挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

人間嫌いの黒軍師

作者:葉折影人

 世界は終わる。哀しき女性の手によって。
 灰色の空からは季節外れの雪が降り、今にも消えてしまいそうな歌が街に響く。きっと今も、たくさんの命が消えていることだろう。けれど嘆くことはない。ある少年の活躍によって、消えかけていた運命が繋げられた。
 
 たくさんの哀しみが、街を彩る花のように咲く。
 
 ある少年は、かつての師をその手で殺めた。
 ある青年は、その死をきっかけに目を覚ました。
 ある異形は、ようやく自身に答えを出した。
 
 悪霊使いは、さらなる悲劇に命を落とした。
 
 まったく、本当に嫌な話だよ。
 でもこれは、まだ決まった運命ではない。
 ここではそうなってしまったけど、まだ希望は残っている。もしこの話に主人公がいるのなら、それはきっとあの少年だ。彼にはこの哀しみを変える力がある。でも彼の払う犠牲は大きい。運命の残酷さを感じるよ。だけど、少年はそれを受け入れた。
 だから俺ははっきりと言える。
 彼こそが主人公だ。
 
 ……でも、やっぱりこう思うよ。
 全部ただの嘘だったらよかったのに。
 
プロローグ
ナガツキ
2017/08/17 00:59
トキヤ
2017/07/15 08:12
ヨルノ
2017/07/15 08:13
第一章
死神の噂
2017/07/22 07:13
通り魔との遭遇
2017/07/29 08:00
これからについて
2017/08/05 08:00
第二章
悪霊使い
2017/08/12 08:00
メッセージ
2017/08/19 08:00
寂しい星空
2017/08/26 08:00
第三章
トキヤの師匠
2017/09/02 08:00
生きる苦しみ
2017/09/10 15:45
もう一人の守護者
2017/10/06 06:21
第四章
灰色の記憶
2017/10/20 21:58
その歩みは止まらない
2017/10/20 21:59
最終章
混沌に思う人
2017/11/14 19:09
忘れた花びら
2017/11/14 19:09
軍師の選択
2017/11/14 19:11
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ