挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

夏花火

作者:セカンド
寂しくて辛いのは好きじゃない。

花火を見ると、夏を感じるのと同時に
夏の終わりを感じてしまう。

色とりどりに舞い上がる光の花達

終わりが近づくにつれ、さらに勢いを増していく

眩しくて目を開けていられなくなるくらいの最期の輝きは、まるで太陽が照りつけたように明るく綺麗で目を閉じてしまいそうになるけど

見えなくなるのは寂しくて瞬きする時間すらもったいなくて、、、涙が出る。

涙が出るのは瞬きをしないでずっと目を開いていたからかな

それとも楽しかった夏が終わってしまうからかな。

きっと後者なのだと思う。


寂しくて辛いのは好きじゃない。

でも終わるのが寂しくて辛いのは、それがとても楽しかったから。

この楽しさが消えてしまうのが嫌だって思えるほど、素敵な時間があったから寂しく感じてしまうのだと思う。

寂しくて辛いのは好きじゃない、

でも

来年の夏も、終わりの花火が寂しくなるくらい素敵で楽しい夏になってほしいと思う。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ