挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
俺と君達のダンジョン戦争 作者:トマルン

第一章 導入や基本的な諸々

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/81

第五話 俺の冒険はこれからだった【挿絵有】

 泣きながらご飯も食べ終わったし、さあ、報酬を受け取ろう!
 と言ったところで、俺は気づいた。

「道具屋って、どこですか?」

 俺の冒険が始まった。

挿絵(By みてみん)

 俺の冒険はパパッと終わった。
 敵が出てこないと分かったら、探索は予想以上にスムーズに進んだのだ。
 そして探索の結果が上の地図である。

 結論から言ってしまうと、予想通りここには敵どころか罠すら存在しなかった。
 そして2名の士官と96名の兵員が、生活できる環境が整えられていることも分かった。
 武器庫に保管されていた各種銃火器や、新たに発見した防具倉庫にあったボディーアーマーなども予備を含めて人数分用意されているのだろう。
 食糧庫には100名の人間が1ヵ月は食事に困らないだけの食糧が保管されており、俺だけなら数年は食糧問題について無視できるはずだ。

 そして今、俺は改めて道具屋と表記されたドアの前に来ている。
 隣には食糧庫に繋がるドアと、ギルドと書かれたドアがある。
 ギルドに関しては、どうやらお酒が飲める場所らしい。
 ギルド内には他にも設備があったものの、今は機能しておらず詳細は分からなかった。

 道具屋に入ると、パソコンが置かれているカウンターとエレベーターの入り口みたいな大きなボックスが設置されている。
 道具屋に限らず、武器屋や防具屋も同様のレイアウトだった。
 もはや分けている意味がない。
 これがいわゆる様式美というやつなのだろうか?

 パソコンは俺の入室と同時に起動していた。

『いらっしゃいませ 本日はどのようなご用件でしょうか』

 パソコンの画面に表示された文字を流し読み、検索欄のような場所にキーボードで『ミッション報酬受取』と入力する。

『ミッション報酬受取 ですね 該当する候補が 1 件 あります
1 ミッション 【迅速な探索】 報酬 受取』

 これで間違いないだろう。
 『受取』をクリックすると、カウンターの横にあるボックスからゴウンゴウンと低い音がする。
 しばらくして、ボックスの扉が開いた。

「ほう、これが……」

 ボックスの中には、それなりに大き目のダンボールが置かれていた。
 ダンボールにはご丁寧に、『日本国 国防陸軍』と達筆なモズがプリントされてある。
 ダンボールを抱えてみると結構重いが、想像していたほど重くはなかった。
 時代は軽量化という奴だね。

 しかし、ここから私室まで運べるほどの軽さではない。
 俺は仕方なくここで開封することにした。

 ダンボールの中に入っていたのは
・32式普通科装甲服3型
・88式鉄帽4型
・単眼型暗視装置
・各部パット
・防刃手袋
・各種お菓子、ジュース、薬品類

 なんかオマケがいっぱい入ってた。
 折角なので貰ったチョコバーを食べつつ、装備を身に着けていく。

 防弾チョッキの様な32式装甲服は、装甲服と言う割には軽かった。
 おそらく2,3㎏といったところか。
 軽いだけでなく、厚さもそこまでではないようで、動きを阻害される感じは着る前と比べてほとんどない。
 服の上からチョッキを身に着けているような感覚だ。

 こんなので装甲の役割を果たせるかどうか心配になるが、説明書によると100m先からの12.7mm重機関銃の掃射に耐えられるらしい。
 まあ、そんなものを掃射されたら、装甲服は耐えられても衝撃で俺自身が吹き飛ばされそうだが。

 88式鉄帽は、鉄帽と銘打っているが、明らかに鉄製ではない。
 プラスチックの様な質感と軽さだ。
 暗視装置を取り付けられるようになっていたので、同封されていた暗視装置を取り付けて頭に被る。
 顎紐を調節すれば、ちょっとやそっとでは外れない程しっかりと固定された。

 肘と膝にパットを取り付け、防刃手袋をはめれば、あら不思議!
 そこには歴戦の兵士が立っているではありませんか!!

 なんてね、実際はコスプレしたミリオタが精々だ。
 だけど、これで報酬を受け取ったことにはなるだろう。
 端末の画面を確認すると、案の定、ミッションが更新されていた。

『ミッション 【報酬の受取】 成功
 報酬 10000円 が振り込まれました』

『ミッション 【初めてのダンジョン】
 装備を整えてダンジョンに向かいましょう
報酬 42式無人偵察機システム 6機
依頼主:日本国国土交通大臣 石破仁志
コメント;くれぐれも慎重に、行って帰って来るだけで良い』

 え、ダンジョンですか?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ