挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この連載小説は未完結のまま約半年以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性もあります。予めご了承下さい。

彼女の今日は

作者:井上達也
大学を卒業する時に、彼女は僕に言った言葉がある。僕はその言葉をずっと忘れていなかった。もう会えないと思っていた女の子と再就職先でばったり再会。大学時代のイケイケな彼女もすっかり大人になっているかと思えば、イケイケ具合は加速していた。僕は、言えないことが一つだけあった。僕は彼女が好きだった。
よくある設定の恋愛ものかもしれない。でも、そこにはファンタジーもロマンチックもない。ご都合主義的にヒロインが死んだりはしない。痛快オフィスラブコメディ。恋をしよう。
エレベーターの彼女は
2017/05/21 00:04
昔の彼女は
2017/05/22 00:45
今の彼女は
2017/05/22 20:47
ランチの彼女は
2017/05/23 01:39
外の景色を眺める彼女は
2017/05/24 07:08
僕の想像の中の彼女は
2017/05/30 22:50
となりに座る彼女は
2017/06/01 02:35
笑顔の彼女は
2017/06/03 12:37
暗闇に消えていく彼女は
2017/06/05 00:14
すれ違う彼女は
2017/06/11 22:42
コーヒーを片手に歩く彼女は
2017/06/11 23:56
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ