挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
月の入江 作者:緋絽
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

83/83

月の入り江

お久し振りです。緋絽と申します。
遅くなりました……!


「お待ちしておりました。ハルキ殿」
微笑む薄紫の聖女様は、大変可愛らしい。
「…………」
何を返せばいいかわからず、仕方なく会釈をする。
なぜ呼び出されたのか。
それがわかるまでは、迂闊なことはできない。
「あまり固くならず。楽になさってください」
私を案内してから彼女の側に控えた、侍従と思われる人がソファを示してくれる。
あんまり固辞するのも機嫌を損ねかねない。
私は座ることにした。
ここまで来たら肚も据えよう。
何がなんでも、帰る。レオンのもとに。
無礼にも当たらない、しかし特に気に入られもしない絶妙な態度を取るんだ、私! 何それ難しい。
「は。あの……私にいったいどんな御用でしょうか?」
私の質問に、聖女様は困ったように笑う。
「御用、ということもないのですが……。すみません、お忙しかったですか?」
お忙しくないけども。困ったな。
「いえ。本日は陛下より休息のお時間を賜っておりますので、特には。ただ……、その、お初にお目通りさせていただきますので、何か御不興でも買ってしまったのかと……」
「えっ」
えっ?
さあっと血の気を引かした聖女に、私は首を傾げる。
しかし聖女様は慌てふためいて侍従の方を振り仰いだ。
「ランス、どうしましょう。そんな、怒ってるつもりじゃなかったのに。わたくし、そんなに不機嫌な顔をしていましたか!?」
そんな聖女に、ランスと呼ばれた侍従が眦を吊り上げる。
ランスさんは40歳くらいのおじさんだ。すこぶる整った顔というわけではないが、細身の長身で優雅な物腰が、どこか垢抜けた印象を受ける。
「だから申し上げたでしょう。初対面ですのに、自身より高位の方から声を掛けられたら、まず不手際を叱られると思いますよ。しかもあんなタイミングでなら、なおさらですよ。そもそもねえ、当日に呼び出すというのも非常識なんですよとあれほど!」
「いやーーーー! わたくしはお話ししたかっただけです! お説教は後にして下さい! 聞きたくありません!」
「逃げるな! 前もって根回しするということを、今日という今日は教え込んでやる!」
私はといえば、ぽかんと口を開けるしかなかった。
つまりなんだ。さっぱりわからん。
とりあえず、怒られるわけじゃないというのはわかった。あとなんとなく、男として気に入られた訳じゃないような気がする。
聖女様が想像していたより、お転婆でありそうということもわかった。
空咳をした聖女様が、私に向き直る。澄ました顔をしているが、ランスさんに散々物理的に攻撃を受けていたせいで髪がぼさぼさだ。
「失礼致しました。わたくし、当代の月の巫女のユーグと申します。貴女と、お会いしたかったのです。クラモチハルキさん」
えっと驚いた。
私はさっき、ハルキ・クラモチとこちらの名乗り方をした。
でも、彼女は。
「貴女は……」
ユーグさんは優しく微笑む。
「私は、貴女がこちらとは異なる世界から来たことを知っています」
混乱した。と同時に警戒した。
何故、知っているのか? まさか彼女が呼び出した?
無言でそれとなく相手の出方を伺ったつもりが、彼女はそんなシリアス味の空気をぶち壊した。
「あぁっそんな警戒なさらないで! わたくしは月の巫女で、だから知っているのですっ」
「ユーグ様。もう少し詳しくご説明差し上げないと、おわかりになれないと思いますケド」
「確かにそうですね」
ぽんぽんと続く会話はよく出来たコントのようだ。
幾度もこのやり取りがなされてきたのだろう。
ぽかんとしている私に、ランスさんが頭を下げる。
「主が失礼をいたしました。僭越ながら、私からご説明させていただきます」
「あ、はい」
「この国の月の信仰についてはご存知でしょうか?」
なんだそれは。まず、宗教という考え方がこの世界にあったことすら知らなかった。私自身も、宗教とは無縁の生活をしてきたから、気にも留めなかった。
首を傾げる私の様子に知らないということを読み取ったのか、ランスさんが説明してくれる。
「異世界から来たのでは仕方ありません。この世界では月が満ち欠けを繰り返します。そこから、転じて月は生死を繰り返す、輪廻転生を象徴するとして、信仰が生まれました。また、この国には、月の神より祝福を受けた男が魔力を得て、その力をもって魑魅魍魎を根絶やしにし、荒廃していた国を建て直したという建国神話がございます。それ故に、我が国では月は神聖なるものとして奉られているのです」
ほう。元の世界でも、月に不思議な力を見出だす考え方はあった。どうやらどの世界でも、月は神秘的に映るらしい。
「ーーーと、一般的には知られております」
ん?
「ここから先が、神殿の者と王族の方々のみが知り得る真実です」
それはつまり、一庶民たる私が、知っていいものではないのではないか。
あわてて耳を塞ごうとしたが、手遅れだった。こちらの躊躇など一切気付かぬ素振りで、ランスさんは淡々と続きを述べた。
「国祖に魔力を与えたとされる月の神は、異世界からの客人のことなのです。貴女と同じように」
「…………え?」
心の底から、驚いた。
ランスさん曰く、こうだ。
「過去、この国の歴史上に月の神は何度か降臨しておりますが、その度に、神殿でも生活する者が増えた記録が残っているのです。もちろん、実際に降臨された神を称える者が増え、神殿の神官や巫女も増えた、という見方もございますが。それにしては数も数人分程度と半端なのです。恐らくは、異世界の客人を、月の神として記録を残したのだと、私共は考えております」
私には、真偽などわからない。月の神が本当に異世界人だと断定するには、証拠も論拠も足りない。
だけど、月の神呼ばわりされても、困る。私には何もできない。
私は、呼ばれた理由を理解した。
過去の異世界人と同じように、この国に利益をもたらせと、言われるのだ。神殿に、入れと。
容姿を認められて神殿に入るより、より悪い。逃げられる可能性なんて、あるの? レオンの肩書きや身分でも、無理なんじゃないの?
蒼褪めた私の手を、柔らかで小さな手が包んだ。
いつの間にかユーグ様が、私の顔を窺い込んでいた。困ったような、笑顔を浮かべて。
「貴女が、どういった理屈でこちらの世界に参られたかは、わかりません。…………ですが、わたくしは、月の神はまだ天におわすと思っているのです」
意味がわからなくて首を傾げる私に、ユーグ様は聖女という名の通りの優しい声音で、告げた。
「神殿では、神は月の入り江にお住まいだと言われています。貴女は、その波間に、偶然拐われてしまっただけの、憐れな方なのです。何の力も振るえぬために、何も大事は成せぬような。ーーー貴女が望むなら、神殿は神の降臨を隠しましょう」
思わず、顔を上げた。
頭から、この国のために力を振るえと、言われるのだと構えていた。
けれど、ユーグ様は、逃げ道をくれているのだ。
「い、いいんですか」
「幸い、今は戦乱の世でもなく、国が乱れているわけでもございません。……もしそうであったとしても、異なる世界の方である貴女に、この世界の責任を取っていただくというのは、筋が通らぬお話ですもの」
ユーグ様の瞳は、青みがかった紫で、知的で優しげな光が宿っていた。深慮の姫巫女。頼りなげに見えていた容姿に、今はどこか気高さを感じる。
国を護る。その覚悟を持った声音。
「本当に、愚かなことです。初代の月の神はその寛大なお心からお力を授けてくださったに違いありません。しかし、わたくし達は、その後も神の力を分別なく借りて参りました。助けの手が差し伸べられるのを、当然のように享受した時代があったのも事実です。義務では、ないのです。神々の本当のお心は、誰にも聞かれずに、記録にも残っていない。それでは、いけないと、わたくしは思うのです。慈悲の心は、強制ではなく意志よりもたらされなくては」
これが、国を護る人。本当の、誇りある人なのか。すごい。
「わたくしが、貴女をお呼びしたのは、貴女には知り、選ぶ権利があると思ったからです。月の巫女は、神のお世話がお役目です。神殿での保護を求めるならばそのように。このままの生活をお望みになるならば、それも貴女の意に従いましょう」
それならば、私の意思はとっくに決まっている。一度もぶれたことなどない。
応えようとして、扉がノックされる。
「……どなたかしら? 今日はもう、面会の約束はないはずですけれど」
視線を受けたランスさんが扉に応対に行く。
何かやりとりがあった後、ランスさんだけが戻ってきた。
「騎士団二番隊隊長のレオン・カエンベルク様です。明日の任務について打ち合わせがあるため、伝令役をお返し願いたい、と」

風が、吹いた気がした。強く吹いて、引き寄せてくれるような、でも優しい南風(はえ)のように暖かい。

「…………まあ。それは、大変なことですね」
ふふふと聖女様が微笑む。
安堵のあまり、私は詰めていた息を吐き出した。
そう。望みは決まっている。
あの人のそばに。居場所をくれた人のために、私は戻る。

「今のままを。騎士団の者として生きることを、望みます」
ユーグ様は微笑んで、跪いた。
「御心のままに」
私の去り際に、ユーグ様が真剣な顔でいった。
「今後何があろうと、貴女の思うままに動かれませ。貴女は不幸にも偶然が重なり、この世界に降り立っただけで、貴女が担うべき大きな役目や責任など、ありはしないのです。例えどんなことでも。贖うべきは、わたくし達なのです」
その怖いくらい重ねられた忠告は、私に不安を残した。

「ユーグ様……あの様な言い方では、正しく伝わらないのでは?」
「いいのです、ランス。星並びは必ず変わる。星詠みの結果は、断言してはいけないのです。たとえどんなに凶相でも」
聖女は、睫毛を伏せる。
聖女は、星を詠む力に長けていた。かつての巫女の中でも、一、二を争うだろう。だからこそ、歯痒かった。

そう、どれだけ未来を知る力があっても。伝えられないのでは、意味はない。これから何が起こるかわかっても、必ずその通りになるかは、この未来を知っている自分の行動一つで、呆気なく変わってしまう。
「お労しゅうございますな」
「…………本当に、ランスはこういうときばかり優しいのですから」
「…………………………。失礼致します」
むっとしたランスは姫巫女を抱き上げた。
幼い聖女は、そろそろ寝る時間だった。本来接触の許されない主だが、たまには運ぶという建前で甘やかす。それぐらい、この軽い少女には許されていい。
驚いたような声を上げた少女が、照れたように笑い、首に腕を回す。
「いい未来になってほしいですね、ランス」
「勿論でございます」
優しい未来になればいい。主の望む通りに。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

隅でいいです。構わないでくださいよ

気づいたら周りは着物を着た人達ばかり。川の水を覗けば、そこには小さな子供が…え、私っ!? 流れ着いたのは綺羅びやかな町、吉原だった。あれ?でも見れば格子の中に//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全106部分)
  • 236 user
  • 最終掲載日:2017/12/13 00:34
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 310 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
神様は、少々私に手厳しい!

須山一樹は、ちょっと名前が男の子っぽいだけで花も恥らう普通の女子大学生だ。そう、普通だ。少々、十か月前に異世界に行っていただけだ。そんな一樹は、何の因果か再びそ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全100部分)
  • 238 user
  • 最終掲載日:2015/10/22 17:36
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全90部分)
  • 244 user
  • 最終掲載日:2017/10/24 12:00
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部分)
  • 257 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 12:00
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全181部分)
  • 240 user
  • 最終掲載日:2017/11/09 22:45
転生先が少女漫画の白豚令嬢だった

 私の前世の記憶が蘇ったのは、祖父経由で婚約破棄を言い渡された瞬間だった。同時に、ここが前世で好きだった少女漫画の世界だと思い出す。漫画の主人公に意地悪の限りを//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全110部分)
  • 239 user
  • 最終掲載日:2017/12/15 21:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全250部分)
  • 254 user
  • 最終掲載日:2017/12/15 00:00
平凡なる皇帝

ハルはとある領主の元で下女として働く、普通の少女だ。しかし亡くなった母親が遺した指輪に使われている宝石が、竜の国でしか採れない希少なものだと分かってから状況が変//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全102部分)
  • 261 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 00:00
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 304 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:28
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全113部分)
  • 315 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 00:00
異世界でもふもふなでなでするためにがんばってます。

色々あって、神様から能力もらって異世界に転生しました!ハイスペックな家族に見守られつつ、平々凡々な私は異世界ライフを満喫してる。神様からもらった能力使って、ファ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全82部分)
  • 230 user
  • 最終掲載日:2017/12/15 23:36
 ある日 異世界 

拾ってくれた(?)のは、街一番(凶悪な)傭兵ギルド。そこで少年と勘違いされました――って、ちょっオッサン、剣を持たすな、鎧も着んわ! 異世界にトリップをしてしま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全102部分)
  • 276 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 16:16
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全78部分)
  • 275 user
  • 最終掲載日:2017/11/26 18:00
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 273 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 238 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全94部分)
  • 283 user
  • 最終掲載日:2017/12/04 21:54
婚約破棄の次は偽装婚約。さて、その次は……。

伯爵の娘であるアナベルは、父伯爵が亡くなった途端、従兄から不貞を理由に婚約を破棄される。それはまったくの濡れ衣であるが、アナベルも従兄が嫌いだったので、婚約破棄//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全134部分)
  • 230 user
  • 最終掲載日:2017/12/14 00:00
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 334 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 00:00
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全53部分)
  • 337 user
  • 最終掲載日:2017/12/05 08:06
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 272 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 319 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
非凡・平凡・シャボン!

※ 2016年9月12日、アリアンローズ様より第一巻が発売されました。 ※ 2016年8月17日、本編完結しました。 ※ 2016年9月14日、後日談完結しまし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全178部分)
  • 244 user
  • 最終掲載日:2016/09/14 00:00
私はおとなしく消え去ることにします

私は転生した。転生したのは国の防衛を担う武の公爵家だった。先視の才を持つ私は断片的な未来を見る。そして知った。私には戦う力がない。それを持つのは弟だと。そのこと//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全66部分)
  • 249 user
  • 最終掲載日:2017/12/05 04:00
針子の乙女

生まれ変わった家は、縫物をする家系。前世では手芸部だった主人公には天職?かと思いきや、特殊能力にだけ価値観を持つ、最低最悪な生家で飼い殺しの日々だった(過去形)//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全46部分)
  • 292 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 22:18
魔導師は平凡を望む

ある日、唐突に異世界トリップを体験した香坂御月。彼女はオタク故に順応も早かった。仕方が無いので魔導師として生活中。 本来の世界の知識と言語の自動翻訳という恩恵を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全347部分)
  • 261 user
  • 最終掲載日:2017/12/13 07:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 289 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
蒼黒の竜騎士

転生したら、人と竜が共存するファンタジーな異世界でした。 目指せ!前世では出来なかったおしとやかで可愛い乙女ライフ!……って、何か全然違う方向に向かってない? //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全52部分)
  • 266 user
  • 最終掲載日:2016/04/08 00:00
令嬢はまったりをご所望。

【アルファポリスに移行します。暫く二章まで残します】 悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。まったりを求めたが、言い寄る客ばか//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全56部分)
  • 243 user
  • 最終掲載日:2017/10/27 12:00
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 245 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
私は敵になりません!

※主婦と生活社PASH!ブックス様より書籍化!6巻目8/25発売です! キアラは伯爵家の養女。王妃の女官にされる予定で引き取られたが、そのために二回り年上の人と//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全277部分)
  • 259 user
  • 最終掲載日:2017/08/29 23:00
↑ページトップへ