挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
突然姫って言われても困ります! 作者:*まるこ*(改名しました)

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

35/130

今日のフィルは何だかおかしい。

フィルが…

ようやく部屋の前までやってきた。
もちろんお姫様抱っこされたまま。

ダンスホールからここまで遠すぎるわ!

途中誰にも会わなくてホントよかった!さすがに恥ずかしい。

「わざわざありがとう、フィル。もう大丈夫だから、降ろして?」

「ああ。」

「痛っ!?」

フィルが私を降ろそうとした時、
フィルの服のボタンに私の髪が引っかかってしまった。


「少し待って」

取ろうとしてくれるものの、変に絡んでしまったようで、なかなか取れない。
仕方ない、ハサミで切ってしまおう。

「フィル、ちょっと中に入ってもらってもいい?」
フィルは軽く目を瞠って逡巡したけれど、おとなしく従ってくれた。

「こっち」
フィルを誘導するために手を取り、鏡台まで歩いてハサミを探す。

「なに探してるの」

「ハサミ!」

「…ひょっとしてこの髪、切る気?」

「うん。サクッと。」

深いため息。え、駄目?

「ざんばら髪の姫なんか笑えないよ。もう少ししたら取れるからちょっとここ、腰掛けて。」
側にあるソファに座らされる。

その隣にフィルも座り、作業に取り掛かった。

もう大人しくしておこう…。

すぐ目の前ではフィルが髪の毛と格闘しているけれど、意外と不器用らしく、手つきがもどかしい。
でも、顔はかなり真剣だ。

まつ毛長いな…

息がかかりそうな距離に若干緊張してしまう。1日に何度もこの経験はそうそうできるものじゃない気がする。

「よし、取れた」

「やった!」

思わず2人で顔をみあわせたら、かなりの至近距離で見つめ合う形になってしまった。

しかもフィルの方が頭が上にあるから見上げる感じだ。

冷たいと思っていたブルーの瞳は、今は優しげに揺れている。あまりにも綺麗に揺れて、その瞳に吸い込まれそうになってしまう。

少し沈黙が流れた後、フィルはゆるゆると絡まりが取れたばかりの髪をすくい、キスをした。

「!!」

「綺麗な髪なんだから大事にしなよ」

そう言って口元を緩め、立ち上がった。
硬直してる私をよそに、「じゃあまた明日」と行ってさっさと立ち去ってしまった。

え…………?
何!?なんだったんだ!!!!
なにゆえ髪にキッス!

わたしフィルに嫌われてるんじゃなかったっけ?

もう今日のフィルはわけがわからない。

ダンスを教えてくれたり、お姫様抱っこをしたり、髪にキスをしたり。


動揺が収まらずベッドに飛び込んでジタバタ悶えていたら、疲れがどっと来たのか、私はいつの間にか眠りに落ちた。


急に甘いな…

読んでいただきありがとうございます!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ