挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

UNLOCK・DEATHGATE


 死んだ者の魂に魔力の肉体を与えて現世に蘇らせる死霊術師が居た。

 彼は願いが叶うまで何度でも蘇らせる。

『アンロック・デスゲート』

『アンロック・デスゲート』

 開かれる門から人影が現れ、ツカツカと歩いてきては言葉を残して現れる。

『我が名はアザゼル、貴様が呼んだのか?』

『名乗りを上げよう! 俺は本多忠勝……お前は徳川様より器は広いか?』

 彼が求めている者ではない。

「違う! お前らを求めてるんじゃねえよ……」

 彼は女性の英霊を求めていた。



『どエロい英霊まだかな……』



 蘇らせた英雄を引き連れ、世界の謎に立ち向かった彼は、己の引き運の悪さの謎に立ち向かっていくことになる。


(カクヨムでも掲載中)
開かれざる門
2017/12/07 18:45
ただのおっさん
2017/12/09 00:09
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ