挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
突然姫って言われても困ります! 作者:*まるこ*(改名しました)

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

96/130

伏兵

フィル視点です。

※これより後、ちょっとフィルの恋愛脳がうごめきだす為、キャラが違くない?と感じられるかもしれません。ご注意ください。



キン…と刃が仕舞われた金属音が鳴り響く。


夜、誰もいない騎士団の鍛錬室でのトレーニングの日課を終え、軽く息を吐いた。


困った。

ティアが足りない。


それもこれも殿下のせいだ。

訓練と仕事の合間に会いに行こうとすると、「稽古に付き合ってくれる?」だの、時間のできる夜にティアを訪ねようとするとどこからともなくやってきて「婚前のケジメは大切だよね?」だのと。


全然近づけない。


くるくる変わりやすい表情に、キラキラと輝くエメラルドの瞳。
花のような香りのする琥珀の髪。
柔らかい笑い声も暫く聞いていない。


「はぁ…………会いたい…」

「同じようなこと言ってんねアンタら。こっちは無表情だけに怖いけど」

ぽつりとこぼした言葉に気配もなく背後にいたシュウが答えた。


「っ、…驚いた。アンタらって誰のこと」

「姫さん。寂しがってたよ。」

「は?」


ティアも自分に会いたがっているとしたら、結構、いや物凄く嬉しいけど。

「…何でそんなことを教えてくれるんだ?」

「俺は、姫さんの幸せな顔が見たいだけだよ」


パチクリと目を瞬いたフィルにはおかまいなしに「ちなみに、殿下は今日は明日に備えてもう眠ってるよ。」とニカっと笑って、音もなく去っていった。


思わぬ伏兵に居を突かれてしまったフィルは、今度は深い深い溜息を吐いた。

…ライバル多すぎじゃないか?
あの人たらしの姫君は…。

せっかくの助言を活かすべく、フィルは王宮へと足を向けた。
すごく悩んだのですが恋すると人はこうなるんでしょう、きっと…という広い目でご覧いただければ幸いです。

次の話はアップしていいものか…
悩ましいですが…
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ