挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
灰被りの勇者と封印されし聖女~疫病神の英雄譚~ 作者:柏もち太郎

序章:疫病神と勇者召喚

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/67

004 謁見の間

 “謁見の間”という名がつくだけあって、その扉には煌びやかな装飾が施されていた。
 一口に煌びやかと言っても、宝石類がはめ込まれているだとか、そういった装飾ではない。扉そのものに彫刻がなされているのだ。
 それは、雄大さを感じさせる剣であったり、また、神秘性を持つ杖であったりと、さまざまなものだった。

 すごい、と漠然とした感想しか抱けなかったが、芸術関連に精通した者からすれば、その彫刻はまさに神の御業らしかった。

 が、そう騒ぐのも一瞬のみ。老人が扉に手を掛けたときには、生徒たちはみな息が詰まりそうなほど硬直していた。みな、この先になにがあるのだろうか、と不安になっているのだ。


 老人は扉を押し開けて、開口一番、

「勇者さまを、お連れいたしました」

 と、峻厳さに満ちた声音で言った。

 ──そういえば、勇者、勇者、っていったい何のことだ?

 八雲は不思議になった。勇者と言うと、RPGやらライトノベルやらによく出てくる言葉だが……。
 しかしそんな疑問も、目の前の光景に飲み込まれた。

 豪華絢爛。
 そんな文句がふさわしい広間だった。爛々と揺らめく蝋燭を立てたシャンデリア。大理石の床を覆う深紅の絨毯。
 中央に配置された長テーブルや椅子は、どれも見たことがないほど美しく、こと芸術関連にはさして造詣が深くない八雲でも、それらがかなりの調度品だとわかった。

「あちらにいらっしゃるのが、ここアルスの現国王にあらせられるエルヒム=レイ=アルス様でございます」

 老人は深く頭を下げる。その先には、映画に出てくるような玉座。そしてそこには、赤い外套を羽織ったひとりの男性が座っていた。男性は、蓄えた口髭の下に穏やかな微笑みを湛えている。
 玉座の両端には、護衛であろう騎士が二人。その遥か後方には、濃紺のローブを纏った側近らしき者たちがひっそりと佇んでいた。

 ──このひとが王様、か。

 その立ち居振る舞いを見て、八雲はエルヒムを訝しんだ。どことなく、取り繕った感じがする。言ってみれば、来客用の笑顔だ。

「そなたたちが召喚の儀に応じたという勇者か」

 エルヒムは立ち上がる。それから、八雲たち生徒に向かって深く頭を下げた。その、およそ一国の王とは思えない行動に、八雲は信じられない顔をした。
 水面に波紋が広がるように、室内にいた城の人間にも動揺が走る。エルヒムは顔を上げて、

「本当にすまない。ここはそなたたちの世界ではないのだ。われわれが、身勝手な理由で召喚したゆえ、そなたたちはここにいる。そなたたちからすればここは、いわば“異世界”なのだ」

 エルヒムは重々しく言い去った。
 耳慣れない言葉に、八雲は思考が追いつかない。エルヒムは今、なんと言ったのだ。

「混乱させてすまない。だが本当なのだ」

 聖也が、えっ、と言葉を詰まらせる。
 意味がわからなかったらしく、生徒たちはにわかに混乱し始めた。どういうこと、異世界ってなに、と困惑気味の声が混じる。

「一体なんのことかしら」
「すごく凝った遊園地なんだね」

 麗華は唇をへの字に曲げ、愛華は人差し指を顎に当てる。

 ──いや、まさか。

 嫌な予想に、八雲は渋面になる。いやまさか、そんなはずはない。そんなのは、小説の世界だけのはずだ。
 ふら、と八雲はよろめいた。力が抜けていって、立っているのが厳しくなる。

「ここは、アルス大陸とカルマ大陸とから成る世界。そなたたちの世界には名があるかもしれないが、この世界には名がない。確実に、そなたたちの世界とは違うであろうな」

 エルヒムが語り終えた瞬間、ついに八雲は膝をついた。眩暈がして、ひどい頭痛がする。

 麗華と愛華が呼びかけてくるが、八雲は軽く手を上げて「大丈夫」のサインを見せることしかできなかった。しかしそれも、やはりやせ我慢でしかなく、上げた手も力なく落ちた。

 ──嘘だ。嘘でないのなら、これは夢に違いない。

 絶え間ない頭痛と眩暈は、倒れた八雲を苛んでいく。苦しくて、呼吸が辛い。ひゅ、と息が切れて、眩暈がさらに強くなる。
 この短時間で八雲は、過呼吸に陥っていた。動悸も速まって、胸骨に強い圧迫を感じる。

 平衡感覚すらも消えて、さらには周囲の音も聞こえなくなる。視界がぼやけて、あらゆるものから色が消えていく。まるで、一面灰色な世界に残されたかのようだ。

 背をさする誰かの手に、八雲はかすかな安心を覚えた。
 が、それでもまだ恐怖は拭いきれない。ひとりになるのは、嫌だ。喉を通った声に唇が動くも、自分がなにを言っているのか聞き取れない。
 長らく続いた激しい頭痛と眩暈は、ついに八雲の意識を刈り取った。


    ×   ×   ×   ×


 他の家庭に比べれば、服部八雲の家庭事情はかなり良好だった。一人っ子である八雲は、両親とも仲が良く、週末は家族そろってどこかへ出かけるのが常だった。
 母は、はっきり言って怖いひとだった。いつも眉間に皺を寄せていて、八雲が勉強を怠るとすぐに怒った。まさに怒髪天を衝く勢いだった。
 父はいわゆる恐妻家であり、しかし愛妻家でもあった。母に怒られながらも、苦し紛れに見せる笑顔が印象的だった。優柔不断で頼りない、けれど誰よりも優しいひとだった。

 そんな両親も、脆い一面を見せたことが一度だけある。それは、八雲がまだ小学校に入学していないころ、八雲がまだ幼かった頃だ。
 園児たちは、何か悪いことが起きると口々に八雲を糾弾した。それは、やはり八雲が不幸を呼ぶと誰かが噂したからだった。ついたあだ名は、疫病神。
 もちろん、八雲もそう言われていい気はしない。幼いなりにも抗議して、真っ向から衝突した。だが、八雲はいつも折れてしまうのだ。証拠を出せ、と言われてしまえば、八雲にはもう黙りこむ以外に選択肢はなかった。

 しかしそんななか、八雲に味方してくれる存在がクラスにもひとりだけいた。それが、北上拓哉だった。いわゆるガキ大将だった拓哉は最初、八雲に対するイジメに無関心だった。が、あるときから心持が変わったらしい、八雲の前に立つようになった。
 突然芽生えた正義感によったのか、八雲には見当もつかない。だがそれでも、味方ができたというだけで、友達ができたというだけで心は躍った。

 しばらく経って、初めて友達ができたことと、友達ができたことによる苦悩を、八雲は両親に話した。拙い言葉遣いでも、八雲は必死に話した。すごく嬉しかったけど、でも、その子にも可哀想なことが起きたらどうしよう。そんな、幼稚園児には似合わない苦悩だった。

 その夜だった。あの強い両親が、初めて八雲の前で泣いたのは。
 母は、八雲の身体を抱いて、

 ごめんね。なにもしてあげられなくて、ごめんね。八雲は悪くないのにね。お母さん、何にもわかってなかった。

 どうして母が泣いているのか、そのときの八雲にはわからなかった。けれど、その温もりは身に沁みるようだった。厳しさのなかにある優しさは、母親というものの在り方を八雲に教えた。
 父は無言で母と八雲を抱きしめた。そのときの父の力強さは、忘れられないだろう。優しさのなかにあった力強さは、八雲に父親というものの何たるかを教えた。
 両親の温もりと愛情を、八雲はきっと、忘れられない。

 しかし、その数日後、事故が起きた。
 以来八雲は、ひとりが怖くなった。

    ×   ×   ×   ×


 目が覚めた。
 半身を起こしてあたりを見まわす。天蓋つきの豪奢(ごうしゃ)なベッドに、床には質のよさそうな絨毯が敷かれている。窓の外にはやや蒼い三日月が見えた。

 見まわすうちに、八雲の目はある一点を捉えた。
 傍に置かれた椅子では、麗華がこっくりこっくりと船を漕いでいた。おそらくは、八雲の目覚めを待つうちに寝てしまった、というところだろう。

「気絶、してたのか」

 夢を見ていた気がするが、やはり思い出せない。諦めて、八雲はベッドから出た。麗華を起こさないように、窓際に近づく。外はすでに暗い。長時間眠っていたようだ。

 そういえば、他のみなはどこへ行ったのだろうか。訊こうにも、麗華は安眠している。それも、幸せそうな寝顔で、だ。起こせるはずもない。

 ──迷惑かけてばかりだ。

 八雲が苦笑すると、麗華がぴくりと肩を揺らして、

「ふみゅ……」

 なんともだらしない寝息だ。普段の麗華からは想像もつかない。噴き出しそうになるのを、八雲は必死にこらえた。それでも、くく、と笑いが漏れる。
 笑いが収まったところで、八雲は、さて、と思考を切り替えた。

「どうしたもんかね」

 先ほどのエルヒムの話が真実だとすれば、ここは異世界ということになるのだろう。ではなぜ、自分たちがその異世界に来ているのか。
 エルヒムの言に従えば、彼らの身勝手な理由に他ならない。その理由とは?

 八雲は思い出す。勇者、召喚、異世界……。どれもこの城に来てから耳にした言葉だ。城内の者は、自分たちのことを勇者とか召喚勇者だとか言っていた。

 八雲たちが勇者であるとすると、召喚したのは王たちだ。彼自身が言っていたことでもあるから、これは確定事項である。
 勇者という単語を聞いて想起するものとは? 八雲は考えてみた。

 一般的な、もとい、ライトノベルやゲームなどに代表される勇者の役割とは。それはすなわち、魔王の討伐。ともすれば、八雲たちはその魔王を討伐するために召喚されたのだろうか。

「なんて考えるのはアニメの見すぎかな」

 だが、もしそうだった場合、どうなるのだろう。それこそふざけるなだ。身勝手どころではない、まさに邪知暴虐な王である。武器を握ったこともない高校生に戦わせようと言うのか。
 八雲は暫時考えたうえで、

 ──……従わないといけないってことになる。

 との結論を出した。
 もし「魔王を倒してほしい」と言われたとして、しかしそれは、キャンセルできるような依頼ではなく、キャンセルを許さない脅しと言えるくらいの“命令”なのだ。

 安らかな表情の麗華に、八雲は目を細める。だが同時に、八雲は怖くもなった。
 そんな状況に陥ったとき、はたして自分はこの幼馴染たちを護れるのだろうか。

「護られてばかりの俺が言えることじゃないか」

 自嘲して、八雲は再びベッドに寝転んだ。横を向いて、麗華に目を遣る。
 しなやかさを持つ黒の長髪。目蓋を閉じて寝息を立てる様は、実年齢よりもずっとあどけない。寝て体温が上昇しているのか、白雪のような頬は今やほんのりとした桜色に染まっていた。

 このままではかわいそうだ。
 八雲は麗華をベッドに寝かせることにした。椅子でこっくりこっくりやっていると、いつか倒れてしまいそうだし、倒れなくても首を痛めてしまいそうだ。

「ちょっとごめんな」

 麗華の首と膝裏に腕を回し、身体を痛めないようゆっくりと抱える。麗華は「ん……」と柳眉を動かす。

 麗華を寝かせたのち、八雲は椅子を窓際に置いて座った。綺麗な三日月が浮かんでいる。三日月は元居た世界でもよく眺めた。だが、今眺めている月は、元居た世界のものとは別なのだ。

「どうすれば、いいんだろうな……」

 今のところ、主導権を握っているのは王国だ。八雲たちはこの世界について何も知らない。王国外に放り出されてしまえば終わりだろう。
 とりあえずはこの世界について学び、また、王が八雲たちを召喚した理由を知らねばならない。帰るためには、きっと王の願いを聞かなければならないだろう。

 早く、帰らなければならない。それは、自身の夢のためだ。今朝がた聖也に語った夢を叶えるには、元居た世界に帰らなければならない。
 八雲の夢は、祖父母を支えてあげて、いつまでも傍に居続けること。ただそれだけ。
 他の奴らは小さい夢だと笑うかもしれない。けれど、八雲にとっては、なによりも大きな夢で、すべてを賭してでも叶えたい夢だった。

 そのためには、生き残らないといけない。ここがどんな地獄だったとしても、藁に縋ってでも、どんなに無様な姿を晒してでも生き残るのだ。当然だが、生き残らなければ、すべてが水の泡となる。

 それにしても、

「よく寝てるな……」

 すう、と寝息を立てる麗華に八雲は目を細める。
 事故の後から、八雲に対して麗華はどこか遠慮がちな節があった。しかし今は、こうして八雲の近くでも安眠している。

 急に、不安になった。誰かと一緒にいるのは、自分にとってたまらなく怖い。いつか離れていったら、もしも裏切られたら……。
 そんなifを想像するだけで、背筋が凍るほどの悪寒が込み上げてくる。

「なあ。俺、お前らと一緒にいて、いいのかな……」

 返答がないと分かっていても、訊かずにはいられなかった。
 誰かを不幸にさせたと、そう言われ続けてきた自分は、みなと共にいるべきなのだろうか。
 わからない。訊かないとわからない。けれど、訊いてその答えを待つのはひどく恐ろしいことで──八雲には、その勇気がなかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ