挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

おにぎり一個分の日常

作者:のり
おにぎり一個、食べる時間で読み終わる、ショーショートエッセイ。一週間ごとにテーマを決めて、月から土まで更新してます。もちろん途中からでも、がしがし読めます。

@varivari0505 のツイッターに連載中しているものを、一ヶ月後に加筆して載せています。たまに時間がずれますが、予めご了承お願い致します。
初冬夜の人間観察
オーバチュアとオーパスワンと体言止め
2017/12/25 17:45
ウォーホルと喫煙所と黒川紀章
2017/12/26 22:41
素の顔とおのののかと重い言葉
2017/12/27 21:22
秋田と女子高生と自転車
2017/12/28 22:00
漫画家と高円寺と絵描き
2017/12/29 22:38
靴と肩と人間観察のまとめ
2017/12/30 21:00
初冬夜の読書記録
本の読み方、教えます
2018/01/01 21:07
ゆっくり本題に入ります
2018/01/02 19:46
エンタメは大好物、恋愛小説は不得手です
2018/01/03 19:39
作家は横に広げます
2018/01/04 19:47
小説はどんどん変わってます。
2018/01/05 20:02
何故、本を読むのか、語ります。
2018/01/06 19:48
初冬夜の文章講座
書くことは生きること、そして村上春樹。
2018/01/08 21:48
前向きに振り返ること、そしてストロングゼロ文学
2018/01/09 19:22
太宰も、川端も、芥川も、みんな話し上手だった。そして森博嗣
2018/01/10 21:38
自分らしさとホイップクリーム。そしてカップ焼きそば
2018/01/11 19:46
言いたいことを言い切ることと、漫画の実写化。そして村上春樹とカップ焼きそば
2018/01/12 21:47
真っ赤な嘘の活字離れ。そして夕立と140文字小説
2018/01/13 21:56
師走のバイク旅
バイクにはじめて乗った時、羽根が生えたようだった。
2018/01/15 22:06
一ヶ月後の事故でトリプルアクセルを決めた。
2018/01/16 21:59
男鹿半島の空は青く青く青かった。
2018/01/18 22:28
そのバイクは爆発するようなエンジン音がした
2018/01/19 19:45
滋賀と福井の県境の空はどこまでも青かった。
2018/01/20 19:52
師走の酒日記
BtoBからはじまる夜
2018/01/22 20:02
ブルーブルー、ブルーマンデーな火曜日
2018/01/23 20:39
そろそろマティーニはどうでしょうか?
2018/01/24 20:08
ブラッディーマリーみたいな夕焼けが綺麗
2018/01/25 20:22
赤富士を見ると君を思い出す
2018/01/26 21:56
XYZは最期の味。
2018/01/27 21:44
小説というものについて
羅生門の続きを書いた時、何かが変わった。
2018/01/29 22:11
漱石はラノベだったと思う
2018/01/30 20:46
村上春樹、島田荘司、新井素子は教科書に載ってもいいと思う。
2018/01/31 21:44
物語の中に入ることは小説にしかできない。そして灰原哀
2018/02/02 03:56
小説のシステムは古すぎると思う
2018/02/02 23:39
無いから書く、理由はシンプルにそれだけだ
2018/02/03 18:26
私の羅生門の続き
2018/02/05 03:54
騎士団長をめぐる冒険
騎士団長に出会うこと
2018/02/05 21:36
騎士団長に出会うまで
2018/02/06 20:34
騎士団長がくれた出会い
2018/02/07 20:12
騎士団長は心配性だ。
2018/02/08 19:48
騎士団からのサプライズ
2018/02/09 21:34
騎士団よ。また会おう
2018/02/10 18:34
今夜ひとつのバーで
今夜は何から飲みましょう?
2018/02/12 22:37
酒の師匠とマウントゲイ
2018/02/13 22:42
ガラス工芸作家と頂いたもの
2018/02/14 20:23
肥田さんとシャトーメルシャン1985
2018/02/16 01:18
淡い恋の話とアレキサンダー
2018/02/16 22:19
母とブラッディマリー
2018/02/17 22:43
理想の文と今の自分
東野圭吾の文章って、本当に無駄がないよね
2018/02/19 21:57
森博嗣は矛盾を超えてくる。
2018/02/20 22:23
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ