挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

枕の下に 希望の上に(5)

「なら」ず者

君の為になるのなら
両親の為になるのなら
友達の為になるのなら
先輩の為になるのなら
後輩の為になるのなら
上司の為になるのなら
同僚の為になるのなら
会社の為になるのなら



全て素通りして
素知らぬ顔で
真ん中歩いて
消えてしまいたい
協力という言葉に
脅迫されている
だから
あの音ですら
許せなくなるんだ
だから
あの声ですら
許せなくなるんだ
だから何だと
時には言ってしまいたい
それを許せる
協力であって欲しい



隣家の為になるのなら
地域の為になるのなら
観光の為になるのなら
社会の為になるのなら
子供の為になるのなら
勉強の為になるのなら
御年寄の為になるのなら
何かの助けになるのなら



人が
周りから居なくなる前に
誰かが
やっているんだから
自らを正しく回す為に
あなたが出来る事をやりなさい
跳ね除けるだけでは
背中が寂しくなるだけで
家族という袋にも
穴が開く
居場所を守る為には
居場所の為に
出来る事をしなくちゃいけない
そこに
とどまり続ける為には
とどまれる
理由を作らなきゃいけない
だけれど
その綺麗事を
悪用している人が居る
事実の向こう側ほど
面倒な事はない
だから消えてく
蜘蛛の巣みたいな
人間関係



悲しまずに済むのなら
怒りにならずに済むのなら
喜んでくれるのなら
楽しんでくれるのなら
怒鳴らずに済むのなら
ワクワクしてくれるのなら
涙を見なくて済むのなら
笑顔になってくれるのなら



全て素通りして
素知らぬ顔で
真ん中歩いて
消えてしまいたい
協力という言葉に
脅迫されている
だから
あの音ですら
許せなくなるんだ
だから
あの声ですら
許せなくなるんだ
だから何だと
時には言ってしまいたい
それを許せる
協力だと言いたい
今はもう
言えないかもしれない

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ