挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
俺と君達のダンジョン戦争 作者:トマルン

第一章 導入や基本的な諸々

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

13/81

第十二話 青年とお嬢様、物の価値を知る

「ぐーんーまーちゃーん、あーさーでーすーよー!」

 代理戦争に巻き込まれて3日目の朝、俺は昨日と同じく美少女の呼び声で目が覚めた。

「おはよう、高峰嬢。今日も素敵な朝だな」

 昨日の出来事もあり、急いで着替えて扉を開ける。

「おっ、昨日よりも速いですねー」

 高峰嬢は、感心感心、と朗らかに笑っていた。
 その表情から無理をしているようには感じられない。
 昨日の夜、ダンジョンから戻るなり、俺の背中からずっと離れなかった少女の姿は、期間限定だったようだ。

「朝ごはん、出来てますよ!」

 ニコリと笑う高峰嬢につられて、思わず俺も苦笑いしてしまった。
 やっぱつえぇよ、君は。



 程良く焼き目がついたアジの開き、一切の乱れなく均一に巻かれた出し巻き卵、種々の野菜が混ぜ込まれた五目きんぴら、豆腐とワカメのお味噌汁は湯気が立ち、炊き立てのご飯は米粒の一粒一粒がキラキラと輝いている。
 一汁三菜、日本の伝統を守りつつも栄養といろどりが考えられた、完璧な朝食だ。

「どうぞ、召し上がれー!」

「いただきます」

 食べた感想は、美味しい、の一言に尽きた。
 アジの開きは、油を閉じ込めつつふっくらと焼き上がり、出し巻き卵は、出汁の風味が調度良く纏まっている。
 五目きんぴらは、丁寧に灰汁抜きされたのか、やや薄目な味付けながらも風味が口内に広がっていく。
 白味噌で作られた味噌汁は、しっかりと出汁が取られているし、ご飯は炊飯器が無いのにもかかわらず、米粒がふっくらと炊きあがっている。

「ごちそうさまでした」

「お粗末さまです!」

 様式、見た目、栄養、味、全てにおいて完璧な朝食を作り上げた高峰嬢は、綺麗に無くなっている俺の皿を見て、嬉しそうに微笑んでいた。
 うん、この子、女子力高いね。

「そういえば、今日は朝から道具屋とかに行くんでしたね?」

 食後に緑茶で一服していると、高峰嬢が不意に今日の予定を聞いてきた。

「ああ、資金もある程度は貯まってきたし、今更ではあるが、色々と装備を整えておきたい」

 今の高峰嬢の格好は、フリルの付いた白い長袖ブラウスに濃紺の膝丈スカート、黒ストッキングというTHEお嬢様スタイルだ。
 ワンポイントで襟元にまかれた桜色の細いリボンが、彼女の清楚さを際立たせている。
 着替えが無いために初日から変わらないその服装に、マントを羽織ると彼女の戦闘装束になる。

 今までは彼女の圧倒的な戦闘力と全身ゴアモードで気にしていなかったが、まともに考えると、あまりにも軽装過ぎる。
 どうせ血塗れになるのだから、この際オシャレなどガン無視で、全身装甲服で良いんじゃないか。

 それに万が一ダンジョン内で怪我をした場合、日本から支援された薬品では、即座に効力が出るのなんてモルヒネぐらいしかない。
 次元統括管理機構とやらが管理している道具屋ならば、ゲームで定番のポーションとか傷薬的なものがあるのではないか。

 今の所持金は、各種ミッションと魔石の売却分を足して約120万円ほど。
 購買関連はずっと放置していたので、どの程度の価格設定なのかは分からないが、それなりの物は買えるはずだ。



 食後の休憩を終えた後、俺達が最初に訪れたのは道具屋。
 武器や防具を使う戦闘に関しては、現状、高峰嬢の虐殺劇場と化しているので、万が一に備えた保険を必要としたからだ。
 カウンターに置いてあるパソコンで検索すると、お目当ての品は簡単に見つかった。
 しかし……

「うわっ…… 俺の所持金、なさすぎ……?」

『下位ポーション:損傷部位に振りかけると、HP20回復分の修復を行う
 1000万円
 中位ポーション:損傷部位に振りかけると、HP100回復分の修復を行う
 1億円』

 正直、歯が立たなかった。
 それなりの物は買えるはず? 誰だよ、そんな戯言ざれごとほざいた奴は?
 俺でした。

 俺達はそそくさと道具屋を後にし、武器屋へ移動する。
 できれば高峰嬢に刀以外の武器を買ってあげたかった。

『覇王の大剣:第11262世界の半分を支配した王の愛剣
 64億円
 精霊王の黄金盾:第7836世界を守護する精霊王の盾
 80億円
 F-3艦上支援戦闘機:第118世界で最初の第六世代戦闘機
 180億円』

 あれれー、可笑しいぞー、普通の武器が無いなー?
 最も安い武器は『10式戦車:5億3000万円』だった。
 おそらくラスボス戦まで、この武器屋に来ることは無いだろう。

 最後の希望をかけて、俺達は防具屋に辿り着く。
 端末に表示された120万という数字が、やけに頼りなく感じる。
 頼む、庶民に優しい世界であってくれ!

『戦乙女の聖銀鎧:あらゆる邪なものを寄せつけない
 6800万円
 32式普通科装甲服3型:100m先から撃たれた12.7mm弾を防ぐ
 18万円』

 あれ、なんか安く感じるぞ?
 でも買えない。
 32式装甲服は買えるけど、既に俺と高峰嬢で2着ずつ持っている。

「お金が無いって辛いですねー」

 高峰嬢の寂しそうな声が、俺の心を締め付けた。
 どうやら祖国からの本格的な財政支援が必要なようだ。
F-3艦上支援戦闘機:i3ファイターの艦上機バージョン。アジア最強の第六世代戦闘機。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ