挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
小説&作文の書き方〜初心者にも分かる、これだけで完結する文章の書き方〜 作者:蒼月 蓮夜

はじめに

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/4

はじめに

 このページを開かれたあなたは、少なくとも小説を上手く書けるようになりたいと思って開かれたことでしょう。
 あなたはこれまでに、多くの小説執筆法を読まれましたか?
 それとも、読んでいないでしょうか。

 読んでいらっしゃる方々には、最初の方は当たり前すぎるかもしれません。
 読んでいない方にも分かるように、基礎の基礎から書いていきます。

 正直言って、私は執筆経験も浅く、村上春樹さんや東野圭吾さんのようにものすごい文章を書けるわけでもありません。
 ですが、小説の書き方が書かれた本や、多くのサイトを見て勉強してきました。

 それで思ったのは、「これだけ読んでも小説は書けない」ということです。
 いや、書けるかもしれませんが、他のサイトに書かれているが、ここには書かれていないというのが多くあるのです。
 同じ人が同じものを読んでも、上手く書ける人と上手く書けない人がいるのは当然のことです。
 顔も知らないあなたなら、私が勉強したことをそのまま書けば、私よりいい文章を書けるかもしれない。
 その思いで、筆を執ることにしました。

 口説いようですが、この作品は、「これだけ読めば他のは読まなくてもいい」というのを根幹において、書いていきます。
 ですから、当たり前のことから書いていきますので、「そんなこと分かっている」という部分があるとは思いますが、そういうところも再確認のつもりで読んで頂ければと思います。



最後に……私の拙作、「別れよう。僕は君が大好きだった」よろしくお願いします!

https://ncode.syosetu.com/n5384ej/

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ