挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

焚き火の前の神話

作者:竹割人形
 かつて神の不興を買い、文明が衰退した世界。僅かに生き残った人類は世界各地に散り散りになって生きていた。
 彼らが分かり合えるようにという神の願いに反して、人間達が変わることは無かった。
 殺戮兵器も言語の壁も無くなり、資源を取り合う必要も無いような人口になっても、人々の間から争いや悲しみが無くなることは無かった。
 そんな世界に疑問を感じた新たな神は、今度こそ人間を滅ぼすべきかどうか、その判断を下す為に下界へと降りた。
プロローグ
夜、静かな森の中
2018/01/12 18:00
悪い人
2018/01/12 23:03
2018/01/13 18:00
2018/01/14 18:00
2018/01/15 18:00
小さな人
2018/01/16 18:00
2018/01/17 18:00
生きていく人
2018/01/18 18:00
2018/01/19 18:00
何でもする人
2018/01/20 18:00
2018/01/21 18:00
2018/01/22 18:00
2018/01/23 18:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ