挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

小品集

誕生日の夜

作者:魚住すくも
 ケイタイの着メロで目が覚めた。見ると、メールだ。
『誕生日おめでとう。父より』
 私はそれを見てあっかんべぇをした。
(何さ、しらじらしい)
 父さんと母さんは一年前に離婚した。父さんの浮気が原因だった。今は、母さんと二人でアパートを借りて暮らしている。
 時計を見る。
「やっべぇ、遅刻だ……」私は、つぶやくと急いでリビングに行った。
 母さんは、もう仕事にいったようだ。キッチン兼用のリビングは、死んだようにしずまりかえっていた。きっと今日も帰りは遅いにちがいない。私の誕生日のこと、覚えているだろうか。
 私は、仕度をすませると、高校に向かった。

 西日が文庫本にさっとさしこんできた。
「あや、何してんの?」
 いきなりの声にびっくりしていると、後ろに由利が立っていた。
「うわ、びっくりした。何って、本、読んでるの」
「ふぅん。一緒に帰ろ」
 由利は、幼なじみというやつで、家も近い。高校も、何となく一緒になったので、けっこう一緒に帰ることが多い。
「私さぁ、今日、誕生日なんだぁ」わざと、ブリッ子っぽく言ってみる。
「だから、何かちょうだいっ」由利の前に右手を出す。
「あのな。何で私が、あんたにプレゼントしなくちゃいけないのよ」ため息をついて、
べしっと私の手をたたいた。
「何よ、いけずぅ」
 そう言って、私は由利の後を追っていった。
「あ、待って、コンビニ寄っていい?」私はそう言って店内に入っていった。インスタント食品のたなに直行する。
 私は、流行ってるカップめんを手にとった。
「ちょっと、何よそれ」
「夕食。母さん今日、遅いから」私が言う。
「ふぅん。大変だねぇ」と、軽く言う由利。
 私たちは、それを買うと、コンビニをあとにした。
 二人は、しばらく無言であるいていた。
「じゃあね」
 白いこじんまりとしたアパートの前で、私は言った。
 もう、空は、暗くなりはじめていた。階段をのぼる。
 家に入ると、さっそく着がえて、夕食の準備にとりかかった。
 白っぽい電灯の中、私のヌードルをすする音だけがこだました。
 食べ終わると、何もすることがなくなって、私はラジオを聞いていた。
 一時間が過ぎ、二時間が過ぎた。私の時計の時計は、もう八時を過ぎていた。
 いくら何でも遅すぎる。私は、ラジオのスイッチを切って自室を出た。もう、母さんも帰ってきていいはずなのに。
 不安が胸からあふれだす寸前、チャイムが鳴った。
「やっほ――」
 私は玄関で立ちつくした。由利だ。後ろの方には、母さんがいた。
「シチューあまったから……」と、由利は言った。そして、母さんにめくばせをした。
「んで、会社帰りに由利ちゃんと会ったからケーキを買いに行ってた」
 そう言って二人は、シチューの入ったタッパーと、白くて大きなケーキの箱をさしだした。

おわり
 大学の時にとある公募に出そうとして、結局出さなかった作品です。ダメ元でも、出しときゃよかったとあとから思ってみたり。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ