挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
俺と君達のダンジョン戦争 作者:トマルン

第一章 導入や基本的な諸々

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

26/81

第二十五話 内輪揉め

 壁、天井、受付のテーブル、椅子、何らかのスイッチ。
 いずれも酷く巨大なもの。
 俺達人間ではなく、体高10mの巨大な金属生命体が使用することを念頭に置かれた近代オフィスは、まるで自分が小人になってしまったのかと錯覚させる。
 いや、実際に、このダンジョンの住人にとっては、正しく俺達は巨人の国に紛れ込んだ小人なのだろう。

 36機の42式無人偵察機システムがダンジョン内を哨戒しているが、その広さゆえに、中々哨戒範囲を広げることができていない。
 末期世界第1層攻略により、新たに2体加わって計6体となった従者ロボは、28式6.8㎜小銃を手に持ちながら周囲を警戒している。

 人間と比較し5倍スケールの金属生命体にとって、如何に28式小銃と言えども、どれだけの火力を発揮できるかは未知数だ。
 いや、むしろほとんど期待できない。
 例え、12.7㎜重機関銃を装備していても、十分とは言えないんじゃないか?

 やはりアレクセイ達と距離をとるためとは言え、装備変更もせずにダンジョン探索に向かったのは失敗だったな。
 だが、最新の大口径対物ライフル、口径30㎜の対物ライフルでも、体高10mの鉄塊相手にどれだけの効果を発揮できるかは分からない。
 高峰嬢の持つ刀は、刃渡り120㎝の大太刀だが、巨大な機械にとってはちょっと長い針みたいなものだろう。

 未だに会敵していないが、もしかするとこのダンジョンは、今の俺達とかなり相性が悪いのかもしれないな。
 そう言えば、と俺は武器屋に戦車と戦闘機が売っていたことを思い出す。
 ダンジョンの広さを考えても、大型兵器の運用に支障はないはず。
 いや、操縦方法知らなかったわ。

 そこまで考えたところで、無人機が敵らしきものを見つけたようだ。
 しかし、次の瞬間には、無人機ごと敵らしき反応が消失した。
 撃墜されたね、これは。
 機械生命体にとって、電波ステルスと全環境型迷彩システムは、脅威足り得なかったらしい。

 どうやら本当に俺達とは相性が悪いみたいだ。
 そして、無人機を見つけたことで敵が活発化したようで、いくつかの無人機が次々にロストする。
 急いで無人機を呼び戻すも、6機がやられてしまった。

「高峰嬢」

「なんですか、ぐんまちゃん?」

「今回は苦戦するかもしれない」

 流石にこのダンジョンでは、今まで同様に無暗に突っ込んで敵を蹂躙という訳にはいかない。
 俺の警告に高峰嬢は、可愛らしい力こぶを作ることで返した。

「大丈夫ですよ、どんな敵が来ても私がやっつけちゃいますから!」

 朗らかに笑う高峰嬢を見ても、俺の不安が晴れることはなかった。



 俺の目の前には、ガラクタと化した金属の塊が無数に転がっている。
 それらから飛び出ているチューブ。
そこから流れ出ている黒色のオイルが、白く清潔な床材を汚す。
バチバチと、時折引き千切られた電線から火花が散るが、その程度では引火しないようだった。

「勝っちゃったねー」

「刈っちゃいましたー!」

 全て俺の杞憂でした!

 体が巨大な分、内蔵する魔石は多いのか、一体の死体から採れる大量の魔石を従者ロボが採取している。
 その光景を眺めながら、俺は改めて高峰嬢の化物っぷりを再認識した。
 いやー、つえぇわ、この娘。

 初っ端から12体の巨大ロボと相対した時は、無人機を突っ込ませて退却も考えたことが今では良い思い出だ。
 アニメや漫画でしか見たことがない巨大ロボを、少女が刀一本で叩き斬っていく光景は圧巻だった。
 そして予想通り豆鉄砲とかした28式小銃は、もう絶対このダンジョンには持ってこない!

 そのままダンジョンの探索を進めた俺達だが、一つの大きな問題にぶち当たってしまった。

「ぐんまちゃーん…… このダンジョン広すぎますよー…………」

 そう、全てが5倍スケールで作られているので、部屋と部屋を移動するのも一苦労なのだ。
 おまけに棚やテーブルの高さが高すぎるせいで、引き出しの中やテーブルの上を調べるのも重労働と化す。
 いくら高峰嬢と言えども、高さ5m、10mクラスのテーブルや棚の上に飛び乗ることはまだできないため、無人機にロープを引っかけてきて貰って、それを伝ってよじ登ることしかできない。

 結果、一つの部屋を探索するのに1,2時間は平気でかかってしまう。
 そうしてやっとこさ、3つ目の部屋の探索を終えると、エントランスに潜ませていた無人機が異常を感知した。
 俺はタブレットを操作して、無人機からの映像を見る。

 エントランスには、アレクセイ達以外にも人々の集団が存在していた。
 アレクセイ達は、俺と話していた時には存在しなかった戦車やUAVを並べて、もう片方の集団と対峙している。
 もう片方の集団は、巨大なロボットや強化装甲歩兵、NINJAを擁していることから、高度魔法世界第1層を制した人類同盟のようだ。

 彼らの様子を見る限り、第三次世界大戦時の同盟と連合の両陣営ではっきり分かれていることが窺い知れる。
 しかし、まだお互いに銃を向けてはいないようなので、こんな状況で争うほどの険悪な関係ではないと思う。

 両陣営は、アレクセイと赤髪の女が代表で話し合っているようだが、話し合いはなかなか荒れているようだ。
 見たところ、女が何かを訴えているものの、アレクセイの方が素っ気なく断っているように見える。
 そして、そんな話し合いを見ている人類同盟側が、やや殺気立っているご様子。
 アレクセイ達連合側、仮称国際連合は、同盟側程ではないが、殺伐とし始めていた。

「こりゃあ、地球内部でも戦争あるかもな」

 こんな状況なのだから、もう少し仲良くできないものかねー。

「この隙に私達が利益を掠め取っちゃいましょー!」

 高峰嬢からあからさまな漁夫の利発言が飛び出した。
 確かに第三次の時、我らが祖国日本は平和憲法を名目に同盟と連合の両陣営を、立場を明確にしないままのらりくらりと彷徨った。
 その挙句、戦争で工業地帯が壊滅した各国に対し、膨大な物資を人道支援という名目でどちらにも輸出し、莫大な利益を稼ぎ出していたな。
 そして戦争後半に憲法を改正して、同盟側に加入、艦隊戦力が壊滅した中露を圧倒的な海軍力で蹂躙していた。

 過去の歴史を思い出していると、人類同盟と国際連合の話し合いは決裂したらしく、お互いに武器を向けあって、臨戦態勢に入っていた。
 うん、ダンジョン探索どころじゃねぇな。
 俺は顛末を見届けないまま、タブレットの画面を切り替える。

「よし、ダンジョン探索を続けるぞ!」

「おー!」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ