挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

エッセイ

「底辺」と名乗るなかれ!

作者:加瀬優妃
 初めまして、加瀬優妃(かせゆうき)と申します。
 「小説家になろう」に参入して半年未満の、ヒヨッコです。
 このたびは『「底辺」と名乗るなかれ!』にお越しいただき、ありがとうございます。

 ……さて。
 どうやらこの投稿サイト界では、読者があまり訪れない階層のことを「底辺」というらしい。
 そう知った私は、自分でもその呼称を使用していました。

 でも、何か嫌だな。
 他人が揶揄してそう呼ぶ分にはいいが、何かひねくれた感じがする。
 何でそう感じるんだろう。
 ――そうだ。
 読者がいっぱいいる層を上層、つまり「高級住宅街」みたいに言うのに対し、この「底辺」は「すさんだスラム街」と言っているみたいだからだ。
 気に入らない。少ないから悪いとは限らないぞ。

 そこで思いつきました。
 私は……辺鄙な「田舎の住人」なのです。

 人がいっぱい賑わっているところは、いろいろなお店があります。
 ……大都会ですね。
 美味しいものを食べる店、スリルを味わう店……うろちょろすれば、素敵なお店がいっぱいあります。
 欲しいモノはすぐ手に入ります。

 一方、こちらは、辺鄙な田舎……。
 観光客もめったに訪れません。
 自給自足の生活をしています。
 見回すと、打ち捨てられた空家なんかもいくつかあります。
 でも……そこには、いろいろな人がいます。
 都会に出ようと頑張っている人。
 自分のペースでゆったりと暮らしている人。
 いいお店がなかなか見つからないかもしれませんが、探索してみると意外なものに出会えるかも知れません。

 ……どうでしょう。なかなかいい呼称だと思うのですが。
 ちなみに私は……細々と経営している民宿です。
 あまり人は来ませんが、おかみは元気に毎日、働いています。
 わずかですが、決まった頃に訪れてくれるお客さんがいます。
 まだ言葉は交わしていませんが、おかみである私は、そんなリピーターの方々に日々、感謝しています。

 さて、皆さん。「底辺」はやめて「田舎の住人」になりませんか?
 とっても前向きじゃないですか?
 まっすぐに顔を上げている気がします。

 この呼称が広がっていくことを願って……。

 失礼いたしました。




 閲覧ありがとうございます。
 最初は『「底辺」と呼ぶなかれ!』にしていたのを、変えました。
 他の人がそう呼ぶのは、好きにすればいい。
 でも、自らが名乗る必要はないでしょ、と。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ