挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
俺と君達のダンジョン戦争 作者:トマルン

第一章 導入や基本的な諸々

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

21/81

第二十話 なんだかイケそうな気がしてきた日本

「ううぅ、ずみまぜんでしだぁ」

 俺の服を掴みながら、高峰嬢がずっとべそをかいている。
 どうやら、敵の言葉に乗せられて、尋問中に殺してしまったことで予想以上に落ち込んでいるらしい。
 俺としてはそこまで気にしてない。

 元々彼女が捕獲した敵だ。
 それにあの様子では、例え尋問を続けていたとしても、アへ顔ダブルピースにでもならない限り、あの天使が口を割ることは無かっただろう。
 そんなことよりも、敵の頭蓋を握り潰した手で俺の服を掴まないで欲しい。
 もちろん、口には出せないが。

「良いって、良いって。
 仕方ないって」

 俺は神殿群にC4を仕掛けながら、彼女を励ますも、中々頑固なようで一向に泣き止まない。
 面倒臭い女だな!

「わだじ、もっと頑張りまずぅ」

「うんうん、君にはこれからも期待してるから!
 大丈夫だから!」

 俺がせっせと爆薬を仕掛けているのは、言うまでもなく明日の探索の為だ。
 今回の探索で得た魔石は、各種合計400個。
 初回なのかやや少なめだが、普通に考えれば大収穫だ。
 そして、これだけ殺せば、次回までにモンスターはより多く補充されるだろう。

 そいつらが、スタート地点の台座近くに潜まないとは限らない。
 魔界ダンジョンでは、殲滅するたびに魔物達はより戦術的に進化していた。
 ここでもそうならない保証はどこにもない。
 俺達が現在制圧している地域に歩哨を置ければ良いのだが、たった二人ではそれも厳しい。

「わだじぃ、今までもがんばっでまじだがぁ?」

「うんうん、頑張ってる頑張ってる。
 色んな意味ですげぇよ、君は本当にすげぇよ」

 俺は考えた、開戦ブッパかますしかねぇな、ってね!

 その結果が、スタート地点の周囲数十箇所の神殿に仕掛けられたC4爆薬だ。
 今や俺の指先一つで、半径200mのあらゆる建造物が盛大に爆破される。
 もちろん俺達以外の探索者が巻き込まれないように、スタート地点の台座の上には英語の看板で爆弾の事を説明済みだ。
 他の探索者からすれば傍迷惑はためいわくな話だが、英語で看板を作製したので、俺達チーム日本の仕業だとはばれないだろう。

「わだじのごど、あぎれだりじないんでずがぁ?」

「しないしない、頼りにしてるよ?
 いや、本当にね」

 そこまで考えて、俺はとんでもないことに気づいてしまった。

 俺のやった裏工作、日本政府に生中継されとるやん!

 最近は端末からのミッションが無いので、すっかりその事実を忘れてしまっていた……!

「ぐぅんまぁぢゃぁぁぁぁぁぁん!!」

「ぐぇっ」



『ミッション 【乗り切れそうな気がしてきました】
 資源チップを納品しましょう
 鉄鉱石:100枚 食糧:50枚 エネルギー:200枚 希少鉱石:100枚
 非鉄鉱石:100枚 飼料:50枚 植物資源:50枚 貴金属鉱石:50枚
 汎用資源:10枚
報酬 LJ-203大型旅客機 2機
依頼主:経済産業大臣 鈴木市太郎
コメント;国民全員が応援してます!』

 開始5日目にして日本はなんかイケそうな感じらしい。
 そして要求に遠慮がなくなってやがる。
 まあいい、こうなったら祖国を資源大国にしてやるのも一興と言うものだ。

「よっしゃ、今日も元気に天使狩りだ!」

「おー!」

 扉を開いて、チラッと確認。
 台座周辺の神殿群は、昨日と同じく静けさを保っている。

『目星』『捜索』『聞き耳』

 いつもの3セットをこなすと、出るわ出るわ。
 全ての神殿から発光し、数えきれない程の息遣いが耳に入った。
 俺は迷わず、起爆スイッチ機能もあるタブレットをタッチする。

『――――――』

 一瞬だけ凄まじい音が聞こえると、その直後から何も聞こえなくなる。
 目の前に広がる凄まじい砂埃は、台座の上には見えない壁があるのか、侵入できていない。
 その分、台座周辺を埋め尽くし、辺り一面灰色だ。

 全く何も見えない。
 そして、何も音が聞こえない。

 振り返って高峰嬢を見ると、俺と同じような状況だった。
 流石の耐久24も、ここまでの爆音は防ぎきれなかったようだ。
 俺は迷わずポーションをお互いの耳に垂らした。

 開戦ブッパはロマンだけど、今度からは耳栓しよう。



「瓦礫だらけですねー」

「そうだな」

「何も見つかりませんねー」

「そうだな」

「おっ、敵が出てきましたよ」

「3時の方向、敵航空戦力に対し射撃開始」

 号令一下、ロボット達から伸びる4本の火線に、新たに出てきた天使達が次々と絡め取られていく。
 対空射撃用に持って来ていた12.7mm M2重機関銃は、如何無くその威力を発揮したようだ。

 しかし、敵はすぐに学習し、密集体形を解いて空中に広く分散した。
 まあ、そうするよな。
 普通はそうする。
 というか、そうするしか方法がない。

 ちょうど良いタイミングで、重機関銃の弾も撃ち尽くした。
 3割は撃ち落とせたが、5割は健在、残り2割は重軽症。
 所詮4門の対空射撃では、こんなものだろう。

「高峰嬢は中央に突撃、美少女は右翼を、美少年は左翼を射撃」

「ヘイヘーイ、今日は良いとこ見せちゃいますよー!」

 神殿の屋根から屋根へ飛び移っていく高峰嬢を見送ると、武装を重機関銃から30式6.8mm軽機関銃に変更したロボット達が射撃を開始した。
 俺は対空射撃も考慮して、いつもの26式短機関銃から28式6.8mm小銃に変えている。
 まあ、俺では銃を変えたところで、飛行中の敵には当たらないんだけどな。
 その癖、26式と比べて重いのが、地味に辛いところだ。

「今日のノルマは7、800体か?
 やれやれだぜ!」

 どうやら今日も夜帰りのようだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ