挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

31/529

29 進化してもやることは同じ

 第一獲物発見。

『エルローフロッグ LV5 ステータスの鑑定に失敗しました』

 もはや見慣れた蛙。
 けど、レベルが今まで見たやつの中で一番高いな。

 うーん。
 進化して私の能力値がどのくらい変わったのか、試してみたい気もする。
 進化っていうくらいだから強くなってるとは思うんだけど。

 でもなー。
 レベルも1に下がってるんだよねー。
 今まで上げた分のレベル補正がそのままならいいんだけど、もしレベル1相当に減ってるんだとしたら危ないよねー。
 まあ、多分そんなことはないと思うんだけど、ゲームによってはそういうシステムもあるからなー。
 一時的に弱体化するけど、育て直せば進化前より強くなる的な。
 やりこみ系のゲームとしては間違ってないけど、現実でそれやられると結構死活問題だな。

 うん。
 多分大丈夫だとは思うけど、ここは安全策で行こう。
 少しでも不安があるなら無謀なことはすべきじゃない。
 自分の命がかかってることだし、慎重に慎重を重ねていこう。

 スススと壁を登っていく。
 そのまま天井にまで行き、逆さまになって進んでいく。
 蛙の真上まで来たところで糸を使って体を固定。
 それとは別の糸を出して、前足に小さな網を作っていく。
 準備完了。
 糸を蛙の方に垂らして、そこを伝っていく。

 3、2、1、ゴー!

 手に持った網を蛙に被せるように、頭上から急襲する。
 蛙は避ける間もなく網に囚われ、網と同時に蛙の上に覆い被さった私が、さらに追加の糸をその体に吹きかける。
 蛙の身動きが完全にできなくなった状態で、網越しにガブッ!

 うむ。
 我ながら鮮やかな狩りですな。
 そろそろアサシンを名乗ってもいいかもしれぬ。
 くくく。
 この糸と牙から逃れられるとは思うなよ?

 あー、とりあえず仕留めた蛙をいただこう。
 いただきます。

 しかしあれだね。
 進化してもやること変わってないっていうね。
 当初の目標だった実戦経験を積むっていうのも、こうなっちゃうと霞んでる気がする。
 だって、ここいらの魔物って大体私より格上なんだもんよー。
 まともにやりあったら命がいくつあっても足りないわけよー。
 もう少し適正レベルってやつを考えちゃくれませんかねー。
 奇襲からの暗殺コンボはめっちゃ上手くなったけどさー。
 けど、巣作ってたら奇襲する機会はないし、そうなると巣を突破してきた相手とやり合う力をつけるっていう、最初の目的からは外れてる気がする。

 ………イヤイヤ!
 進化したし!
 レベル上がるし!
 素のステータス上がればそれだけ有利だし!
 今までの行動無駄じゃないし!
 そういうことにしとこうし!

 ふー。
 危うく私のここらへんの活躍が無意味になるとこだったわ。
 危ない危ない。

 うむむ。
 しかし、現実問題、いつまでも奇襲に頼りっぱなしっていうのは危ないよなー。
 マイホームを失ったのも、マイホームの力を過信してた部分があるからなー。
 ここらで一つ、何かもう一つ武器になる何かの開発をしときたい。
 といっても、すぐ思いつくようなら苦労はないんだけどねー。

 パッと思いつくのだと、やっぱ効果不明の外道魔法かな?
 コイツさえ使えるようになれば新しい戦術が開拓できるかもしれないのに、使い方がわからない。
 ぐぬぬ。

 人間だったら人づてに使い方を教わるとか出来たのかなー?
 まあ、そんな仮定の話をしても仕方ないんだけど、全部自分で解決しなきゃならないっていうのは、楽なこともあるけど面倒なこともあるな。
 無駄に人付き合いしなくていいのは楽だけど、こういう自分一人じゃどうしようもないことに直面すると面倒だなー。
 どっちにしろこの姿じゃ、人間と交流を持つことなんてできないだろうけどね。
 私しゃべれないし。

 念話とかがあったらそれもできなくはないのかな?
 そういえば、レベル10になったことだし、そろそろスキルポイントも貯まってきてるんじゃないか?
 1レベル10ポイントのスキルポイントが貯まってるって仮定すれば、100ポイントになってるはず。
 100ポイントで鑑定が取得できたんだし、そろそろ新しいスキルが獲得できるかもしれない。

 というわけで天の声(仮)さーん、スキル取れない?

《現在所持スキルポイントは200です。
 スキル『念話LV1』をスキルポイント100使用して取得可能です。
 取得しますか?》

 おおう。
 本当に取得可能なのか…。

 んー。
 ていっても現状念話なんかとっても使い道ないし。
 これは却下で。

 けど、200ポイントも貯まってたのか。
 ということは、1レベルにつき20ずつポイントが貯まってたわけだ。
 あー、それじゃ6レベルになった時になんかスキル取れたってことじゃん。
 鑑定のこともあるから、取った直後は使い物にならないだろうけど、地道にコツコツスキルレベル上げていれば、今頃使えるようになってたかもしれない。
 これはちょっともったいないことしたかも。

 ん?
 いや、待て待て。
 ちょっともう少し記憶をよく思い出してみよう。
 私、6レベルの時にも確かなんかスキル獲得できないか試したよね?
 あれ?
 そのときはポイント不足ですって言われなかったっけ?
 んんん?

 あれか、考えられる理由としては、レベルの高さによって獲得できるポイントが増えるパターンと、進化によって増えたパターンと。
 どっちもあり得るけど、今更検証のしようもないしなー。
 とりあえずポイントが増えた理由については置いておこう。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ