挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界は最初からステータスカンスト 作者:宮城タクト
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/30

世界樹との戦闘(3)

 隆二の『火剣(ひけん)』とレインの杖が衝突する。
「くっ!火属性はきつい!」
「弱点を教えてもらったんでね」
 レインは隆二の剣が纏っている炎を忌々しそうに見る。
 魔法陣を展開させ世界樹の枝を出してくる。
「それしかできないのか!めんどくせぇ攻撃出しやがって!」
 隆二も斬っても斬っても出てくる枝に集中力を削られていた。
「それにしてもぉ、よくダンジョン外に私がモンスターを発生させたのを感知したもんだぁ」
「スキルでわかるんでね。それに、何故か発生しているモンスターの名前まで表示されるようになったから分かったよ」
 隆二のマップスキルはそこにいる人やモンスターが赤い点で表させるようになっていたが、いつからかモンスターの場合はそのモンスター名が表示されるようになったのだ。
「なるほどぉ…思ったよりスキルが多そうだなぁ。だが、お前に構っていられるほど私は暇じゃあない。あの杖を早急に回収しなければいけないわぁ」
「その杖の持ち主の主ってのは誰だ!?」
「言う義理がないわねぇ」
 レインは教える気はなさそうだ。これほどの執着心があるなら『ケミニーホープ』は重要な武器なのではないかという疑問が隆二の中に沸く。
「今度こそお前には黙ってもらうわよぉ」
 隆二が世界樹の枝をほぼ斬り終わったころ、レインの周囲に数十個の魔法陣が展開される。

「世界樹幹創生(みきそうせい)術」

 魔法陣から出てきた幹はそれぞれ集まって3つの大きい幹を造り上げた。
 直径3メートルはありそうな大きさだった。

殺れ(やれ)

 レインはそれだけ言ってその幹を隆二に伸ばしてきた。

 ――ビュォォォ!!

 幹は凄まじい速度で隆二に迫る。

「くそ!」
 隆二は魔法一覧からある項目を選ぶ。

 幹の1つは隆二に激突しダンジョンを突き抜け、地上へ飛び出した。


***


 隆二によって強制転移させられたエミリーとテミス。
 2人が見た光景は正に地獄だった。
 ステルダム国の騎士団が応戦しているが、モンスターの群れが減るころはなく、兵士に重傷者が増え劣勢になっていた。
「そんな…ステルダム国の騎士団がこんなに簡単に…」
 エミリーとテミスは固まって動けなかった。
「そこにおられるのは、エミリー王女でおられますか?」
 そこに金髪の兵士が話しかけてきた。
「私の名はアン・ストレテスです。こんな所で何をなさっているのですか?」
 アン・ストレテス。エミリーたちは知らないが、彼女は隆二がこの世界に来て初めて会った人間である。彼女は騎士団に所属しているため、王国の指示でこの戦場に来たのだ。
「私はエミリー・スチュアートです。助けてください!私の師匠があのダンジョンの中で、ボスと思われる女と戦っているのです!」
 エミリーの切羽詰まった様子にアンはただ事じゃないと思った。
 顔が青白くなっている。何かが怖かったのか。それとも、その師匠を失うのを恐れているのか。
「師匠とはだれですか?」
 まず『師匠』が誰なのかを把握しなければならない。
「リュウジっていう人です!髪が黒で、全身真っ黒の服を着ている人です!」
「リュ、リュウジさん!?」
 彼女はここで数日前に初めて会った少年の名前を聞いて驚いた。
 少年は一体何をどうしたら王女の師匠になったのだろう。

 その時――

 ――ドコォォォォォォン!!

 ダンジョンから地上を突き破って大きい木の幹が3本出てきた。

「師匠!」
 エミリーがたまらず声を出す。

 レインの額にも汗が滲んできた。
 あの少年は無事だろうか。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ