挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

230/529

S27 悪夢の残滓

 岩の上にいるそれ。
 真っ赤な8つの目が無機質に俺のことを見つめる。
 大きさはさほど大きくない。
 けど、その存在感はこれまで見てきたどの魔物よりも大きい。

 俺は動けない。
 他のみんなも同様だ。
 まるで固まったかのように微動だにできない。
 その白い蜘蛛の姿をした魔物に、心臓を鷲掴みにされてしまったかのようだった。

[勇者?]

 不意に、声が聞こえた。
 それは、音としてではない。
 念話だった。
 俺に向けられたものではない。
 俺はただ、何者かに向けて放たれたその念話を傍受したに過ぎない。

[勇者]

 そして、その何者かは、いつの間にかそこにいた。
 そこらじゅうにいた。

[支配者?]
[支配者]
[支配者]
[鑑定不能?]
[鑑定不能]
[鑑定不能]
[支配者?]
[支配者]
[支配者]
[転生者?]
[転生者]
[転生者]
[でも弱い?]
[弱い]
[弱い弱い]

 そこらかしこから響いてくる念話の声。
 いつの間にか、床に、壁に、天井に、いたるところにそれらはいた。
 無数の赤い視線。
 見渡す限りの、白。

 あまりの光景に思考が停止する。
 いや、考えろ。
 こいつらはしっかりとした意思の下、言語を駆使している。
 その中には聞き捨てならない単語もある。

「転生者を知っているのか!?」

 俺は意を決して語りかける。
 バスガスさんが目を見開くのがわかったが、これだけはどうしても聞かなければならない。

[知ってる]
[知ってる]
[知らないわけがない]

 答えが返ってくる。
 意思の疎通ができている。
 こいつらは知性なき魔物なんかじゃない。

「なぜ、それを知っているんだ?」

[マスター]
[マスター]
[マザー]
[マザー]

「そのマスターは、転生者なのか?」

[そのうちわかる]
[そのうち知る]
[すぐに知る]
[すぐにわかる]

「どういう意味だ?」

[宣言]
[宣告]
[終わりの始まり]
[世界が始まる]
[世界が終わる]

 白い影が徐々に消えていく。

「待ってくれ!どういう意味なんだ!?」

[知る意味はない]
[どうせ死ぬ]
[みんな死ぬ]
[生き足掻けばいい]

 言外に、それまでは見逃してやると、そう告げられた気がした。
 そして、悪夢の残滓は俺たちの前から姿を消した。




「バカ野郎が!」

 バスガスさんの拳が俺の顔面を捉える。
 俺は抵抗せずにその拳を甘んじて受け入れた。
 なおも俺に殴りかかろうとするバスガスさんを、ハイリンスさんが羽交い締めにして抑える。

「言ったはずだ!坊主の迂闊な行動で仲間が死ぬかもしれないとな!」

 羽交い締めにされながらも、バスガスさんは怒気を顕わにして怒鳴る。
 今にもハイリンスさんを振りほどきそうな勢いだ。

「まあまあ。こうして無事に済んだんですからいいじゃないですか」

 先生がとりなし、バスガスさんは動きを止める。
 まだ、怒りは収まっていなさそうだけど、これ以上暴れることはなさそうだ。

「すいません。どうしても、聞かなければならなかったんです」
「それは、死んでもか?」

 ギロリと睨まれる。
 そう言われると、何も言えなくなる。

「坊主が勝手に死ぬのならいい。けどな、それに他人様を巻き込むんじゃねえ。自殺がしたいんなら1人でやれ」
「バスガスさん、言い過ぎですよ」

 先生がバスガスさんを嗜めるが、これはバスガスさんのほうが正しい。
 俺は、俺が知りたいというだけの理由で、危険な悪夢の残滓相手に勝手な行動をとったんだ。

 バスガスさんがハイリンスさんを押しのける。
 もう暴れることはないと判断したのか、ハイリンスさんはあっさりとバスガスさんを放した。
 バスガスさんはそのまま少し離れたところにある岩に背を預け、ズルズルと座り込んだ。
 よく見ればその顔色は悪い。
 バスガスさんは悪夢に昔遭遇したと言っていた。
 トラウマを刺激されていたのかもしれない。

 改めて他のみんなを見れば、カティアとアナは座り込み、ハイリンスさんも若干顔が青い。
 平気な顔をしているのは先生だけだ。

「大丈夫か?」

 座り込むカティアとアナに話しかける。

「腰が抜けて立てませんわ」
「面目ありません」

 それぞれ泣きそうな顔で見上げてくる。
 若干鳥肌もたっており、よっぽど怖い上に気持ちが悪かったのだろう。
 魔物としては比較的小柄とはいえ、大きな蜘蛛に囲まれたらそりゃ気持ちが悪い。
 俺でさえ気持ちが悪かったのだから、女性陣はなおさらだろう。

「先生は良く平気な顔をしていますわね?」
「いえ。平気じゃありませんよ?ガワだけ見れば可愛かったんですが、あの中身はちょっと気味が悪かったですし」
「可愛いって…」

 あ、それはキャラ作りじゃなくて本気で好きだったんだ。
 先生、前世からゲテモノ好きだったからなー。
 それもキャラ作りの一環だと思ってたけど、本気で蜘蛛とか好きらしい。
 意外だ。

「ところで、あの子達が言っていたこと、どう思います?」

 あの悪夢の残滓達が行っていた謎の言葉の数々。

「わかりませんね。情報が少なすぎる」

 そもそも、悪夢の残滓と呼ばれるあの魔物たちは一体何なのか?
 こちらの情報を見破ったことから、高レベルの鑑定スキルがあるのは間違いない。
 加えて、人語を理解するだけの知能。
 俺に気づかれることもなくあれだけの数が集まってきた隠密性。
 念話まで駆使する仲間同士の連携。
 断片だけでもこれほどの能力を持っている。
 もし、戦いになったら…。
 勝てる気がしない。

「終わりの始まり。みんな死ぬ、か」

 悪夢のような不吉な言葉。
 それだけが、頭の中にこびりついて離れなくなった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ