挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
オレがワタシで禁呪書物を操る者! 作者:松原 瑞

第二章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

50/50

2-28 遅いんだよ!

 水瀬と見境兄弟を逃がし、マーキスとホムンクルスの魔導士に対峙する形となった竜一は、策があるとは言ったが冷や汗をかいていた。

「……青春とはいいものですねぇ。美しい友情劇だ。実に感動的です」
「お前にもそんな時代があったのか?」
「まさか、私は人生の大半を魔術に費やしました。そのようなお涙頂戴は本の中でしか知りませんね」

 マーキスが右手を再度上げる。これを振り下ろせば今度こそ一斉にホムンクルス魔導士が一斉に襲い掛かってくるだろう。

「でもだからこそ、その友情劇を血塗られた猟奇劇に変えた際、生き残った者は絶望を味わうんですよねぇ」
「本当に趣味のワリィ野郎だ」
「えぇ、自覚しています」

 恍惚の表情を浮かべたマーキスが、まるで物語のモノローグを語るように、謳うように言う。
 右手は上げているが、自分に酔っているのか、はたまた余裕の表れなのか。どちらにしろ時間を稼ぎたい竜一にとっては好都合ではあった。

「お前、見境兄弟が何でIris(アイリス)に入ったか知ってるのか?」
「もちろんですよ。声をかけたのは私たちですしね」
「なに?」
「まぁ、正確には取引の延長で、彼らが私たちと一緒に行動していたと言った方が正しいですがね」
「……何の取引をしたんだ」

 竜一が霊装『鉄屑』を構えマーキスを睨む。しかしマーキスはどこ吹く風、竜一のその威嚇を威嚇と思わず、勝利を確信しているのか言葉を綴る。

「今あなたの目の前にいるホムンクルスたち。これは彼らの父である見境源治氏の研究成果なんですよ」
「なっ、これが……この人たちが?」
「えぇ。彼は魔術研究において天才ですからね。あの子たちが持っていた見境源治氏の研究ノートを見せてもらう代わりに、私たちの仲間にして差し上げたのですよ」
「ホムンクルス何か作って、何が目的だ!」
「そこまでは言えません。まぁ、近々大きなことをしようとしているみたいですから、その準備の一つとしてねとだけ」

 薄ら笑いを浮かべるマーキスは楽し気に、大仰に語る。

「彼らも中々頑張ってくれてはいたんですがねぇ。如何せん魔術師としての才能がコレっぽっちもない。そこにきてこの失態です。これは処分に至ってもしょうがないと私は思うのですよ」
「それはお前の論理じゃねーか。あいつらがお前に殺されて良い理由にはならねぇ!」

 つい、マーキスのその論に牙をむいてしまった竜一は、途端冷めた目を向けるマーキスに背筋を凍らせ。

「さ、そんなことよりアナタには最初の犠牲者としてこの劇を彩っていただきましょう。ありがとう、そしてさようなら」

 右手を振り下ろし、三十人以上の魔導士が襲い掛かる。
 ある者は短剣を、ある者は杖で魔法を。炎の矢が暗闇の森を明るく彩り、短剣が薄く届く月明りを反射し、眩く煌めく死の協奏劇を奏でる。

「チッ、オンオフの激しい野郎だ――!」
「さぁさぁ、踊り狂ってください!」

 後方にいる魔法部隊からの『燃え盛る炎(ファイヤーアロー)』が先んじて竜一へ襲いかかる。

「――『生命の輝き(デスペラードハート)』ッ!」

 数十本はあろう真っ赤な炎の矢が暗闇を照らし、猛然と竜一へ迫る。左右に広がるそれは竜一の逃げ場を奪い、サイドステップで避けるのは難しいだろう。水瀬がいれば『対魔法防御魔法(マジックシールド)』で守りを固めるが、それも今はできない。
 故に、竜一は固有魔導秘術(リミットオブソウル)――『生命の輝き(デスペラードハート)』を筋力補助に回さず、特殊技能魔法『千里眼』・『音霊』と併用し、反射神経を限りなく上げ。

「――セイ!」

 自らに迫る炎の矢だけを切り落としていく。

「ほう、つくづく器用な男ですねぇ貴方は。でも……それもいつまで持つかな?」

 一本二本……切り落とした矢の数が七本へ到達したであろう。時間にしてホンの数瞬。たったそれだけの短い時間であったが、竜一は額から大量の汗を流し。

「貴方の固有魔導秘術(リミットオブソウル)は自己強化系であると思いますが、反応速度を上げるというのは辛いでしょう。筋力補助なんかより数倍は消耗が激しいハズです」
「う、うるせぇ……」

 通常の生活では得られることのないであろう反射神経の強化は、身体への負荷もさることながら、普段体験しない反応の世界、それを処理する脳への負荷、それらの弊害は筋力効果に比べ数倍の体力を浪費する。

「ほらほら、休んでる暇なんてないですよ」
「――っ!?」

 十本目の炎の矢を切り落とした瞬間、竜一の目の前に飛び込んだのは手の届く範囲にまで入られた短剣を持つホムンクルス。
 明るく照らす『燃え盛る炎(ファイヤーアロー)』の陰に隠れ、短剣を持つホムンクルスが懐に潜り込んできたのだ。

「――ッチ!」
「……」

 左右は相も変わらず炎の矢が迫りくる。たまらず、竜一はバックステップで距離を空けようとするが。

「うぐぁっ!」

 それより早く、ホムンクルスの短剣が突きをつく形で竜一を襲う。身を捻じり避けようとするが間に合わず、短剣は竜一の脇腹を浅く切り裂き肉を削ぐ。
 切り裂かれた傷口は熱を帯び、燃えるような痛みが竜一を襲う。炎の矢に負けないほど赤い鮮血が脇腹から滴り落ち。

「ク……ソ……!」

 身をひるがえした勢いをもって、竜一は鉄屑を横薙ぎに払う。それは他の個体が見ているからか、ホムンクルスは屈んで躱すが、追撃の上段切りをお見舞いし。
 真っ二つになったホムンクルスは血を流すこともなく、霧となりその場で霧散する。

「まずは一人……あがぁぁああぁ!?」

 霧散した先から現れたのは何人目かのホムンクルス。無表情の彼女が短剣を竜一の左肩に突き刺し。

「こ……のぉ!」

 突き刺した短剣を持つホムンクルスの手を竜一が掴み、そのまま前方に迫る『燃え盛る炎(ファイヤーアロー)』の雨の盾とした。
 無数の炎の矢に身体を貫かれたホムンクルスは、またも霧となりて霧散するが、追撃の手は緩まず。

「左手が動かねぇ……こうなると鉄屑が重くなるし、軽量化でも考えるか?」

 右手のみで愛剣『鉄屑』を振り回し、迫りくる『燃え盛る炎(ファイヤーアロー)』を薙ぎ払う。
 しかし大振りとなるそれは、迫る炎の矢を処理しきるのは難しく、限界は時間の問題で。

「あぐぅぁっ!」

 右足に炎の矢が刺さる。

「どうやらこれまでのようですね。さぁ絶望の雄たけびを上げなさい!」

 立つことさえままならず、倒れることだけはしまいと満身創痍の竜一は、トドメと言わんばかりの『燃え盛る炎(ファイヤーアロー)』一斉射撃と、その陰から迫る短剣部隊を視界に捉え。

「……何を笑っているのですか?」

 不敵な笑みを浮かべる竜一はそれに応え。

「……すよ……」
「はい?」

 絶望とは程遠い雄たけびで応える。

「遅いんすよ! 会長!」

 突如、木から飛び降りてくるように、鬼姫こと帝春学園生徒会長の千歳沙月と副会長の木戸亮が現れ。

「四番から十番を展開! 木戸くん、竜一くんを守って!」
「もうやってますよ! 『大地の素養(グラウンドエレメント)――鉄の壁(アイゼンウォール)』!」

 刹那、竜一の前に鉄の壁がそそり立ち、千歳はその壁に着地すると。

「よくも私の可愛い後輩をいたぶってくれたわね。覚悟なさいよぉ! 四番から十番、一斉射!」

 千歳の周りに浮遊する七つの重火器がおびただしい量の銃弾を撃ち放つ。
 それは迫りくる全ての炎の矢を撃ち落とし、同時に飛び込んできていた短剣持ちのホムンクルスも蜂の巣……とはならず、鈍い音をたて吹き飛ばしていた。
 赤く燃え盛っていた森は、暗闇を取り戻し、一瞬の静寂を纏うと。

「これ以上貴方の好きにはさせません。この帝春学園生徒会長兼アイドル――千歳沙月ちゃんがお相手してあげるわっ!」

 月光を浴びた千歳が、高らかに名乗りを上げた。
お読みいただきありがとうございます!
ちょっと間空いちゃってすいません……。
年末年始は仕事が忙しいので、もしかしたら投稿が遅くなるかもしれません。
何らかの形で報告しまーす。

ご感想等ありましたらお気軽にお書きください!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

異世界で回復魔法チートはハーレムフラグではなかった!

RPGでは常に回復魔法使いばかりプレイしてきた主人公は、ある日いきなり異世界に放り込まれる。 その世界では『女性しか回復魔法は使えない』が基本ルールであり、厳し//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全899部分)
  • 83 user
  • 最終掲載日:2017/12/17 02:47
モブの男の子が美少女に生まれ変わってしまった話

ごく普通の男の子が美少女の体に脳移植されて、でっかく見える男達が怖くて涙目な話です。おまけに、美少女は性的虐待で自殺未遂で脳死したからか、体に焼きついた記憶で男//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全189部分)
  • 87 user
  • 最終掲載日:2017/11/29 20:36
TSエルフ娘はなるべくやりすぎない。

ごくごく平凡な男子高校生の南彼方(ミナミカナタ)は、帰宅途中に突然眩しい光に襲われ、意識を失ってしまう。 目が覚めると、見慣れぬ景色。そして、自身の体がエルフの//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全108部分)
  • 88 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 19:05
賢者の弟子を名乗る賢者

仮想空間に構築された世界の一つ。鑑(かがみ)は、その世界で九賢者という術士の最高位に座していた。 ある日、徹夜の疲れから仮想空間の中で眠ってしまう。そして目を覚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全241部分)
  • 109 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 12:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 83 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 81 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
ゲームキャラで異世界転生 ~トップランナーはよろず屋さん~

VRMMO全盛期にレトロ系MMORPGをプレイしていた主人公は、いつの間にか異世界に放り出された。しかも大平原のど真ん中、目の前には迷宮があるだけ。そこで保護し//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全258部分)
  • 72 user
  • 最終掲載日:2017/04/22 13:00
英雄の娘として生まれ変わった英雄は再び英雄を目指す

英雄と呼ばれた六人のうちの一人レイドは、単独で魔神と戦う羽目に陥り、相打ちとなって果てた。 怪しい神の導きの後、再び彼が目覚めた時、彼は赤ん坊として生まれ変わっ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全345部分)
  • 73 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 12:00
おんらいん こみゅにけーしょん

不良に虐待されていた子猫を助けようとした彼は、逃げる途中で階段から突き落とされて瀕死の重傷を負ってしまう。 激痛の中、死を覚悟して意識を手放した彼が目を覚ました//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全45部分)
  • 97 user
  • 最終掲載日:2016/08/05 14:22
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全293部分)
  • 74 user
  • 最終掲載日:2017/12/16 18:00
転生して前世の俺の妹になりました

彼、夕闇陸は何かにつけて、妹に暴力を振るわれていた。 ある日、そんな妹に耐えられなくなり、初めて怒ったが、その夜、寝ている間に逆ギレした妹に刺されて死んでし//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全147部分)
  • 73 user
  • 最終掲載日:2017/12/17 17:30
ご主人さまとエルフさん

トラックに跳ねられ、テンプレ通りに神様からチートをもらって異世界へ転移することになった如月秋夜という青年が居た。 これは異世界で自分の夢であった異種族ハーレムを//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全71部分)
  • 72 user
  • 最終掲載日:2013/12/02 12:22
最強の黒騎士♂、戦闘メイド♀に転職しました

二十七歳の若さで死んだ、最強にして最凶の黒騎士オブライトは、大きなリボンが似合う可憐なメイド、マリアとして生まれ変わる。戦闘メイドとして侯爵家で楽しく過ごす日々//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全72部分)
  • 76 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 16:26
幻想世界のアリステイル

現実世界で燃え尽き症候群気味な俺は、引きこもり大学生活でネトゲにはまった。 ある日、ふとネカマをしてみたくなって適当なネトゲを探してキャラクターメイキングをして//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全147部分)
  • 73 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 23:52
剣聖の弟子

記憶を保ったまま転生した異世界で、性別が男から女へと変わっていた。 更に転生先の両親が魔物に襲われて亡くなる不幸の中、初老の男性に助けられ、育てられる。 その男//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全150部分)
  • 75 user
  • 最終掲載日:2017/01/03 00:49
野生のラスボスが現れた!

時はミズガルズ暦2800年。かつて覇を唱え、世界を征服する寸前まで至った覇王がいた。 名をルファス・マファール。黒翼の覇王と恐れられる女傑である。 彼女はあまり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全197部分)
  • 97 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 18:20
無欲の聖女(旧題:無欲の聖女は金にときめく)

【12/28 ヒーロー文庫さまより4巻発売】お金が何より大好きな守銭奴少年・レオは、ひょんなことから、訳ありの美少女・レーナと体が入れ替わってしまう。 なんでも//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全148部分)
  • 100 user
  • 最終掲載日:2017/06/26 08:00
Only Sense Online

 センスと呼ばれる技能を成長させ、派生させ、ただ唯一のプレイをしろ。  夏休みに半強制的に始める初めてのVRMMOを体験する峻は、自分だけの冒険を始める。 【富//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全342部分)
  • 92 user
  • 最終掲載日:2017/05/04 00:00
TS転生してまさかのサブヒロインに。

────引きニートが死んだ時、物語は始まる。ハーレムを作りたい童貞は、異世界でどう生き抜くのか。 特に重いテーマとかは無いです。ドタバタギャグがメインの、軽い//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全59部分)
  • 93 user
  • 最終掲載日:2017/11/30 17:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全250部分)
  • 103 user
  • 最終掲載日:2017/12/15 00:00
いつまでも可愛くしてると思うなよ!

 傭兵団で生まれ育ったリデル・フォルテの願いは『世界最強の男』になることだった。それは一目惚れした公女様の力になるためであったが、リデルは地道な努力より一足飛び//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全332部分)
  • 77 user
  • 最終掲載日:2017/12/17 00:00
転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい

丁寧系無気力少年が異世界で転生したのは、吸血鬼の美少女だった。 剣も魔法もある異世界に、チート能力盛りだくさんで転生した主人公が求めるもの、それは――! 「三//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全170部分)
  • 103 user
  • 最終掲載日:2017/12/01 22:17
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全531部分)
  • 77 user
  • 最終掲載日:2017/12/17 21:19
巻き込まれて女の子になったボク

引き籠もり街道まっしぐらなボク――榊燈佳は高校入学を機に、親の手によって家を追い出された。そして用意された下宿先に行ったら、家主が不思議なおまじないをしていて、//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全166部分)
  • 81 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 19:02
リビティウム皇国のブタクサ姫

リビティウム皇国のオーランシュ辺境伯にはシルティアーナ姫という、それはそれは……醜く性格の悪いお姫様がいました。『リビティウム皇国のブタクサ姫』と嘲笑される彼女//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 99 user
  • 最終掲載日:2017/12/06 12:00
サキュバスに転生したのでミルクをしぼります

男をめくるめく快楽へと導く夢の恋人、それがサキュバス。 不慮の事故により、17歳の若さで命を落とした少年、蓬莱利一(ほうらいりいち)は、転生支援課の勘違いでサキ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全185部分)
  • 95 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 13:35
超ブサイクだった俺が容姿にスキルポイント全振りして転生した結果www

絶世の美少女としてTS転生してしまった主人公。 果たして彼(彼女)は幸せになれるのか?

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全35部分)
  • 76 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 22:46
美少女になったけど、ネトゲ廃人やってます。

 愛の告白に大失敗した高校生、訊太郎。彼の災難は続き、ニュースで話題の性転化病を発症してしまう。性別が逆転し、銀髪美少女に変貌した彼は、ショックのあまりVRゲー//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全172部分)
  • 138 user
  • 最終掲載日:2017/12/16 19:18
異世界から戻った俺は銀髪巫女になっていた

普通の男子高校生如月幾人は、異世界に召喚されて魔王を倒す旅に出る。 一年程の旅の末、ついに魔王を打ち倒した幾人だったが、魔王の最期の攻撃で相打ちとなり致命傷を負//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全133部分)
  • 95 user
  • 最終掲載日:2017/12/07 10:29
夜伽の国の月光姫

とある小国にアルエという美しい王女がいました。けれど、この国には隠されたもう一人の美姫、第二王女のセレネという少女も居たのです。セレネは、その異質さにより忌み子//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 89 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 00:00
悪役令嬢、庶民に堕ちる

如月家という資産家の家に生を受けた如月琴音。しかし家の権力を使い我儘し放題だった彼女は高校2年に上がる前に屋敷から追い出される。そのことにショックを受けた彼女は//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全98部分)
  • 84 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 07:00
↑ページトップへ