挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ないものねだり

作者:小日向冬子
あれこれと
欠けたピースを数える癖は
いつになっても抜けなくて

気がつけば
泥濘に足をとられ
今日も長いため息をつく

――空っぽに、なりたいんだ

見えない何かに急かされて
日常のここかしこに散らばる
小さな光を取りこぼす

――空っぽに、なってしまいたいんだよ

痛いほどに背伸びをしながら
彼方ばかりを見つめて

べったりと背中にはりついた
正体のない不安が
いつでも僕を脆くする

君の乾いた指先に
ひそかに宿る温もりで
できそこないのこのこころを
繕うことができたら

そうできたなら

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ