挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
灰被りの勇者と封印されし聖女~疫病神の英雄譚~ 作者:柏もち太郎

二章:疫病神と封印された乙女

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

43/67

041 信じられるもの



「ま、アリスはアホじゃからな」
「そう言われると腑に落ちるものがあるからなぁ……」

 竜王がカラカラと笑い、八雲がそれに頷く。
 二人して、初対面のくせに意気投合しているのが気に食わないらしい。アリスは不機嫌そうな声で、

「なんでそんなに仲良さげなんですかっ」
「お、拗ねとるぞ」
「拗ねてるなぁ」
「拗ねてませんよっ!」
「やっぱり拗ねてるの」
「拗ねてばっかりだな」
「す、すねてない……ですし……」

 竜王につられてつい、ニヤニヤと意地の悪い笑みを浮かべてしまう。だんだん悲しくなってきて、アリスは思わず涙声になっていた。さすがに可哀想になってくる。
 八雲がわざとらしく息を吐くと、竜王は片眉を持ち上げた。

「ま、ここまでにしとくかの」

 竜王が顎をさすりながら片目を閉じる。そのさまはどこからどう見ても、普通のお爺さんだ。白髪頭に白い髭。唯一の特徴的なところは、甚平を着ているところだろうか。
 竜王はちらりと八雲を見ると、雰囲気を一変させる。柔らかな、優しい感じだ。

「さ、お入り」
「すみません、ありがとうございます」
「ええんじゃ。アリスの認めた男ならわしも安心して招けるからの」

 八雲が中へ入り、後ろ手に扉が閉められる。

 ――また扉……?

 重厚な扉の向こうには、もう一枚の扉があった。こちらも金属製で、いかにも分厚い。

「二重扉になってたのか」
「そうじゃよ。ここにもマグマが来るからの。断熱じゃ」

 竜王が軽く説明する。するとアリスが落胆に近い声を出した。

「前に私が言ったじゃないですかー……本当に人の話を聞かないんですから」
「ここまで来るとは言ってなかっただろうが」
「察してくださいよ、それくらい」
「俺が察せるくらいの情報量をくれたら察してやる」

 さらりと言うアリスに八雲が肩を竦める。アリスの言葉はいつも少し足りない。それですべてを察しろと言われても無理難題だ。
 自覚があったのか、アリスは情けない声で嘆く。

「うぅ、私も悪いとは思ってますし……」
「別に気にすることはないさ。咎めてるわけじゃない」
「じゃあ八雲さんの言い方が悪いんですー……棘ありすぎなんですよ……」
「うぐっ」

 急所を突かれた思いだ。八雲は申し訳なさで目を伏せると、

「……悪い」
「気にしないでください……」

 つい黙りこくってしまう。それはアリスも同じだったようで、静寂が場に鎮座した。今度からは気をつけようと八雲は心に誓う。
 すると、竜王が可笑しそうにカラカラ笑った。
 湛えた皺がさらに深くなって、しかし子供のような無邪気さも併せ持っている。これが普段ならばいざ知らず。今の状況では軽く不満になってくる。

「お主らは面白いのう!」

 依然笑いを絶やさない竜王。八雲とアリスは半眼になって睨んだ。

「俺は面白くない」
「右に同じです」

 八雲はしかめっ面になり、アリスも不満そうに唸る。
 傍目には面白かろうと当人たちにとっては面白くない。

「まあ、そう気を悪くするな。あと、敬語は要らないからの」

 などと言って、竜王がまた取っ手に手を掛ける。老人の腕ではとても無理に見えたが、八雲の予想を裏切って、やすやすと扉を開いた。

 ――腕力があるようには見えないんだがな……。

 八雲が眉を八の字にして見ていると、それに気づいた竜王が振り向く。悪戯が成功したように笑いかけるさまは悪ガキにしか見えない。

「不思議かの?」
「え? あ、はい……その、重くはないんですか」
「堅苦しいから敬語は要らんからの」

 ええ、と頷く八雲。また敬語になってしまったが、次からは気をつけよう。

「まあ、仕組みは簡単じゃ。この扉は魔力を流すと半自動的に開くように設計しておる。それをわしが押すと、あたかもわしの力で開けたように見えるんじゃよ」

 説明を受けて、八雲はへえと息を吐く。
 なるほど仕組みは理解できた。だが魔力というのは八雲にとっての鬼門である。なにせ、この身体には、現在、魔力を宿していないのだから。
 一度くらい体験してみたいが……と八雲は苦笑する。

「俺はやめておくよ」
「なかなか面白いんじゃぞ?」
「……でも俺、魔力がないんだ」
「ふむ。とりあえず、なかにはいりなさい」

 神妙な面持ちで竜王が手招きする。八雲とアリスは礼を言って、門をくぐる。それから、眼前に広がる光景を見た八雲は、

「湖……?」

 と、目を丸くした。扉の先は広大な空間となっており、しかもその大半を湖が占めている。湖畔にはこじんまりとした――八雲にはそう見えた――ログハウスがある。
 驚くべきは、空間の明るさだった。太陽があるわけではないのに、地上の昼間のような明るさを保っている。それから、ほんのりと陽光に似た暖かさも感じられる。とても地下ダンジョンの最奥とは思えなかった。

「すごいでしょ!」
「あ、ああ……これは、すごいな……」

 ほう、と感嘆の息を吐く。
 この光景は、絵画などで見た湖を思い出させる。いや、あの絵画のように青々とした草原や駆け抜ける風はないが、それを目にしたときの感動を起こすのだ。

 魅入る八雲に、両手を広げた竜王が自慢げに言った。

「この明るさは魔石を使って演出しておる。夜になったら消えるんじゃよ。そうなったら、煌水晶の輝きが湖に()えるんじゃ」
「私も初めて見たときは驚いたんですから」
「ここが地底だとは思えない……」

 アリスが興奮気味に言うと、八雲はまた溜息を吐く。あまりの美しさに、言葉も出ない。アリスとともに見た光景を凌ぐほどの眩さを放っている。そんな気がしてならなかった。

「ここで一服も乙なもんじゃが、とりあえずお主らは(うち)に来なさい。相当疲れたろう」

 湖のほとりを歩きながら、ログハウスを目指す。こじんまりとしたログハウスは、どうしようもなく涙をあふれさせる。込み上げる思いが、八雲の胸を打っていた。

「八雲さん……」
「家に着いたら自己紹介から始めんとのう」

 アリスと竜王の言葉も、すでに八雲の耳には入らなかった。
 八雲は俯いて唇を噛んでいた。心に残っていた情景が、目の前の一枚と重なるから、見れば見るほど涙をあふれさせそうだった。

 もはや八雲自身にもわからない衝動が胸を打つのだ。けれど、ただひとつ言えるのは、この涙に嫌な思いが混じっていなかった。
 極めて純度の高い涙が、頬を伝ってぼろぼろと落ちていく。くずおれそうな膝を叱咤して、ログハウスまでの道のりを歩き続ける。ここで止まってはいけない。
 八雲は、顔を上げた。濡れた顔をごしごし拭って、振り返る。

「悪い、しんみりさせたな」
「別にそんなことないぞい。わし、お主のことなーんも知らんし」
「もう少しくらい気を遣ってくれたって罰は当たらないぞ?」
「知らんもんは知らん。お主が話してくれるのなら、そのときにわしは聞くとするよ」

 竜王の言葉に不思議と元気が出る。慰められるよりかは断然心地よかった。

 ――そうだよな。

 深呼吸して、八雲は目を閉じる。
 竜王の言うとおりだ。それに……、と八雲は親友に向けた言葉を思い出す。あのときと同じじゃないか。あれはもしかしたら、自分への言葉だったのかな、なんて苦笑してみた。
 あの日の自分から、いまの自分へのメッセージ。だとすれば、面白い。

『言わなかったら、何も始まらないだろうが』

 誰にも聞き取れないくらい、小さく、呟いた。
 言わなければ何も始まらない。親友の言うとおり、言ったところで伝わらない想いもあるのだろう。そのときはきっと、悩む。苦悩と葛藤に苛まれる。
 それでも、言わなければ始まらない。最初の一歩の重さは知っているつもりだったが、これから踏み出す一歩は予想よりはるかに重い。果てしなく長い道への第一歩。

 八雲は、晴れやかな、快心の笑みを見せた。

「じゃあ今から話すとするさ。少し長くなるけど、アリスも竜王も、聞いてくれるか?」

 少しだけ、返答が怖い。心臓の高鳴りを感じつつ、八雲は二人からの答えを待つ。

「わしも聞いていいのか?」
「そうですよ! 竜王さんをそう簡単に信用していいんですか!?」
「……それ、どういう意味かの」
「い、いえその、言葉の綾というか……」
「言葉の綾の意味を知っとったんじゃな」
「それこそどういう意味ですか!! 怒りますよ!?」
「くくっ……」

 憤るアリスだが、まったく威厳がない。なんだかハムスターが両手を上げているみたいで、八雲が笑い声を漏らす。

「八雲さんまで笑うんですか!?」

 頬を膨らませるハムスターがアリスの声で喋っている。想像すると、もうダメだった。

「くくくっ……あはははっ」
「笑わないでくださいよー……」

 大笑する八雲にアリスが声を落とす。そのうち竜王も笑い出して、八雲も腹を抱えて笑った。二人の笑い声が大きくなるごとに、アリスは落ち込んでいく。可哀想だった。

「はぁっ…‥くくっ……わるいわるい、こんなつもりじゃなかったんだ」
「八雲さんのことを思って言ってあげたのに……」
「ごめん、それからありがとな」

 ひとしきり笑って、ようやく落ち着いた八雲が小さく手をあげて謝意を示す。

「俺はアリスを信じるって言ったろ? アリスが信じてるなら、俺も竜王のことも信じられるよ」

 本心から出た言葉だ。アリスを信じると決めた。だから、アリスが信じる人を八雲も信じる。八雲はそれでいいと思えた。

「ほほう、信頼されてるようじゃの、アリス」
「ま、まぁ? 私、強いですし?」
「たぶんそれは関係ないがの」

 アリスの自慢癖は相変わらずだ。ただ、照れ隠しなのかもしれないと気づくと、些細な自慢も可愛く見えてくる。見栄を張っているちびっこみたいだ。
 アリスと竜王の掛け合いを眺めつつ、八雲はログハウス目指してゆっくりと歩を進めた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ