挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

冒険者の休日

作者:phantom
異世界生活で必要なものは?
強い装備、強力なスキル、信頼できる仲間

確かにこれらはこの異世界で、生きていくためには重要だがもっと必要なものがあった。


俺はついこの間、異世界転生した異世界人だ。
「さあ今日はギルドは定休日だし、たまには異世界探索でもしてみようかな。」


ギルドで朝から晩まで依頼をこなしてきた俺の懐には駆け出しには十分すぎるほどの金があった。

ギルドでは住み込みでしかも食事と初期の装備も支給される、望めば新たなスキルを習得することもできるらしい。

「まさに夢のような世界だな」

町の中を歩いていると一人の男が声をかけてきた

「よう、新入りじゃないか」

ギルドの先輩だ、この世界の男どもは荒くれ者も多い、
普段は怖いくらいなのだが、俺はこの男を嫌いではない。
口調は荒いが俺のような新人の面倒も見てくれる。
声をかけた男も休日のためか、気さくに声をかけてきた。

「先輩、めかしこんで何かあるんですか?」

普段は無精ひげを生やし、頭もボサボサなのだが、今日は
そんな姿は一切感じさせない。
キッチリとした姿をしている。

「今からちょっとな……」

どうせ女がらみだろうと思った俺は、
ニヤついた男と別れ町を歩き始める。



「小腹が空いたな」

近くに、以前先輩に連れて行ってもらった、食堂があったの思い出し、
店を探す、思っていたより道は入り組んでいたために、時間がかかってしまった。


「やっと見つけた。」


店に入った俺は、おすすめ定食を注文し、しばらく店内の様子を眺めていた
そこに見知った顔の男と見知らぬ女がいた。


ギルドの先輩である、男は熱心に女の気を引こうと話を振り
機嫌を取ろうと悪戦苦闘している。


俺は、いつの間にかテーブルに置いてあった定食に手を付け
状況を見守ることにした。



食事が済むころには女の姿はなく男が二人分の食事を
むさぼるように喉へ詰め込んでいた。



俺は気づかれないように会計を済まし店を出た。






 店を出た俺は気を紛らわせるために、
別の店で酒でも飲もうかと町をぶらぶらと歩き探していた。

町中に見知った顔を見つけ声をかける。


「よう、新入り」
 「先輩」
「今から酒場へ行くからお前も来い!」
 「もちろん先輩のおごりですよね。」
「おう!今日は吐くまで飲むぞ!」

悲しいのか、嬉しいのか、わからない感情の中で男は普段の口調で声を出す


「やっぱり持つべきものは慕ってくれる後輩だな!」

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ