挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

失えない自由の怖さ

作者:タグ
無職の妻子なしの私の思いを書き出してみた
 失う物がないのは怖い、繋ぎ止めてくれるモノがないから
殺意を覚えた直後何を想って思い止まるだろうか、
 家族だろうか?
妻子なし独身は怖い、
咄嗟に両親の顔を思い出し止まれた
 仕事だろうか?
無職は怖い、これ以上クビになれない
まだ見ぬ未来を想像して思い留まれた
 でも、
もう少し後、両親が死に無職のまま孤独だったら?
 怖くて仕方ない。
 ああ、やり甲斐ある仕事が欲しい
それだけで思い止れるだろう。
 ああ、愛しい妻が欲しい
それだけで思い止れるだろう。
 ああ、自分の子供が欲しい、
それだけで何も要らない。
 両親よもう少しだけ元気でいてくれ、
それらを見つけるまで。
コレを見た人はどうおもっただろうか?
気持ち悪い?
重たい?
なんでもいい、感想を書いて見て欲しい
どうせ匿名だ、私も柳の如く受付よう

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ