ふーん。そうなんだ!』

美結は嬉しそうに携帯に写っているそいつを見てニヤニヤして
いる。ムカつくけど......ここはグッと我慢した。

それと......? コイツ女たらしで有名なやつだ!
爽やかな笑顔で近づいてきて、片っ端から女の子を誘いまくるらしい。
こんな奴に、美結の事任せれる訳がない!

僕は美結に黙ってコイツに会いに行った。
コイツを夜の公園に呼び出して、二度と美結に近づくなと言ってやった。
コイツ案外、簡単に引き下がったんだよね? 
『他に狙ってる女の子がいるからわかったよ』 だって!



この次の日...美結が僕に言ってきた。

『なんか? フラれたみたい。連絡しても繋がらないんだよね?』
『そうなんだ』
『それとこれね? 私の友達が言ってたんだけど? 彼、他に付き合ってる人
がいるんだって!』
『うん』
『私さ、まだ告白もしてないのに! フラれた気分なんだよね?』
『うん』
『ほら~ また! 【うん】しか言ってない!』
『だって』
『わかってるよ。私が慰められたくないの知ってるから言わないんだよね?』
『うう.うん。』
『ありがとね!』
『えぇ!?』
『何時もさ、何かあると何も言わないけど...? 傍に居てくれるじゃん!』
『うう.うん。知ってたんだ...。』
『だって、長い付き合いだしね!』
『うん』

その後は、何も言わず泣いていた。僕の背中にもたれて声を押し殺して
泣いていた。よっぽどコイツの事が好きだったのかな?

...ふとそんな事を思っていた。



あれから2日後......。

美結は、普段の美結に戻っていた。
僕は遂に自分の気持ちを美結に言った。

『ずっとずっと好きだった! 美結の事がすきだ!』
そしたら......? まさかだったけど?

僕が告白してくれるのをずっと待っていたらしい。
それと? アイツはおとりだったとか.......?

では何故あの時、泣いてたのかは......?
僕がアイツに直接会って、私に近づくなって言いに行ってくれた事を
後で知ったから。

こんなに想ってくれていたんだと思って僕の為に泣いたんだって。
そうなのか......?

でも今は幸せだよ。ずっと想っていた人と一緒に居れるから。
だけど......? 正直言うと? 『怖い』 気持ちもある。
ずっと好きな人だったからこそ! この関係が壊れないか?
心配でならない。
































最後までお読みいただきありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ