挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
俺と君達のダンジョン戦争 作者:トマルン

第二章 序盤戦とか外交とか色々

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

55/81

第二十四話 ガンニョムオタのアイデンティティー喪失

 高度魔法世界第2層攻略を始めて5日目。
 流石に5日目ともなると、スタート地点から見える景色も随分と様変わりしてくる。
 侵略者を圧迫するコンクリートの壁は、度重なる爆撃と爆破によって基礎すら破壊し尽くされていた。
 数えるのすら億劫おっくうになるほどの砲塔・機銃群は、内部の魔石を取るために解体されているのは良い方で、跡形もなくクレーターを形成しているものも珍しくない。
 本来ならば地面の下にその身を隠している要塞本体も、地盤ごと抉り取られて各所にその身をさらしている。

 高度魔法世界が用意した巨大要塞は、端的に言うと5日目にして死に体だった。
 今までの4日間で魔石を7000個以上集めているし、俺達の姿が見えても敵兵に動きが見られないことから、要塞機能の大部分は消失したとみて良いだろう。
 威容を誇った巨大な近代要塞を、3人と10体で更地に変えた光景は、我がことながら良くやったと思うよ。
 いや、本当に。

 4日間の努力の結晶を眺めながらも、俺は装備の確認をおこたらない。
 軍靴の靴紐は緩んでないし、戦闘服にほつれもなければ、装甲服にはちゃんと装甲板が適正な位置に収められている。
 主武装の26式5.7㎜短機関銃と副兵装の27式5.7㎜拳銃は昨日の内に整備され、試射も先程済ませた。
 魔石を取り出すためのサバイバルナイフ、38式単分子振動型多用途銃剣は、予備も含めて2本携帯している。
 手榴弾は破砕型の他にスタン、スモークを2個ずつ持ってるし、ポーションだって耐衝撃ケースに8本収納してある。
 うん、完璧だね!

「ぐんまちゃん、何か嫌な予感がします」

 唐突に、高峰嬢が昨日の俺と同じようなことを言い出した。
 俺を見つめるその瞳は、不安というよりも、自分の考えていることが上手く言い表せないもどかしさを映している。

「そう言って今日も一緒に探索をするつもりか、女怪?
 あまり私情を挟むのは感心せんぞ、と言いたいところだが……
 トモメ殿、今回ばかりは拙者も何か不快な感覚がするでござる」

 高峰嬢にサラリと喧嘩けんかを売りつつ、白影も高峰嬢と同じ意見のようだ。
 日仏が誇る直感と超感覚コンビの意見が合ったという事は、おそらく何かあるのだろう。
 いや、確実に何かあるはずだ。
 むしろ、ここまでフラグを立てておいて、何もなかったら、そちらの方が大事件だよ!

「うぅん、そこまで言うなら、今日の所は地下への入り口にカトンジツを流し込むだけにしておこうか。
 本格的な探索は、適当な他国の探索者が当て馬代わりに突入するのを見届けてからだな」

 無人機は狭い要塞内部だと相性が悪いし、防爆扉を閉められていたら、それ以上先に進むことはできない。
 だからと言って替えの効かない従者ロボを偵察に出すのは、あまりにもリスクが大きすぎる。
 高峰嬢と白影は論外だ。
 失った瞬間、戦力的にも勿論だが、政治的に非常にリスクが大きい。

 だったら、日本とも俺とも関係のない他国民に突撃させるのが、一番リスクが小さいだろう。
 俺達が何かするまでもなく、彼らは魔石や戦利品を求めて要塞に突入していくのだ。
 普段は俺達の戦いに巻き込まれないため、遠巻きに見ざる終えなかった他国の探索者達にとって、俺達のいない要塞は、願ってもない目標に違いない。

 自分達の手を汚さずに、他国に鉄砲玉をやらせる……いいね!
 これこそ第三次世界大戦によって死に体の近隣諸国を蹂躙し、地域覇権国家として西太平洋に君臨している日本のあるべき姿じゃあないか!!
 ふへへへ、吹けば飛ぶような中小国家は、日本の鉄砲玉がお似合いなんだよぉぉぉぉぉ!!!

「いいですね!」 

「いいでござっ……良いのでござろうか?」

 おつむが虫けら並みの高峰嬢はあっさり同意したが、常人並みの知能を持つ白影は、自分達がやろうとしている行為に疑問を持ちやがった。
 なんだかんだ日本かぶれで妄想癖があって執念深いこと以外は真面目な娘だ。
 外道になり切れないのも仕方がない。

「ううむ、高度な政治的判断は拙者には難しいでござるぅ」

 と思いきや、心中の葛藤に早々と見切りをつけやがった。
 この娘は意外と生きるのが上手いタイプなのかもしれないな!

「当てう…… 他国の冒険者が突入するのは何時になるのか分からないし、ここはお茶でも飲みながらゆっくり――――」

 俺がそこまで言いかけた時、突然、大地が揺れだした。

「キャッ、な、何なのぉ!?」

「おっ、地震ですね」

 白影は驚いて俺にしがみつき、高峰嬢は地震に慣れた日本人らしくのんびりと揺れが治まるのを待っている。
 体感的に震度4か5といったところか。
 立っている分には問題ないが、歩くには少々難儀する感じだ。

「ト、トモメェ……」

 フランス生まれの白影は地震に慣れていないのだろう。
 もしかしたら初体験なのかもしれない。
 恐怖に震えて涙目で俺を見上げてくる彼女を、とりあえずいつもの如くあやしておく。

「よーしよし、よーしよし」

「ちょっと、黒いのー?
 ぐんまちゃんに抱き着き過ぎですよー!」

 白影の状況に気づいた高峰嬢が、無理やり彼女を俺から引き剥がそうとする。
 止めてやれよぉ。
 こんな時くらいは許してやれよぉぉ。

 そんなことをしている間に、揺れはどんどん大きくなり、流石に立っているのが難しくなってきた。
 要塞の方を見れば、大地がひび割れており、明らかに何かが地中から飛び出てきそうな雰囲気だ。

「高峰嬢と従者ロボ!
 すぐに信管付きのC4を切れ目に投げ込むんだ!!」

 空気の読める俺は、すぐさま指示を出す。
 激しい揺れの中だが、高峰嬢と従者ロボ達は持てる限りのC4を持ってスタート地点の外に行き、地割れの中心部にC4爆薬を投げ込み始める。
 これで何事も無かったら、いたずらに爆薬を失ったことになるが、その時はその時だ。
 ここまで派手に演出しておいて、何も出さないとか、そっちの方が大問題だろう。

 しばらくすると、案の定、地割れの中心から巨大な黒い物体が、大地を割りながらその姿を晒した。
 見上げるほどの巨体は黒光りする装甲で全身を包んでいる。
 図太い四肢は力強さにあふれており、頭部の赤い単眼が、キラリと光って自己主張している。
 巨体に見合った大きさのトマホークを構えるその姿、正しくガンニョムだった。

「こっちの方が強そうだなぁ」

「リック、涙目でござるぅ」

「大きな案山子ですねー」

 俺達のボス戦が、始まった!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ