挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

グダグダ斜女神(⋈◍>◡<◍)。✧♡

作者:渋谷だよ(⋈◍>◡<◍)。✧♡
好き勝手に書いてしまおうということに落ち着きました。素人独特の世界観で展開される同性愛、ボーイズラブのテイストを入れつつの異世界ファンタジーです。女神、妖精、小人、邪念など異世界ファンタジーでお馴染みのキャラクターが出てくる学園モノです(⋈◍>◡<◍)。✧♡


トアル異世界。
「剣が最強だ!」
「魔法が最強だ!」
剣が1番強いと思っているアホな剣士と、魔法が1番強いと思っているバカな魔法使いがいました。
「物理攻撃が最強だ!」
「間接攻撃が最強だ!」
剣士は勇者や戦士から支持を得て、魔法使いは弓使いや狙撃手の指示を得て、世界を2分する第3次異世界対戦が開戦された。人類は地球を滅ぼす愚かな行いに怯えた。
「やめなさい! おまえたちに愛はないのか!? おまえたちは美しくない! 美しくない者には死あるのみ!」
その時、1人の女神が神々しい光を放ちながら地上に舞い降り、第3次トアル異世界対戦を終わらせ、世界を平和に導いたという伝説があった。

「私は世界を平和にしたい。」
この物語は、その女神の化身の話である・・・はず。

2017.10
カクヨム転載
10万字
WIKI貼り付けなし
愛神望
2017/10/09 19:18
時神巧
2017/10/14 05:44
愛美露出手
2017/10/17 04:30
斜め第1階層
2017/10/21 06:15
グダグダ斜女神 第2階層
2017/10/27 05:34
グダグダ斜女神 第3階層
2017/11/01 05:17
グダグダ斜女神 第4階層
2017/11/06 04:52
グダグダ斜女神 第5階層
2017/11/07 05:51
グダグダ斜女神 第6階層
2017/11/12 05:49
グダグダ斜女神 第7階層
2017/11/15 06:42
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ