挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

髑髏の宴

作者:九藤 朋
 黒い山の中、幽かな火明かりに、踊るは髑髏(されこうべ)たち。
 皆、生前の憂いを忘れ、軽やかに飛び跳ね、転び、遊戯する。
 猪や狸、狐などもそれに混じり、宴は陰々滅滅と賑やかになる。
 髑髏は語る。
 生前の悪行を。
 髑髏は語る。
 生前の苦悩を。
 髑髏は語る。
 生前の憎悪を。
 髑髏は語る。

 ――――――生前の愛を。

 生きて結ばれなかった者たちが今。
 髑髏となって結ばれるのだ。
 仲間の中央、火明かりの近くに進み出て、皆の前でまぐわうのだ。
 生前為し得なかった愛欲を今、果たすのだ。
 髑髏となりて、髑髏の姿で。

 女の髑髏は思う。

 女は大きな商家の跡取り娘だった。
 二親に散々甘やかされ、叶わぬ我が儘などないままに生きていた。
 あの頃はまだ世に苦いものなどあるとは露知らず。
 思えばそれが罪であったか。

 男の髑髏は思う。

 男は娘の商家に丁稚として入った。
 商売のいろはを叩き込まれ、店の主人には目をかけてもらった。
 やがて頭角を現し番頭となり。
 商家の娘と恋に落ちた。
 娘はより大きな商家との縁組が決まっていた。
 二人の仲を知った父親は激怒した。
 娘を親不孝者と、男を不忠者と罵り、男は店から放逐された。

 月の明るい晩だった。

 放逐される男に将来はない。前の店で信用を無くした男を、一体どこの店が雇うだろう。
 娘は監視の目を盗んで店を脱け出し、男の後ろをついて行った。
 赤い細帯を持っていた。
 橋のたもとあたりで、娘は男に声をかけた。
 最初で最後の言葉を言った。
 男は躊躇い、やがて頷いた。

 月の明るい晩だった。どこか赤めいた月だった。

 男と娘は互いの手首を赤い細帯でしっかり結びつけた。
 来世まで共にあるように。
 それから。

 それからひらりと。

 ひらりと橋から身を投げた。

 珍しい話でもない。
 ただ好き合った二人の末路。
 報われなかっただけの話。
 古今東西、よくある話。

 今、女となった娘は恍惚として麗しかった。
 青白い骨が火明かりを僅かばかり反射して艶めいていた。
 男は女に食らいつく。
 昏い月。
 二人でまぐわう。輪の中で。
 ぐるぐるぐるとした目眩と恍惚。

 抹香臭い説法は要らぬ。
 ただこの瞬間だけの愉悦を求める。

 女の髑髏と男の髑髏は、激しく求め合い幾度も結ばれ合った。

 それをしみじみ祝福するかのように、他の髑髏、猪、狐、狸も見守っていた。
 狂ったようにその周囲を踊り巡りながら。浮かれ騒ぎながら。
 跳んで跳ねて。

 狂乱の宴。
 髑髏たちの宴は夜が更けてもまだ続いた。


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ