挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

1000Target Sequence

作者:ふにゃこ(水上える)
雪が降っただけで泣くのはおやめよ
大事な日なのはみんなが知っている
それでも泣いてしまうのなら
「おまえが脱落するのは泣いていたせいだから」と

誰かが誰かを切り捨てる理由を探している
どこかが誰かを切り捨てるための試練の日に
こんなものは戦争にすらたとえられるほど

ある意味限りなく野蛮で乱暴なやり方

もういい、首を切れ
首を切れ

こんな日には軽々しく運命が決まってしまう
水泡に帰す努力もあるだろう

それでもたどり着いた強者は
「諦めずに人事を尽くしたからだ」と言うだろう
どうしようもなく諦めざるを得なかった者を弱者にするだろう

だけれどその先のことを考えようか
こんな試験のその先も
大人になったその先も

どうしようもなく僕らは運に振り回されて
よじのぼれたり突き落とされたりするんだよ

サイコロを振る実験さながらにランダムに
生死すら決まってしまうことすらあるだろう

絶望したなら首を切れ!
おまえが生きるのはそんな世界なんだ!

逆に言えばこんなところでひとつふたつ失敗したって
どうってことないのさ
運がよければ道はひらける
それはまるで分かれ道が突然出現するようにね
まずはここが一本道だという先入観をお捨てなさい

さてね、努力はおまえを裏切るし才能もおまえを裏切るよ
だがそれを裏切りと感じたのならただの依存心だね
我々が巻き込まれているのはもっと大きなサイクルで
花と嵐が同居する宇宙規模の大宴会だ

暑いよりは寒い方が頭が冴えるからちょうどいいぜと
思えるようなやつがだいたいうまくいく

運がいいだなんてね、サイコロ振ってみりゃわかる
1、2、3、4、5、6、そうさ
どの目が出ても「ラッキー!」って
思えるやつが「運がいい」ってこと、それだけさ

舞い散る雪が花吹雪に見えてきたなら
そらよ、そろそろ歩き出してご覧な

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ