挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

それでも私たちはこの世界に誕まれた 2

作者:たろ
希望と別れ、夕陽に照らされるバスに揺られながら私は思った。
この世界はまだ創られて間もない。創造主には様々な考えがあり、これから生み出すべきものもたくさんある。
でも、まだこの世界には私と希望……2人しかいない。バスは走っているけれど、運転手なんかいないし道路も街もない。語られるまでは……誰かが観るまでは、そこには何も存在しないのだ。
そう、この世界には観測者さえ存在していない。あるのは2人の少女とバス、そして外側にいる創造主だけ。

希望が空を渡れるように、私は外側の世界を知ることができる。それが私たちの生きる内側の世界の理。そこに住まう全ての人々は、超常の力をひとつだけ身につけている。
ありふれた設定。つまらない前提。でも、それに従うのが私たちに与えられた唯一の生き方であり……運命……。
窓の外には、流れてゆく静かな街の暮らしがある。そこに住んでいる人々は、自分たちが「今誕まれた」ことを何も知らない。
ベビーカーを押している女性。商店を営む男性。楽しそうに帰宅の途につく学生たち。みんなみんな、たった今この世界に誕生したのに。みんな何も知らない。

希望が私のことを、虚無的な人間であると感じていることは知っている。それは当然なことだろう。世の中の成り立ちを全て理解していて、そのことに絶望しない人間はいないはずなのだから。
あるいは、私のこの感情や性格さえ……そうあれかしと設定されているだけで、この心の虚しささえ意味を持たない作り物なのかもしれない。
「でも、今私は確かに今ここにいる」
口に出してみた。これは私自身の気持ちから生み出された素直な言葉で、創造主が作ったものではないはずだ。
なぜなら、「私」は「私」として歩き始めたひとりの人間なのだから……。世界を知ることができるという設定を背負って誕まれた「真実」という少女は、「真実らしい言動」をしなければならない……と、そう定められている。
「真実」は、「真実」の言葉で今の気持ちを表現しなければいけない。真実は世界の在り方について、自分だけの意見を持っていなければならない。
「世界」は既に動き始めた。ここから先は、創造主すらも想像できない形へと進んでゆくのだろう。
そして、今はまだいない観測者たち。創造主よりも遥かに偉大で、そしてこの世界と外側の世界を繋ぐそれぞれの主人たち。
観測者の数だけこの世界が存在し、その全ての世界で私たちは違った私たちとして生きてゆく。
そうして世界は広がってゆくのだ。天に投げられた数多の星々の如く、無数にある「他の世界」と同じように。
物語は誕まれ、紡がれ、受け継がれ、そして伝説になる。広がりゆく大きな流れの中で、私たちは真に意思を持つ独立した生命として、記憶の宇宙を生きてゆく。

バスは「私の家」に近づいてきた。そろそろこの章も幕を閉じる頃合いみたい。次に私たちの物語が語られるのがいつになるのか、どこから始まるのかはまだわからない。
「ふふっ……頑張ってね、創造主さん?」
そう、観測者さんたちが増えるまで。そしてこの世界が無限の可能性と広がりを生み出すまで。
私は座席を立ち、バスを降りた。今誕まれたばかりの運転手さんに会釈も忘れない。初めまして、この世界の新しい住人さん。
夕闇迫る道を歩きながら、私は考えた。
私の家って、どんなところなのかな?って。



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ