挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

ゴブリン売りの少女

作者:NiO
ゴブリンキス大賞提出作品です。
雪の降りしきる、クリスマスイブの事です。

みすぼらしい服を着たゴブリン売りの少女が、寒さに震えながら一生懸命、道を行き交う人々に声を掛けていました。

「ゴブリンは、いかがですか。
ゴブリンは、いかがですか」

しかし、誰も立ち止まってくれません。

「ゴブリンがあります、ゴブリンがありますよ。

だれか、ゴブリンを買ってください」

しかし、ゴブリンは全く売れません。

このままでは父親に怒られてしまいます。

なんとか、ゴブリンを売らねば。

いや、でも、その前に。

自分が、凍えて、死んでしまう!

「……そうだわ、ゴブリンを燃やして、暖まろう」

少女はそう言って、一匹のゴブリンを燃やしました。

シュッ。

『ギョエエエエエエエエエエ!!』

ゴブリンの火は、とても暖かでした。

まるで、赤く燃える、一台のストーブの様。

「……ああ、いい気持ち」

少女がストーブに手をのばそうとしたとたん、ゴブリンの火は消えて、ストーブもかき消えるように無くなってしまいました。

「も、もう、一回、だけ……」

少女はまた、売り物であるゴブリンに、再度、火をかけてみました。

シュッ。

『ギョエエエエエエエエエエ!!』


あたりは、ぱあーっと明るくなり、まるで、ご馳走のガチョウの丸焼きでも食べている気分です。

「……ああ、いい気持ち」

少女はそう呟きますが、すぐにゴブリンの火が消え、暖炉もご馳走も、あっという間になくなってしまいました。

「も、もう、一回、だけ……」

少女はまた、売り物であるゴブリンに、再度、火をかけてみました。

シュッ。

『ギョエエエエエエエエエエ!!』

そのときです!

あたりが突然明るくなりました。

そして、光の中で、大好きな大好きな。

死んだはずの、おばあさんがほほえんでいたのです!

「おばあさん、おばあさん!

ああ、いなくなるなんて、いや!!」

少女はそう言いながら、残っているゴブリンを、どんどん燃やし続けます。

おばあさんは、優しく少女を抱きあげてくれました。

「ああ、おばあさんの体……暖か……」

やがて二人は光に包まれて、空高くのぼっていきました。




……翌日、クリスマスの朝に、大量のゴブリンの燃え殻と、哀れな少女の亡骸が町の大通りに転がっていました。

けれど、冷たくなった少女は、なぜか幸せそうに。

……満面の笑みを浮かべていたのでした。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ