挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

華霊なるペテン師

作者:星埜銀杏
 天才ペテン師である高梨沙理(たかなし さり)。

 彼女の生き甲斐は他人に夢を魅せて(※ペテンにかけて)笑顔にする事。もちろんペテンにかけた人物に死ぬまでペテンにかかったと気づかせない事を信条にしている。つまり一旦騙したら最後まで騙し抜く。

 しかも笑えるペテンである事が重要。

 笑えないペテンは単なる犯罪であり、笑えるペテンはすなわちイタズラと位置づける。

 それが夢を魅せる事。

 もちろん夢を魅せるのは慈善事業ではなく、きちんと夢を魅せた分だけはご利用料金を頂くちゃっかり者。本を買って本の代金を払ったり、映画を見て入館料を払うように。彼女の夢はゆくゆく世界を笑えるペテンでひっくり返す事。

 そうして今日も沙理は堂々と我が道をゆく。

 ペテン道を闊歩するのだ。

 もちろん隣には平凡で平均点な人間である菊池翔太少年を連れて……。

 さて。

 二人の明日はどっちだッ!

 ご静聴を願いたい。

 ※エブリスタとカクヨムでも発表しています。
エピソード零、プロローグ
2017/10/29 18:20
エピソード一、数秘術
2017/10/29 22:48
エピソード二、ペテンにかける命。
2017/10/30 19:08
エピソード三、違和感
2017/11/15 23:03
エピソード四、奥さんの秘密
2017/11/16 23:16
エピソード五、トリック
2017/11/22 15:31
エピソード六、キレ者同士
2017/11/22 15:32
エピソード七、愛
2017/11/22 19:08
エピソード八、霊婦
2017/11/22 19:43
エピソード九、夕食にて
2017/12/07 22:21
エピソード十、レトロな最新鋭
2017/12/07 22:24
エピソード十一、応酬
2017/12/05 23:01
エピソード十二、終結
2017/12/07 09:22
エピソード十三、終わりから始まりへ
2017/12/07 09:24
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ